不動産担保ローンよくある質問

【初めての不動産担保ローン④】申し込みに必要な書類とは

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「【初めての不動産担保ローン④】申し込みに必要な書類とは」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

初めて不動産担保ローンを利用するという人は、様々な疑問や不安を抱えていることでしょう。
そこで、前回に引き続き【初めての不動産担保ローン】と題し、不動産担保ローンについて詳しく解説していきたいと思います。
第4回目は、不動産担保ローンを利用する際に必要な書類について、ご紹介していきます。

【不動産担保ローンで必要になる書類】

不動産担保ローンを申し込む場合、様々な書類を用意して提出する必要があります。

■本人確認書類

運転免許証やパスポートなど、顔写真付きの本人確認書類は必ず必要になります。
時々、本人確認書類の有効期限が切れていたということがありますので、事前に確認しておいてください。

■収入証明書

収入証明書は、返済能力の有無を確認するために必要になることがあります。
すぐに準備できるようにしておくといいですよ。
会社員の場合は、勤めている会社に確認しておきましょう。

■住民票

基本的には、家族全員分が記載されている住民票が必要になります。
住民票にも有効期限がありますので、有効期限内のものを用意しておきましょう。

■権利証や登記識別情報通知書

権利証や登記識別情報通知書は、担保にいれる不動産の所有者を証明するために必要になります。
普段は使用することのない書類ですので、どこにしまってあるか再度確認し、すぐに提出できるように準備しておくと安心です。

■実印と印鑑証明

契約の際には、実印と、印鑑証明が必要になります。
印鑑証明書は、市役所や区役所、町や村の役場で取得可能です。

■不動産の登記簿謄本の登記時事項証明書

担保に入れる不動産について、どこにあるのかなどの詳細を確認するための書類です。
法務局で取得することができます。

■土地図面や建物図面

登記簿謄本の登記時事項証明書も、法務局で入手することができます。
これらの書類では、土地の境界や区画、建物の詳細について確認します。

■固定資産税納付証明書

固定資産税を納めていることを確認するために、固定資産税納付証明書や、納税通知書等の書類が必要になる場合があります。

■売買契約書

売買契約書や、重要事項説明書等の提出を求められるがことあります。
念のために保管場所を確認しておきましょう。

■借入残高証明書

他のローンがある場合には、借入残高証明書や借入返済予定表などが必要になることもあります。
準備しておきましょう。

今回のテーマは「【初めての不動産担保ローン④】申し込みに必要な書類とは」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンを利用する場合には、様々な書類が必要になります。
必要な書類は、申込者の現状や、申込みをする金融機関やローン会社によっても異なりますが、基本的には今回ご紹介したような書類が必要になる可能性が高いです。
たくさんの書類が必要になるのは、面倒だと感じる方もいるかもしれませんが、その分、低金利で借りられるというメリットがありますよ。
不動産担保ローンの利用をご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

【初めての不動産担保ローン③】〜申し込みから融資までの流れ〜

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「【初めての不動産担保ローン③】〜申し込みから融資までの流れ〜」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

初めて不動産担保ローンを利用するという人は、様々な疑問や不安を抱えていることでしょう。
そこで、前回に引き続き【初めての不動産担保ローン】と題し、不動産担保ローンについて詳しく解説していきたいと思います。
第3回目は、不動産担保ローンを利用する際の、申込みから融資までの流れについて、ご紹介していきます。

【不動産担保ローンの申込みから融資までの流れ】

不動産担保ローンの申込みから融資までの流れは、利用する金融機関やローン会社によって異なる場合もありますが、基本的には下記のような流れで進むことが多いです。

■1.仮審査/h3>
まずは、仮審査の申し込みを行います。
金融機関やローン会社のホームページから、申し込むことができます。
あくまでも、仮審査ですので、この審査に通ったからといって、必ず融資が受けられるというわけではありません。

■2.面談・申し込み

仮審査に通れば、担当者と面談を行います。
面談で、互いに問題がなければ申し込みを行います。
面談で、話を聞いてみて、申込みを行わないということも可能です。
また、疑問や不安については面談時に確認することをオススメします。

■3.審査

本申込みを行うと、審査に進みます。
審査では、不動産の現地調査などを行います。
不動産担保ローンでは、担保にいれる不動産の価値によって融資限度額が変わってきますので、審査はとても大切なポイントとなります。

■4.契約

審査に通ると、本契約となります。
審査の結果、融資不可となった場合は、契約はしません。

■5.融資

本契約から、3〜7日程で、融資金を受け取ることができます。
銀行に比べ、ローン会社の方が、申込みから融資金の受け取りまでの時間が早い傾向があります。

今回のテーマは「【初めての不動産担保ローン③】〜申し込みから融資までの流れ〜」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンを利用する場合は、審査が必要になります。
仮審査や面談をしたからといって、必ず契約をする必要があるというわけではありませんので、まずは仮審査を受けられてみることをオススメします。
不動産担保ローンの利用を、ご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不動産担保ローン〜契約前に注意するべきこと〜

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローン〜契約前に注意するべきこと〜」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産を担保に入れてお金を借りるローンを、不動産担保ローンと呼びます。
不動産担保ローンは、銀行やローン会社など、様々な金融機関で取り扱っており、低金利で借りることができるというメリットがあります。
ただし、不動産担保ローンを契約する場合には、注意するべきこともあります。
そこで今回は、不動産担保ローンの契約前に注意するべきことについて、ご紹介したいと思います。

【契約内容をしっかり理解してから契約する】

残念ながら、日本には、違法な高金利で貸付を行なう「ヤミ金融」業者が存在します。
チラシやホームページには「低金利」などと記載してあっても、実際には様々な手数料という名目で高額な料金を請求する悪質な業者もあるのです。
インターネットなどで、その業者の評判を検索したり、スタッフの対応や会社の雰囲気などで判断することも大切ですが、最終的には、契約内容をしっかりと理解してから契約するということが重要です。
契約書を確認し、理解できない点については質問をするなどし、契約内容をしっかりと理解できるまでは、絶対に契約しないようにしましょう。
契約内容に不安がある場合は、他の金融機関にも相談してみて、内容を比べるというのもオススメですよ。

【登録番号が表記されているか確認する】

貸金業を行なうには、財務局又は都道府県の登録許可を受ける必要があります。
また、貸金業法では、貸付広告面に登録番号を記載することが義務付けられています。
そのため、貸付広告面に登録番号が記載されていない金融業者は、違法な「ヤミ金融」である可能性も高いのです。
不動産担保ローンを利用する際には、登録番号が記載されているかどうかを確認するようにしましょう。

【甘い言葉には注意】

金融会社の広告には、制限が設けられています。
例えば、「完全融資」や「面倒な手続き一切不要」、「必ず貸します」などの表現は禁止されているのです。
そのため、こういった甘い言葉には注意して、騙されないようにしてください。

今回のテーマは「不動産担保ローン〜契約前に注意するべきこと〜」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンを利用する場合には、契約内容を理解することや、登録番号の確認について注意が必要です。
不動産担保ローンをご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不動産ローンはメリットだけじゃない!知っておきたいデメリット

editor_tam

不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産ローンはメリットだけじゃない!知っておきたいデメリット」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

土地や建物など、不動産を担保にお金を借りることができる「不動産担保ローン」には、様々なメリットがあります。

・低金利で融資を受けることができる
・借入限度額が大きい
・借入期間を長期に設定できる
・使用用途が限定されていない

上記のようなメリットがある「不動産担保ローン」ですが、メリットだけではありません。
不動産担保ローンにも、デメリットがあるのです。
不動産担保ローンを利用する際には、メリットだけでなく、デメリットに目を向けることも大切です。
そこで今回は、不動産担保ローンのデメリットについて、ご紹介したいと思います。

【不動産担保ローン3つのデメリット】

■融資までに時間がかかる

1つ目のデメリットは、融資までに時間がかかるということです。
カードローンやフリーローンなどの無担保ローンは、簡易的な審査しかありませんので、すぐに現金を受取ることができます。
しかし、不動産担保ローンは、不動産の評価など、様々な審査が必要ですので、融資までに時間がかかるのです。
一般的には、一週間程度の時間がかかります。

■手数料がかかる

2つ目のデメリットは、事務手数料などの諸費用がかかるということです。
カードローンやフリーローンなどの無担保ローンは、手数料がかからず、金利と借入金のみを返済すればOKです。
しかし、不動産担保ローンの場合には、様々な手数料が必要になってきますので、少額の融資であれば、金利が高くても無担保ローンの方が総支払い額が少なくなる可能性もあります。

■不動産を失う可能性がある

3つ目のデメリットは、万が一、返済できなくなった場合、不動産を売却されてしまうという点です。
不動産担保ローンは、不動産を担保に入れるため、低い金利で大口の融資を受けることができます。
それは、万が一返済できなくなった場合にも、貸主である金融機関や、ローン会社は、担保の不動産を売却して融資金を回収するからです。
つまり、不動産担保ローンは、返済できなくなった場合、不動産を失ってしまう可能性があるということなのです。

今回のテーマは「不動産ローンはメリットだけじゃない!知っておきたいデメリット」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンにはメリットがたくさんある一方で、デメリットもあるのです。
不動産担保ローン利用の際は、メリットだけでなくデメリットも理解した上で、利用するようにしてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不動産担保ローンはメリット多数!3つのメリットを紹介します

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローンはメリット多数!3つのメリットを紹介します」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産を担保にして、融資を受けることができる不動産担保ローンには、たくさんのメリットがあります。
今回は、不動産担保ローンの、たくさんのメリットの中から、3つのメリットを、ご紹介したいと思います。

【メリット1:低金利で借りることができる】

まず、1つ目のメリットは、低金利でお金を借りることができる点です。
不動産担保ローンは、不動産を担保に入れるため、カードローンや、フリーローンなどの無担保ローンに比べて低金利で、融資を受けることができるのです。
万が一、返済できなくなった場合の貸し手のリスクが低いことが、不動産担保ローンが低金利で利用できる理由の1つです。
金利が低いということは、総返済額が少なく済むということですので、大きなメリットだと言えます。

【メリット2:借入限度額が大きい】

2つ目のメリットは、借入限度額が大きいということです。
カードローンやフリーローンなどの無担保ローンでは、借入限度額が低い傾向がありますが、不動産担保ローンの場合は、担保に入れる不動産の価値によっては、借入限度額が大きくなります。
状況によっては、億単位の融資を受けることも可能です。
ただし、借入限度額は、担保に入れる不動産の評価によっても異なります。

【メリット3:長期で借入することができる】

3つ目のメリットは、借入期間が長期で設定することができるという点です。
カードローンやフリーローンなどの無担保ローンは、長期で借入することが難しいため、短期間での返済が必要になります。
短期間で返済するとなると、毎月の返済額が大きくなるため、負担が多くなるのです。
しかし、不動産担保ローンの場合は、長期で借入することができるため、月の返済額を少なくすることができます。

今回のテーマは「不動産担保ローンはメリット多数!3つのメリットを紹介します」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンには、多くのメリットがあります。
不動産担保ローンを、ご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

【不動産担保ローン】よくある質問にお答えします!

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「【不動産担保ローン】よくある質問にお答えします!」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンの利用を検討中の方の中には、様々な疑問や不安をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、不動産担保ローンに関する、よくある質問にお答えしたいと思います。

【Q1.住宅ローン利用中でも不動産担保ローンを利用できる?】

まず1つ目は、住宅ローンを利用中のマイホームを、不動産担保ローンの担保に入れることができるのかという疑問についてです。
結論から述べると、状況によって異なるが、住宅ローン利用中でも不動産担保ローンを利用することができます。
住宅ローンは、第一抵当権となっていますので、不動産担保ローンを同じ不動産で利用する場合には、第二抵当権として担保設定する必要があります。
抵当権とは、万が一返済ができなくなった場合に、担保となっている不動産を売却して融資残高を回収できる権利のことです。
第一抵当権に設定されている金融機関やローン会社から優先的に、融資残高を回収できます。
そのため、ローン残高や、借入希望額によっても異なりますが、住宅ローン利用中だからといって必ずしも不動産担保ローンが利用できないということはありません。

【Q2.家族名義の不動産で不動産担保ローンを利用できる?】

2つ目は、親や兄弟、配偶者など、家族が所有している不動産を担保にすることはできるかということです。
こちらも結論から述べると、可能です。
ただし、金融機関によっても異なります。
特に審査が厳しい銀行などの場合は、本人名義の不動産でなければいけないことが多いようです。
また、家族名義の不動産でもOKの、ローン会社であっても、所有者本人の承諾を得ているということが条件になります。
そのため、所有者が病気などで、意思能力に問題がある場合には、利用できない可能性もありますので注意が必要です。

今回のテーマは「【不動産担保ローン】よくある質問にお答えします!」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンを利用するにあたって、様々な疑問や不安がある方も多いです。
不動産担保ローンについての疑問をお持ちの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【不動産担保ローン】担保にできない不動産とは

editor_tam

不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「【不動産担保ローン】担保にできない不動産とは」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンは、自宅や土地など、所有している不動産を担保に入れて融資を受けることができるローンのことです。
カードローンやフリーローンなどの無担保ローンに比べて「金利が低い」「融資可能額が大きい」「長期間借りられる」などの特徴があります。
さらに、融資額の使用用途に制限がないという特徴もあり、様々な用途で利用することができます。
不動産担保ローンを利用するには、担保に入れる不動産が必要になります。
本人名義でなく、家族名義の不動産であっても、不動産担保ローンは利用することが可能です。
ただし、不動産の種類や状態によっては、担保に入れることができないものもあります。
そこで今回は、不動産担保ローンで、担保にできない不動産について、ご紹介したいと思います。

【不動産評価額の低い物件】

まず1つ目は、不動産評価額の低い物件です。
不動産評価額の低い物件とは、換価性が低いということです。
例えば、築年数が古い建物や、再建築不可物件、過疎地にある物件などは、不動産評価額が低くなり、換価性が低いと言えます。
つまり、買い手が見つかりにくい物件なのです。
そのような不動産評価額の低い物件は、担保にできない可能性が高いです。

【利用上の制限がある物件】

不動産によっては、利用に制限がある物件もあります。
例えば「農地」や「保安林」なども、そういった、制限のある物件に含まれます。
利用に制限のある物件は、買い手がつきにくいため、不動産担保ローンで担保として利用することができない可能性が高いのです。

【権利関係に問題のある物件】

例えば「買戻特約」や「仮差押」などの登記がある物件や、提訴中の物件など、所有者が変更される可能性のある物件は、担保にできない可能性が高いです。
また、不動産担保ローンを利用する金融機関や、ローン会社によっては、住宅ローン利用中の物件は、不動産担保ローンの担保に利用することはできないという場合もあります。

今回のテーマは「【不動産担保ローン】担保にできない不動産とは」についてでした。
不動産担保ローンは、万が一、借主が返済できなくなった場合に、担保に入れた物件を売却して、融資金を回収します。
そのため、価値の低い物件や、利用制限のある物件、権利関係に問題がある物件については、担保にできない可能性が高いのです。
不動産担保ローンの利用をご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

【不動産担保ローン】ローン会社の選び方

editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「【不動産担保ローン】ローン会社の選び方」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

資金調達のために、不動産担保ローンを利用する場合、まず初めに悩むのが、どこで融資を受けるかということですよね。
不動産担保ローンは、様々な金融機関やローン会社で取り扱っているため、どこに申し込めばいいかわからないという方も多いでしょう。
そこで今回は、不動産担保ローンを利用する際の、ローン会社の選び方について、ご紹介したいと思います。

【不動産担保ローンには銀行とノンバンクがある】

不動産を担保にして、お金を借りることができるのが、不動産担保ローンです。
不動産担保ローンを利用する場合、大きく分けて2つの選択肢があります。
1つ目は、銀行の不動産担保ローンを利用する方法です。
都市銀行や信用銀行、ネット銀行など様々な銀行で、不動産担保ローンを取り扱っています。
2つ目は、預金業務は行っていないローン専門の会社を利用する方法です。
それらの会社をまとめて「ノンバンク」と呼びます。
例えば、消費者金融や事業者金融、クレジットカード会社などもノンバンクに含まれるのです。
銀行に比べ、ノンバンクの方が審査基準や融資条件が甘い傾向にあり、融資を受けやすいというメリットがありますよ。

【不動産担保ローンでノンバンクのローン会社を選ぶ方法】

次は、ノンバンクで不動産担保ローンを利用する場合の、ローン会社の選び方について、ご紹介したいと思います。

■登録貸金業者かどうか

ローン会社を選ぶ際に、一番初めにチェックすべきポイントは、その会社が「登録貸金業者」であるかということです。
貸金業を行う場合には、国または都道府県への登録が、法律で義務付けられています。
しかし、中には、登録を行わず違法に営業している会社もあるのです。
そういったローン会社から、お金を借りてしまうと、不当な金利の請求や強引な回収に巻き込まれてしまう可能性もあります。
登録貸金業者であるかどうかは、金融庁のホームページ内の「登録貸金業者情報検索サービス」で調べることができますので、利用する前に、必ず検索してみることをオススメします。

■金利について確認

利用するローン会社によって、金利は異なります。
金利は低ければ、その分返済額が少なくなりますので、金利が低いことは大切ですが、あまりのも低すぎる業者にも注意が必要です。
相場より、明らかに金利が低い場合は、違法業者の可能性もあります。
金利が低いことだけを見て、安易に申し込まないようにしましょう。

今回のテーマは「【不動産担保ローン】ローン会社の選び方」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンは、銀行だけでなくノンバンクでも利用することができます。
ノンバンクの不動産担保ローンを利用する場合は、悪質な業者に巻き込まれないように、ローン会社選びに注意が必要です。
不動産担保ローンの利用を検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

【不動産担保ローン】親名義の不動産を担保に入れる場合の注意点とは

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「【不動産担保ローン】親名義の不動産を担保に入れる場合の注意点とは」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンを利用する場合は、担保に入れるための不動産が必要です。
実は、担保に入れる不動産は、自己所有でなくても大丈夫なのです。
例えば、配偶者や親、兄弟姉妹などが所有する不動産を担保にして融資を受けることもできます。
そこで今回は、親名義の不動産を担保にして不動産担保ローンを利用する場合の注意点について、ご紹介したいと思います。

【必ず、親の承諾を得ましょう】

まず、親名義の不動産を担保に入れる場合は、必ず親に承諾を得る必要があります。
もちろんですが、親が所有している不動産を、担保に入れることを了承していなければ、不動産担保ローンを利用することはできません。
そのため、まずは親に、不動産担保ローンの担保として、親名義の不動産を使わせてほしいという話をするべきです。
そして、曖昧な話で終わらすのではなく、明確な承諾を得るようにしてください。
親に承諾を得るためには、融資金の使いみちや、返済計画についても、きちんと説明しておく方がよいでしょう。

【親の判断能力も重要なポイント】

親が所有する不動産を担保に入れる場合、親の判断能力も重要なポイントとなってきます。
親が70歳以上の高齢者の場合、健康状態によっては、契約行為に関する判断が難しい場合もあります。
親に判断能力を審査するために、ローン会社が直接ヒアリングを行う場合もありますし、医師の診断書が必要な場合もあります。

【返済計画は入念に!】

不動産担保ローンでは、万が一返済できなくなった場合、担保に入れた不動産を失うことになります。
ローン会社は、担保である不動産を売却して、そのお金を融資金の回収にあてるのです。
自己所有の不動産であれば、自分が困るだけですが、親名義の不動産を担保に入れる場合は、万が一の際に、親に迷惑をかけてしまうことになります。
ローンを借りる際には、返済計画が大切ですが、親名義の不動産を担保に入れる場合は、通常よりも入念な返済計画が大切になってきます。

今回のテーマは「【不動産担保ローン】親名義の不動産を担保に入れる場合の注意点とは」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンでは、親名義の不動産を担保にいれることも可能ですが、親の承諾や判断能力などが重要なポイントになってきます。
また、親に迷惑をかけないように、入念な返済計画も大切です。
親名義の不動産で、不動産担保ローンの利用を検討中の方は、今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不動産担保ローンで借り換えは可能?

editor_tam

不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローンで借り換えは可能?」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

「現在のローンは金利が高いなぁ・・・」

このような、お悩みはありませんか?
実は、不動産担保ローンは借り換えを行うことも可能なのです。
今回は、不動産担保ローンの借り換えについて、ご紹介したいと思います。

【不動産担保ローンの借り換えとは?】

そもそも、ローンの借り換えというのは、現在ローンを組んでいる銀行や会社から、別の銀行や会社に乗り換えることです。
例えば、A銀行に300万円借りていたとします。
その場合、B銀行から300万円を借りて、A銀行に300万円を返済することで、A銀行のローンを完済します。
そして、B銀行から借り入れした500万円を少しづつ返済していくといった流れです。

【どういった場合に、借り換えを行うのがいいの?】

基本的には、借り換えを行うことで、金利が低くなったり、借入期間が長くなったりする場合に、借り換えを行うのがオススメです。
不動産担保ローンから、他の不動産担保ローンに借り換えができるのは、もちろんですが、カードローンやキャッシング、ビジネスローンや自動車ローンなど、異なる種類のローンから、不動産担保ローンに乗り換えすることもできますよ。
特に、カードローンやキャッシング、ビジネスローンなどの無担保ローンから、不動産担保ローンに乗り換えることで、金利が低くなったり、借入期間が長くなったり、借入限度額が高くなったりするといったメリットがあります。

今回のテーマは「不動産担保ローンで借り換えは可能?」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンは、不動産担保ローンからも、その他のローンからも借り換えを行うことが可能です。
現在利用中のローンの金利が高いと感じている場合や、借入額を増やしたい場合、借入期間を延ばしたい場合などは、不動産担保ローンの借り換えを検討されてみてはいかがでしょうか。
ただし、不動産担保ローンは、無担保ローンとは違い、万が一、借入額の返済ができなくなると、担保に入れた不動産を失うことになりますので、返済計画はしっかり行ってくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

自己所有の不動産以外でも不動産担保ローンは利用できる?

editor_tam

不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「自己所有の不動産以外でも不動産担保ローンは利用できる?」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産を担保にして、お金を借りることができる不動産担保ローンですが、自己所有の不動産でなくても利用することはできるのでしょうか。
今回は、不動産担保ローンを利用する際の不動産について、ご紹介したいと思います。

【不動産担保ローンの対象となる不動産とは】

不動産担保ローンの対象となる不動産は、土地や建物など不動産と呼べるものです。
ただし、売れる不動産でなければ、担保にいれることはできません。
売れない不動産は、価値がないということになりますので、不動産担保ローンの対象にはなりません。

【家族所有の不動産でも不動産担保ローンは利用可能!】

実は、不動産担保ローンは、自己所有の不動産以外でも、利用することができます。
つまり、あなたが不動産を所有していなくても、親や兄弟が不動産を所有していれば、その不動産を担保に、ローンを組むことができるのです。

利用する不動産担保ローン業者や、銀行によっても異なりますが、下記の条件であれば、自己所有の不動産でなくても利用できる可能性が高いです。

・配偶者や親、兄弟姉妹が所有している不動産
・3親等以内の親族が所有している不動産
・第三者の所有する不動産

【自己所有の不動産以外を担保に入れる場合は入念な返済計画を!】

不動産担保ローンでは、万が一返済ができなくなった場合、担保に入れた不動産を失うことになります。
自己所有の不動産を担保に入れる場合、困るのはあなたですが、親や親族、第三者の不動産を担保にいれた場合は、その人達に多大な迷惑がかかることは安易に想像がつきますよね。
ローンを利用する際は、返済計画が大事ですが、自己所有の不動産以外を担保に入れる場合は、通常よりも入念な返済計画を行うようにしてください。

今回のテーマは「自己所有の不動産以外でも不動産担保ローンは利用できる?」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンは、自己所有の不動産以外でも利用することができます。
ただし、自己所有の不動産以外を担保に入れる場合は、通常よりも入念な返済計画を行うことが大切です。
不動産担保ローンをご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

不動産担保ローンで審査に落ちる理由とは

editor_tam

不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローンで審査に落ちる理由とは」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンは、その名の通り、不動産を担保にして融資を受けることです。
不動産を担保に入れることで、借入額が多くなったり、金利が安くなったりするメリットがある一方で、カードローンやフリーローンのような無担保ローンには無い「審査」に通る必要があります。

本記事を読んでいる人の中には、不動産担保ローンの審査を受けたけれど落ちてしまったという方もいるのではないでしょうか。
また、不動産担保ローンの審査に落ちたけれど理由がわからないという方も少なくないはずです。

そこで今回は、不動産担保ローンで審査に落ちる理由について、ご紹介したいと思います。

【担保にする不動産に価値がない(価値が低い)】

不動産担保ローンでは、万が一、借入れ主が返済できなくなった場合、金融機関やローン会社は、担保に入れていた不動産を処分(売却)することで、借入金の回収を行います。

そのため、担保に入れる不動産に価値がなかったり、価値が極端に低いという場合は、ローンに通らないのです。
例えば、田舎の山奥の土地など、全く買い手がないような不動産の場合、その不動産を担保にしてローンを組むというのは難しいでしょう。
不動産に価値が無く、不動産担保ローンを利用するのが難しい場合は、審査の必要がない、カードローンやフリーローンなどの無担保ローンを利用するという方法もありますよ。

【返済事故の経験がある】

金融機関では、顧客情報を共有する情報ネットワークがあります。
例えば、申込者が過去に債務整理や自己破産、返済遅延などをしたことがある場合、それらの情報は、実際に融資を受けた金融機関以外の銀行も調べることができるのです。
こういった返済事故がある場合、不動産担保ローンの審査に落ちる可能性が高いです。
ただし、基本的にこれらの情報は、契約終了後5年経過すると抹消されます。
そのため、事故情報が抹消されるのを待って、再度審査を申し込むといいですよ。

【申込者の信用度が低い】

申込者の信用度とは、勤続年数や他社借入額、返済負担率などから、金融機関が審査するものです。
例えば、まだ今の会社に入って半年以内であるという場合や、他社からの借入れが多いという場合は、信用度が低いと判断され、不動産担保ローンの審査に通らない可能性があるのです。

今回のテーマは「不動産担保ローンで審査に落ちる理由とは」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンには審査があり、場合によって落ちる可能性もあります。
審査に落ちた理由というのは開示されませんので、なぜ審査に落ちたのかわからず困っているという方も少なくないでしょう。
そういった場合は、今回ご紹介した理由に当てはまるところがないか確認してみてくださいね。
最後まで、お読みいただきありがとうございました。

【不動産担保ローン】審査が通りやすいのは銀行よりノンバンク?

editor_tam

不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「【不動産担保ローン】審査が通りやすいのは銀行よりノンバンク?」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンで、お金を借りる際、審査について気になるという方も多いでしょう。
不動産担保ローンは、不動産を担保に入れて融資を受けるのですが、カードローンやフリーローンと違い、審査に通る必要があります。

そこで気になるのが、審査の通りやすさですよね。
実は、審査の基準は、それぞれの銀行や会社によって異なります。

それであれば、できるだけ審査の通りやすいところで不動産担保ローンを利用したいと思う方も多いでしょう。

そこで今回は、審査が通りやすい不動産担保ローンについて、ご紹介したいと思います。

【不動産担保ローンの審査が通りやすいのはノンバンク系!】

結論から述べると、不動産担保ローンの審査は、銀行よりもノンバンク系の会社の方が通りやすい傾向があります。

銀行のみを比較した場合は、メガバンクよりも地方銀行の不動産担保ローンの方が、審査に通りやすいです。
また、ノンバンクで比較してみると、大手よりも中小系の会社の方が、審査に通りやすい傾向があります。

信頼度の高い、メガバンク(都市銀行)で不動産担保ローンを利用したい!と思う方が多いですが、審査の通りやすさを考えれば、地方銀行やノンバンク系の会社を選択するというのもいいですよ。

【ノンバンク系の中でも不動産担保ローン専門業者がオススメ】

ノンバンク系の不動産担保ローンと言っても、会社によって様々な事業形態があります。

例えば、法人向けにビジネスローンを取り扱っている会社や、個人向けにカードローンやフリーローンを取り扱っている会社などもあるのです。
ノンバンク系の中でも、特に審査に通りやすいのが、不動産担保ローンだけを専門に扱っている会社です。

不動産担保ローン専門の会社は、担保に入れる不動産の査定が正確にできることや、不動産担保ローンの融資経験が豊富ということもあり、審査に通る可能性が高くなります。

今回のテーマは「【不動産担保ローン】審査が通りやすいのは銀行よりノンバンク?」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンは、大手銀行よりも地方銀行、地方銀行よりもノンバンク系の会社の方が審査に通りやすいと言えます。
さらに、不動産担保ローンを専門に扱う会社は、審査に通りやすい傾向がありますよ。
不動産担保ローンで、資金調達をお考えの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不動産担保ローンの審査に落ちる人はいるの?落ちやすい人の特徴とは

editor_tam

不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローンの審査に落ちる人はいるの?落ちやすい人の特徴とは」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンは、不動産を担保に入れることで、低金利で比較的高額な借入れを行うことができるというメリットがあります。
その一方で、カードローンやフリーローンのような無担保ローンとは違い、審査を通過しなければいけません。
不動産担保ローンの利用を検討する際、審査に通るのかどうか不安という方は多いです。
実際に、不動産担保ローンの審査に落ちてしまったという方もいるのです。
そこで今回は、不動産担保ローンの審査に落ちやすい人の特徴について、ご紹介したいと思います。

【不動産担保ローンの審査に落ちやすい人の特徴】

ここでは、不動産担保ローンの審査に落ちる人の特徴を4つ、ご紹介します。

■書類に不備がある

不動産担保ローンを申し込む際や審査の際には、様々な書類が必要になります。
これらの書類に不備があると、審査に落ちる可能性もあるのです。
普段見慣れない書類も多いですが、1つ1つ確認しながら、不備の無い書類を提出するようにしましょう。

■不動産に関する税金が未納

不動産を所有している場合、一年に一度「固定資産税」を支払う必要があります。
担保に入れる不動産の「固定資産税」が未納の場合や滞納している場合は、不動産担保ローンの審査に落ちる可能性が高いです。

■担保に入れる不動産の価値が低すぎる

不動産担保ローンは、不動産を担保に入れて融資を受けます。
万が一、借り主が返済ができなくなった場合でも、金融機関や不動産担保ローン会社は、不動産を売却することで、貸した金額を回収するのです。
そのため、担保に入れる物件や土地に、ほとんど価値が無い場合や、価値が低すぎるといった場合は、審査に通らないことがあります。
つまり、売れない不動産、売れにくい不動産は、不動産担保ローンの担保には向いていないということです。

■住宅ローンが残っている

不動産担保ローンで、住宅を担保に入れる場合、まだ住宅ローンが残っていると審査に落ちる可能性があります。
ただし、住宅ローンに関しては、利用する金融機関によって審査基準が異なります。
そのため、住宅ローンが残っている不動産を担保にしていても審査に通ることもあるのです。
住宅ローンが残っている不動産を担保に入れる予定の場合は、事前に金融機関や不動産担保ローン会社に相談されることをオススメします。

今回のテーマは「不動産担保ローンの審査に落ちる人はいるの?落ちやすい人の特徴と」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンには審査があり、場合によっては落ちる可能性もあります。
不動産担保ローンの利用をご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不動産担保ローンで融資を受ける際の注意点!リスクやデメリットはあるの?

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローンで融資を受ける際の注意点!リスクやデメリットはあるの?」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンとは、不動産を担保にして融資を受ける方法です。
不動産担保ローンに限らず、お金を借りるということには何かしらのリスクが発生します。
そのため、ローンは、リスクやデメリットについても理解した上で利用することが大切です。
そこで今回は、不動産担保ローンのリスクやデメリットについて、ご紹介したいと思います。

【諸費用が必要になる】

カードローンやフリーローンなど、無担保ローンの場合は、基本的に諸費用が必要ありません。
一方で、不動産担保ローンを利用する場合は、様々な諸費用を負担する必要があるのです。
諸費用は、金融機関によっても異なりますが、事務手数料や不動産鑑定料、登記費用、印紙代などが必要になってくることが多いです。
大きなリスクやデメリットというわけではありませんが、今までローンを利用したことがない人や、無担保ローンのみを利用していた人は、諸費用が必要になるということを知っておいた方がいいでしょう。

【担保に入れた不動産が処分されることもある】

当然ですが、借りたお金を万が一返せなくなった場合は、担保に入れた不動産は処分されてしまいます。
金融機関は、担保の不動産を売却し、そのお金を借入金の返済に当てるからです。
そのため、不動産担保ローンには、不動産が処分され失ってしまうリスクがあるということです。
もし、自宅を担保にしている場合は、住む家を失ってしまうことになりますので大きなリスクとなります。
ただし、きちんと返済していれば、不動産を失うということはありませんので、不動産担保ローンを利用する際は、無理のない返済計画を立てるようにしましょう。

【第三者に借り入れの事実を知られる可能性がある】

不動産を担保にいれると、登記簿に抵当権や根抵当権などの登記に関する情報が記載されます。
実は、不動産登記簿は誰でも閲覧することができますので、第三者に借り入れの事実を知られる可能性もあるのです。
今後の資金調達に、影響がでる可能性もありますので、登記簿に借入内容が記載されるという事実は知っておいた方がいいでしょう。

今回のテーマは「不動産担保ローンで融資を受ける際の注意点!リスクやデメリットはあるの?」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンにも、リスクやデメリットが存在します。
不動産担保ローンを利用する際は、これらのことも考慮したうえで融資を受けるようにしてください。
最後まで、お読みいただきありがとうございました。

無職でも不動産担保ローンで融資を受けることは可能なの?

editor_tam

不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「無職でも不動産担保ローンで融資を受けることは可能なの?」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

「まとまったお金が必要。手持ちのお金では足りないけれど、無職だし・・・」
「あ、不動産は持っている!この不動産を担保にお金を借りたい!」

このような状況は、ありませんか?
実際に、不動産を担保にしてお金を借りる「不動産担保ローン」は、無職の状態でも融資を受けることができるのでしょうか。
今回は、無職でも不動産担保ローンを利用できるのかどうかについて、ご紹介したいと思います。

【返済能力の有無が融資のカギ】

結論から述べると、無職でも状況によっては、不動産担保ローンで融資を受けることが可能です。
ただし、返済能力の有無が融資の可否を決める重要なポイントになってくるでしょう。
やはり、いくら不動産を担保にいれるとしても、全く返済能力が無い場合には、融資を受けるのは難しくなります。
無職でも返済プランがあり、それを提示することができるのであれば、融資を受けられる可能性は高いです。
ただし、銀行系の金融機関が行っている不動産担保ローンは、審査が厳しいため、無職では融資をしてもらえない可能性が高いです。
一方で、ノンバンク系の不動産担保ローンであれば、無職であっても返済能力があれば融資してもらえる可能性はありますよ。

【無職でも不動産担保ローンが借りられる可能性が高いケース】

返済能力の有無が、無職でも融資を受けられるかどうかのカギになることは前述しましたよね。
では、どういったケースであれば、無職でも不動産担保ローンで融資を受けられる可能性が高くなるのでしょうか。

■年金収入がある

定年退職をしていて無職であっても、年金収入があれば、不動産担保ローンで融資を受けられる可能性が高いです。
仕事はしていなくても、安定した収入源があるという判断になるからです。

■これから事業を始めようとしている

お金を借りる時点では、無職であっても、これから事業を始める予定で、きちんとした事業計画書などを提示できるのであれば、不動産担保ローンを利用できる可能性が高いです。
将来的に返済能力があるとみなされるからです。

■家賃収入がある

無職でも、所有しているビルやアパートの家賃収入があるという場合も不動産担保ローンを利用できる可能性が高いです。

■専業主婦または専業主夫である

専業主婦や専業主夫の方でも、配偶者に安定した収入があれば、不動産担保ローンで融資を受けることができる可能性が高いです。

今回のテーマは「無職でも不動産担保ローンで融資を受けることは可能なの?」についてでした。
今回ご紹介したように、無職であっても不動産担保ローンを利用して融資を受けることは可能です。
ただし、返済能力の有るということが条件になってきます。
無職だけれど、不動産担保ローンの利用を検討しているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不動産担保ローンは即日融資が可能?

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローンは即日融資が可能?」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

事業や個人の事情で、まとまったお金を用意しなければいけないこともありますよね。
手持ちのお金では足りない場合には、ローンを利用する必要がでてきます。
様々な種類があるローンの中でも、不動産担保ローンは、所有している不動産を担保にして融資を受けるため、比較的低金利で借りられるといったメリットがあります。
その一方で、カードローンなどのフリーローンに比べ、審査に時間がかかるという特徴もあるのです。
では、急いで資金を用意したい場合でも、不動産担保ローンは、即日融資を受けることができないのでしょうか。
今回は、不動産担保ローンの即日融資について、ご紹介したいと思います。

【即日融資をうたっている業者もあるが・・・】

結論から述べると、不動産担保ローンを取り扱っている会社の中には、即日融資をうたっている会社も存在します。
しかし、これはあくまでも、「最速の場合、即日」ということを理解しておきましょう。
つまり、即日融資には対応しているけれど、必ずしも即日融資を受けられるわけではないということなのです。

【不動産担保ローンは不動産価値の評価が必要】

不動産担保ローンは、カードローンなどのフリーローンと違い、不動産を担保として融資を受けます。
そのため、担保にする不動産価値の評価が必要なのです。
不動産評価によって、金利や融資額の限度が決定しますので、適当に評価されてしまっては困りますよね。
正確に不動産の価値を調べるためには、現地に調査員が出向いたり、不動産登記簿謄本の確認をしたりと、様々な工程が必要になってきます。
そのため、即日融資をうたっている場合でも、実際には即日融資を受けられない可能性が高いのです。

【不動産担保ローンで即日融資を受けるには】

不動産担保ローンで、即日融資を受けたい場合は、できるだけ即日融資に近づくように準備を行うことが大切です。
例えば、早い時間に申し込みを行ったり、事前に必要な書類を揃えておいたりすることで、即日融資を受けられる可能性が上がります。
もちろん、即日融資に対応している不動産担保ローン業者を選ぶことが前提ですよ。
中でも、不動産担保ローン専門の業者を選ぶというのもポイントです。
今回のテーマは「不動産担保ローンは即日融資が可能?」についてでした。

今回ご紹介したように、不動産担保ローンの即日融資を行っている業者もありますが、あくまでも最短の場合ということであって、基本的には即日融資は難しいと考えておくのがよいでしょう。
しかし、できる限りの準備をしておくことで即日融資を受けられる可能性を上げることができます。
即日融資が難しい場合でも、事前準備をしておくことで、融資を受けるまでの期間を短くすることに繋がりますのでオススメです。
ぜひ参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

【不動産担保ローン】不動産評価のポイントとは

【不動産評価がプラスになるポイントとは】

まずは、不動産評価がプラスにないやすいポイントについて、2つご紹介します。

■公共交通機関の利便性

まずは、不動産の立地が評価に大きく関係してきます。
基本的には、最寄り駅から近いほうが、評価が高くなります。
特に、都市部では、公共交通機関の利便性が良いというのは、評価がプラスとなるポイントです。
一方で、地方の場合は、車移動が中心となることが多く、最寄り駅までの距離が評価に影響しにくいという特徴もあります。

■築年数

築年数も、不動産評価を決めるうえで重要なポイントです。
もちろん、築年数が浅い方が、評価が高くなります。
ただし、人気のエリアや、立地条件が良い場合は、築年数が古くても評価が下がりにくいです。
さらに、住宅の構造によっても評価が異なります。
例えば、木造よりも鉄筋コンクリートで建てられた不動産の方が、評価が高くなりやすいのです。
なぜなら、木造よりも鉄筋コンクリートの方が、建物の耐用年数が長いからです。

【不動産評価がマイナスになるポイントとは】

次に、不動産評価がマイナスになりやすいポイントについても、2つご紹介します。

■過疎化や少子化が進んでいる地域

立地は、不動産評価を決める上で重要なポイントですが、特に過疎化や少子化が進行し、人工が減少傾向にある地域にある不動産の場合、評価が下がりやすいです。
つまり、需要がない場所ということで、不動産自体の価値も下がってしまうのです。

■近隣に高速道路や火葬場などの建設予定がある

所有している不動産の近隣に、高速道路や火葬場、刑務所など、多くの方が近くに建設してほしくないと思っているような施設が建っている、または建つ予定があるといった場合には、評価が下がることがあるのです。

今回のテーマは「【不動産担保ローン】不動産評価のポイントとは」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンでは不動産評価が重要になってきます。
不動産評価は、主に立地や築年数が影響しています。
不動産担保ローンを、ご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただきありがとうございました。

不動産担保ローンは、どこで借りればいいの?

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローンは、どこで借りればいいの?」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産を担保として、融資を受けることができる不動産担保ローンですが、どこで借りることができるか、ご存知でしょうか?
今回は、不動産担保ローンを提供しいる機関について、ご紹介したいと思います。

【不動産担保ローンで融資を受けられるのは大きく分けて2種類ある】

不動産担保ローンを提供しいる金融機関は、大きく分けて2つあります。
1つ目は、銀行や信用金庫、信託銀行、信用組合などの地域金融機関です。
2つ目は、信販会社やクレジットカード会社、事業者金融などのノンバンクです。
融資だけでなく、預金の受け入れも行う銀行などの地域金融機関に比べ、ノンバンクは、預金の受け入れなどは行っておらず、融資だけを専門に行っているという特徴があります。

【銀行とノンバンク、不動産担保ローンで借りるならどっち?】

銀行とノンバンク、どちらも不動産担保ローンで融資を受けることができますが、どちらで借りるべきか迷いますよね。
ここでは、銀行とノンバンク、それぞれの不動産担保ローンの特徴について、ご紹介したいと思います。

■銀行の不動産担保ローン

銀行と一言で言っても、大手のメガバンクから地方銀行、ネット銀行など様々な形態の銀行があります。
ネット銀行や地方銀行でも、不動産担保ローンを提供している銀行はありますが、全ての銀行で取り扱っているという訳ではありません。
さらに、銀行によってローンの内容が大きく異なるという特徴もあります。
銀行によっては、融資金の使用用途が限られているという場合もあるのです。
それ以外にも、一般的に銀行の不動産担保ローンは、審査が厳しい傾向にあります。
借入を行う人の年齢や収入、勤続年数の他、担保とする不動産にも条件が設定されるケースが多いです。
そのため、銀行の不動産担保ローンは、借りて側にとってはハードルが高いとも言えます。
一方で、銀行の不動産担保ローンは、借入金利が割安の場合が多く、低金利で融資を受けられるというメリットもあるのです。

■ノンバンクの不動産担保ローン

ノンバンクの不動産担保ローンは、銀行の不動産担保ローンに比べ、審査に通りやすいという特徴があります。
ノンバンクは、銀行に比べると、審査がそれほど厳しく設定されていないからです。
ただし、審査が全くないという訳ではありませんよ。
一方で、銀行の不動産担保ローンに比べると、ノンバンクの不動産担保ローンは、金利が高めに設定されている場合が多いです。
それ以外にも、申込みから融資を受けられるまでの期間は、銀行に比べ、ノンバンクの方が短いため、早く融資を受けられるという特徴もあります。

今回のテーマは「不動産担保ローンは、どこで借りればいいの?」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンは大きく分けて銀行かノンバンクで借りることができます。
それぞれには、メリットやデメリットなど特徴がありますので、ご自身に合った方法を選ぶのが良いでしょう。
また、銀行やノンバンクと一言で言っても、その中でも金利や審査の条件にはバラつきがあることも知っておきましょう。
不動産担保ローンをご検討中の方は、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

不動産担保ローンの金利は、どのような項目によって決定されるのか

editor_tam

不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローンの金利は、どのような項目によって決定されるのか」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

当然ですが、不動産担保ローンで融資を受けるには、事前に金融機関による審査が行われます。
その審査の結果によって、融資の額や金利が左右されるのです。
では、金融機関はどのような項目をチェックしているのでしょうか。
本記事では、不動産担保ローンで融資を受ける際に、金融機関が主に審査を行う項目について、ご紹介したいと思います。

【1.信用力(収入など)】

まず、融資を受けるにあたって、融資先(借り入れる側)の信用力というのは、とても重要になってきます。
信用力を計る条件としては、個人であれば年収、企業であれば利益といった、収入が大きな要素となるのです。
また、収入だけでなく、過去のローン履歴や返済状況、年齢や勤続年数、法人であれば設立からの年数なども、信用力を判断する要素となります。
過去に、ローンの返済が滞ったことがあるという方は、信用度が低くなりますので要注意です。

【2.担保になる不動産の価値】

不動産担保ローンの場合は、担保となる不動産の価値も審査の対象となります。
担保となる不動産の価値は評価額と言い、評価額が高くなればなるほど、融資額が増やせたり、金利が低くなったりします。
これは、カードローンやビジネスローンなどの無担保ローンとは大きく異る審査項目ですね。

【3.担保掛目】

担保となる不動産の評価額に対して、金融機関が設定する比率のことを、担保掛目と言います。
担保掛目は、金融機関によって独自に設定されていますので、借り入れを行う金融機関によって異なりますが、一般的には80%程度に設定されていることが多いです。
担保掛目によって、融資限度額が決定しますが、限度額いっぱいまで借り入れを行うよりも、担保掛目を下げることで、金利を低くできる可能性があります。

【4.融資金の使いみち】

借りたお金を、どのように使用するのかということも、審査の対象となります。
そのため、融資を受ける際には、必ず金融機関から資金使途を聞かれます。
無担保ローンの場合は、基本的に融資金の使いみちは自由ですが、不動産担保ローンの場合は、資金使途の内容によっては、融資してもらえない可能性もあります。
ただし、金利を下げたいから、融資してもらいたいからと言って、嘘の申告を行うことは絶対にやめましょう。

【5.借入期間】

借入期間も、ローンの金利を決める要素の1つです。
金利固定型ローンの場合は、借入期間が長くなるとその分、金利が高くなります。
ただし、金利変動型ローンの場合は、基本的に借入期間によって、金利が大きく変更されるということはありません。
今回のテーマは「不動産担保ローンの金利は、どのような項目によって決定されるのか」についてでした。
不動産担保ローンを利用するうえで、金利がどのようにして決定しているのかを知っておくことは、大切です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

果たして過払い金が支払われた時は不動産担保ローンは難しいか

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「果たして過払い金が支払われた時は不動産担保ローンは難しいか」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

資金融資を受けようと考える方々の状況も、色々とあります。中には、過去にどこかの会社で借りていた方々も見られるでしょう。以前に消費者金融でお世話になっていた方々も、たまに居る訳です。

それで消費者金融などは、手数料が若干高めです。それゆえに、中には過払い請求を行った方々も見られます。

そういう方々が、不動産担保ローンを検討する事もたまにあります。消費者金融と比べても、手数料も低めになっていますし、大いに魅力的な商品ではあります。

ですが過払いになっていた方々は、たまに担保商品の審査で不安になっているのです。通るかどうかという問題があるでしょう。

しかし、過払いの場合は不動産担保ローンでは問題ありません。そもそも債務整理と言っても、色々手段はあるでしょう。他の破産手続きなどでは、確かに担保商品では難しい事があります。

しかし過払いは、金融会社としては特に問題視しないケースも多いです。そこはあまり気にせずに、申込みを行って問題無いでしょう。

不動産担保ローンをフル活用して赤字状況を回避する

会社によっては、大赤字の危機に直面している場合があります。資金繰りに関する問題点が生じて、倒産寸前になるという話は、たまにテレビで取り上げられる事もあるでしょう。

ところで不動産担保ローンによって、そういった危機を回避できる場合があります。不動産担保ローンは、借りるハードルはそれなりに低くなるケースもあるからです。

そもそもビジネスローンなどでは、財務状況によってはかなり難しい事があります。赤字の経営ですと、銀行では軒並み断られるケースも多いのです。

ところが担保商品の場合は、むしろ不動産の価値が重視される傾向があります。物件価値が大きいと判断された時には、たとえ赤字でも問題無い事もあるのです。

また担保商品の会社は、現状の問題点を解決する為に、かなり有益なアドバイスをしてくれる事もあります。担保商品を上手く活用し、意外とスムーズに赤字状況を乗り切れることもあるのです。

それを考えると、担保商品は多くの中小企業を助けてくれている存在とも言える訳です。

今回は「果たして過払い金が支払われた時は不動産担保ローンは難しいか」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

税金の未払があると不動産担保ローンは難しくなるのか

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「税金の未払があると不動産担保ローンは難しくなるのか」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンに対しては、たまに誤解が生じている場合があります。税金の未払に関する要素が関わる事があるからです。

そもそも税金は、人によってはたまに滞納しています。そういう状態では、難しいのではないかとの意見が浮上する事があるのです。

確かにカード商品などでは、税金に関する問題があると、借りるのが少々難しい事はあります。とりわけ滞納が生じていた時は、金融会社から返済力を疑われてしまいますから、少々難しい事はあるのです。

しかし不動産担保ローンはそうではありません。たとえ未納が発生していても、借りれるケースが多々あるのです。

基本的に担保商品では、未納分を減額して金額が入金される事になります。例えば滞納金額が20万前後で、担保商品での希望金額が50万の時には、そのまま50万が支払われる訳ではありません。20万を差し引いた、30万円が支払われる事になるのです。

差し引きは生じますが、決して借りられない訳ではありません。たとえ滞納が生じていても、金融会社に相談してみると良いでしょう。

果たして多重債務の状況では不動産担保ローンでは難しいか

借金でお悩みの方々は、たまに多重債務などで苦しんでいます。かなり多くの会社とお付き合いがありますから、少々難しいと思うケースもたまにある訳です。

実際確かにカード商品などでは、ちょっとそれでは難しい事があります。余り件数が多いと、カード会社としては難しいと考えるからです。

ところで不動産担保ローンは、そういう状況を解決してくれるケースが多々あります。なぜなら不動産担保ローンは、借り換え目的でも問題無いからです。

そもそもカード商品は、本来は借り換え目的で利用されるタイプではありません。どちらかと言うと、新規申し込みに向いた一面があるのです。それゆえに、断られるケースがしばしばあります。

ところが担保商品の場合は、基本的に借り換え目的でも構わない訳です。もちろん借り換えが可能なら、多少件数が多めであっても、1本にまとめる事が可能でしょう。現にそれで、手数料が大幅に軽減される事もありますから、担保商品は悪くない選択肢の1つと言えます。

今回は「税金の未払があると不動産担保ローンは難しくなるのか」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

果たして不動産担保ローンはどこがおすすめなのか

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「果たして不動産担保ローンはどこがおすすめなのか」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンを選びたいと思う方々は、しばしばおすすめの会社を気にしています。他の方々の意見を元に、おすすめローンを知りたいと思う事もあるでしょう。

どれがおすすめかは、やはり状況次第と言えます。例えばスピードが重視されるなら、ノンバンクが提供する不動産担保ローンを検討すると良いでしょう。

そもそも担保商品に関するスピードは、各会社によって微妙に異なります。一般的には銀行では、それなりに多くの時間を要する傾向があるのです。逆にノンバンクは比較的手続きが早いですから、銀行よりはおすすめと言えます。中には即日で融資可能なノンバンクもあるのです。

その逆もあります。人によっては手続きの早さというより、スピードを重視する事もあるでしょう。何か特別な事情があって、とにかく大きな資金が求められる事も珍しくありません。そういう時には、むしろ銀行の方がおすすめと言えるでしょう。

このようにどの商品がおすすめかは、やはりニーズ次第なのです。

不動産担保ローンの解約手数料は確認しておく方が良い

不動産担保ローンを利用するなら、少し気を付けておいた方が良い点があります。解約に関する問題があるからです。

そもそも一度契約した商品も、何か事情があって解約したいと思う事もあるでしょう。その際に発生する手数料などは、それなりに確認しておく方が良いのです。

ところで解約と言えば、携帯電話などもその1つに該当するでしょう。基本的には2年間は回線契約をするよう求められるキャリアが目立ちますが、2年以内に解約をした時には、原則として手数料を払う事になってしまうのです。数千円前後の手数料が生じるケースが目立ちますから、やはり契約時によく確認しておく姿勢が望ましいのです。

それで同じ事は、不動産担保ローンにも言えるでしょう。やはり解約時にまとまったお金が生じるとなると、後々になって困ってしまう可能性があります。

しかし担保商品では、必ず契約時に担当者から詳しく説明される事になるのです。そのタイミングで、解約手数料などはよくよく確認しておく方が無難でしょう。それでトラブルを避けられる事も多いからです。

今回は「果たして不動産担保ローンはどこがおすすめなのか」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンは自宅や土地などの不動産を担保としてお金を借りることができるローンです

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「不動産担保ローンは自宅や土地などの不動産を担保としてお金を借りることができるローンです」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンは自宅や土地などの不動産を担保としてお金を借りることができるローンです。

その特徴としては低金利で大口の借り入れができることや融資までには少々時間がかかること、返済が出来ない場合には不動産を失う事があります。

通常個人で借り入れをする時に利用するキャッシングとカードローンとの違いを比べると、キャッシングとカードローンは無担保で借りることができ、個人の信用力をもとにお金を貸すために担保を要求しませんが、不動産担保ローンは不動産を担保として提供します。それ以外には、ローン申込者の信用力や担保として提供する不動産の価値を見ます。

それをトータルしてまとまった資金の調達ができるようになります。担保として設定する不動産は本人名義でなくても両親や配偶者などの他人名義であっても担保として提供する事が可能です。

不動産を所有していて、まとまった資金が必要になった方にはとても有効と言えます。最近ではいろんな金融機関からサービスが提供されているため、情報収集が大事になります。

電話で状況が確認される事になる不動産担保ローン

借りる商品によっては、電話が1つのポイントになる場合があります。実は不動産担保ローンでは、意外とそれが軽視できないポイントになるのです。なぜなら、事実確認に関わってくるからです。

そもそも金融会社としては、金額に様々な確認は行う必要があります。事実を確認しなくては、限度額を設定する事も難しくなるからです。
ではどうやって事実を確かめるかというと、電話による聞き取りがあります。これは他の商品とは微妙に異なる点の1つです。

キャッシングなどでは、そうではありません。金融会社から特に電話も来ないで、手続きが進むケースが多々あります。しかし不動産担保ローンでは、それなりに大きな金額が動く事もあり、電話で慎重に確認するケースが多いのです。もちろん電話では、正しい情報を伝える必要があります。

それと電話の印象も、実は担保商品では大きなポイントになるでしょう。電話の印象があまり良くないと、借りられる金額が限定される事も多いからです。

今回は「不動産担保ローンは自宅や土地などの不動産を担保としてお金を借りることができるローンです」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンは担保に入れる不動産の価値を調査し融資を行うローン商品です

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「不動産担保ローンは担保に入れる不動産の価値を調査し融資を行うローン商品です」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンは担保に入れる不動産の価値を調査し融資を行うローン商品です。

このときに決定する融資額は不動産の価値に対し、7割ほどであることが多いです。

不動産の価値10割ではありませんが、元々不動産と言うのは担保の中でも価値が高いため高額な融資でも受けやすいです。

その代わりに住宅ローンの残っている物件を担保に入れる場合は注意が必要です。

もし2000万円の価値ある物件でも1800万円の住宅ローン返済が残っている場合、担保価値が下がってしまいます。

住宅ローンでは抵当権を設定するため、もし不動産担保ローンの会社が第二抵当で融資を行うと万が一の際は貸し倒れのリスクがあります。

住宅ローンは既に完済済みと言う場合なら、同じ物件でも不動産担保ローンから融資を受けやすいです。

最近ではインターネットで実際に取引された不動産の価格を調べることが出来るようになりました。

不動産の価値がどれくらいあり、不動産担保ローンからどれくらい融資が受けられるのか、事前に調べておきたいと言うときに便利です。
周辺の似たような不動産を選んで比較してみて下さい。

不動産担保ローンでは根抵当権を設定すると言う違いがあります

住宅ローンでは完成した建物に対し、抵当権を設定します。

もし住宅ローンの返済が出来なくなった場合、抵当権が実行されます。

差し押さえから競売にかけて処分されてしまうと言うことです。

不動産担保ローンでは根抵当権を設定すると言う違いがあります。

もし通常の抵当権の設定だと借入するたびに手続きしないといけないです。

手続きが煩雑となってしまいますが、根抵当権の場合はそんな煩雑さが無いと言うメリットがあります。

不動産担保ローンで設定された限度額の範囲で借入と返済が繰り返し行えます。

一般の方ではあまり借入と返済を繰り返さないことのほうが多いです。

しかし事業性資金に使いたい個人事業主様や中小企業様だと、繰り返し借入と返済を行うことが多いです。

不動産担保ローンを利用する前に既に根抵当権が付いていると、融資額などの条件が悪くなることがあります。

事前に根抵当権が付いているかどうか確認して下さい。

根抵当権でも返済が出来なくなった場合は差し押さえされてしまいます。

特に自宅を担保に入れる場合は十分無理のない計画を立てることが大切です。

今回は「不動産担保ローンは担保に入れる不動産の価値を調査し融資を行うローン商品です」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

完済時の最大年齢がかなり高めな不動産担保ローン

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「完済時の最大年齢がかなり高めな不動産担保ローン」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンは、年齢に関して明確な特長があります。かなり高めに設定されているからです。

そもそも融資関連の商品は、年齢に関する上限があります。高年齢の方々でも、借りれるとは限りません。

それでカード商品などは、年齢が65歳くらいに設定されているケースが目立ちます。もちろんカード会社によっても異なりますが、おおむね60代が1つの目安と考えて良いでしょう。

ところが冒頭でも述べた不動産担保ローンは、少し状況が異なってくるのです。確かに新規借入れ時は、65歳前後が最大と設定されているケースは目立ちます。

しかし、それは新規借入れに関する話です。もちろん担保商品では、完済を目指していく事になるでしょう。その年齢が、他のカード商品と比べてもかなり高めなのです。80代に設定されている商品は、かなり珍しいです。

借りようと考える方々の中には、ちょっと年齢が高めな事もあるでしょう。そういう状況でも安心して借りられる点は、担保商品のメリットと言えます。

不動産担保ローンから融資を受ける際に気になるのが団体信用生命保険です。

団体信用生命保険は住宅ローンでは加入するのが一般的となっています。

団体信用生命保険に加入しておくと、万が一契約者が死亡または高度障害になっても保険金が下ります。

その保険金で住宅ローンの残高全て賄えるため、家族に高額な住宅ローンが残ると言うことが無いです。

不動産担保ローンでは団体信用生命保険への加入が必要なもの、必要ないものと分かれます。

加入が必要な場合でも保険料の負担は無いことが多いです。

加入が必要でない不動産担保ローンの場合は生命保険に加入すると言う方法もあります。

特に高額な融資を受ける場合は返済期間が長くなるため、途中で何が起こるか分からないです。

その他にも注意したいのが建物の火災です。

担保に入れた建物に火災が起こると大幅に担保価値が下がってしまいます。

不動産担保ローンでは火災保険に質権の設定を行う場合があります。

これは建物に万が一被害があった場合は優先的に火災保険からの保険金を受け取りできると言う権利です。

火災保険への質権は不動産担保ローンの利用者にとってもメリットがあるため、火災保険にも加入しているかどうか事前に確認して下さい。

今回は「完済時の最大年齢がかなり高めな不動産担保ローン」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

売掛金売却と違って手続きは早い不動産担保ローン

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「売掛金売却と違って手続きは早い不動産担保ローン」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

多くの企業では、売掛金を抱えています。それで最近の売掛金はちょっと特殊で、売却をする事も可能なのです。現にそれで資金を調達する法人も、最近では増えてきています。

売掛金の売却は、返済に関するメリットがあります。いわゆる融資商品とは違いますから、それなりにリスクを低く抑える事が可能です。

ですがそれよりは、むしろ不動産担保ローンが良いでしょう。なぜなら売掛金売却は、早さに関するデメリットがあります。

確かにそれはリスクは低めに抑えられますが、肝心のお金を調達できるまでは、若干時間を要する傾向があるのです。商品によっては、それこそ数週間ほどかかるケースもあります。

ところが不動産担保ローンでは、もう少し早く資金を確保する事が可能です。銀行では若干時間を要する傾向はありますが、ノンバンク関連の会社などは、それなりに手続きも早く済む傾向があります。

したがって早さを求めるなら、売掛金を売却するよりは、むしろ担保商品が良いでしょう。

税金のためのお金を不動産担保ローンで調達する

税金に関する悩みを抱えている方々は、世間ではとても多いです。かなりそれが重たく感じられるので、金額を何とかしたいと思う事もあるでしょう。税金が大きな時には、手持ち資金が不足するケースもよくあります。

ところで税金の問題点は、不動産担保ローンで解決出来る場合があります。なぜなら、不動産担保ローンで借りてみる選択肢があるのです。

たとえある時に、納税額が100万円だとします。それだけ大きな金額を支払うのは、かなり重たく感じられる事があるでしょう。手持ち資金が80万しか無い時などは明らかに不足が生じる事になります。

ところが上記の担保商品で資金捻出をすると、何とかなるケースも目立つのです。とりあえず銀行に相談して、20万を捻出する方法もあるでしょう。

それで担保商品の場合は、借りやすさに関するメリットがあります。カード商品と比べても、比較的通りやすい傾向はあるのです。もちろん不動産物件の価値には左右されます。

したがって税金を何とかしたい時は、ちょっと担保商品を検討してみると良いでしょう。

今回は「売掛金売却と違って手続きは早い不動産担保ローン」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

地方銀行による不動産担保ローンと手数料に関するメリット

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「地方銀行による不動産担保ローンと手数料に関するメリット」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンは、色々な金融会社が取り扱っています。何も大手の銀行だけではありません。

ところで不動産担保ローンを検討する方々は、しばしば手数料などを気にしています。長期間にわたって借りたい時などは、手数料は大切なポイントになるでしょう。

ところで手数料に関する状況は、各金融機関によって異なるのです。それゆえに、地方銀行などに着目してみる選択肢があります。

一般的にメガバンクによる担保商品などは、総じて手数料が高めになる傾向があるのです。またネットバンクでも担保商品を取り扱っていますが、やはり総じて手数料は高めになります。

ところが地方銀行の場合は、微妙に状況が異なってくるのです。様々な理由があり、地方銀行では担保商品の手数料を低めに設定しているケースが目立ちます。大手の銀行と比べると、かなり差が大きい事もあるのです。

したがって現在の住所から特に引っ越しをする予定も無く、手数料を抑えて借りたいと思うなら、地方銀行での契約を検討するのも一法と言えます。

ビジネスローンより返済期間を長く設定可能な不動産担保ローン

融資関連の商品によっては、期間に関する縛りが生じる場合があります。特に事業目的の商品などは、そういう傾向が多々あるのです。

法人などは、たまに運転資金を求める事があります。それで法人によっては、できるだけ長期で借りたいと思うケースもある訳です。

ところがビジネスローンなどでは、返済期間がかなり短めに設定されている傾向があります。それゆえに、やや不便だと感じられる事があるのです。

しかし不動産担保ローンは、そうではありません。不動産担保ローンという商品は、返済期間をかなり長めに設定できる特長があります。

それを具体的にどれ位に設定できるかは、それこそ融資商品次第と言えます。数十年ほどの長さで設定できる商品も、数多く見られるのですが、少なくともビジネスローンよりは長めと言えるでしょう。

したがって何とかお金を確保したいと考える法人などは、その返済期間に魅力を感じて、担保商品でお金を調達するケースも珍しくありません。

今回は「地方銀行による不動産担保ローンと手数料に関するメリット」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンのメリットにはまずは低金利であるというメリットがあります

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「不動産担保ローンのメリットにはまずは低金利であるというメリットがあります」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンでは、自宅土地などの不動産を担保としてお金を借りれるローンですが、最近では、人気の傾向にあるローンであるといえるでしょう。

不動産担保ローンのメリットにはまずは低金利であるというメリットがあります。

今は、不況の時代であるがため、なるべく低い金利で借り入れをしたいという方も多いです。しかし、低金利で、さらに大口の借り入れも可能であることから、メリットが豊富であるといえるでしょう。

しかし、デメリットもあります。まず、融資にまで時間がかかってしまうということがデメリットの一つに挙げられます。不動産や土地などを担保にして借り入れをするため、どうしても審査が厳しくなってしまいがちです。

このため、借入まで時間がかかることも多いのです。また、もしも返済ができなかったり、返済が滞ってしまった場合には、不動産や家を失ってしまうかもしれないといったリスクがあります。これがデメリットとなりますので、頭に入れておく必要があります。

不動産担保ローンで借りられる額に影響する他社金額

不動産担保ローンで借りようと考える方々は、とにかく金額を気にする事が大変多いです。何せ事業資金では、それなりに大きなお金を動かすでしょう。

まして金額次第では、プロジェクト等に対応できない事もあります。具体的にどれだけ借りれるか、心配している方々も多い訳です。

基本的にそれは、現在の借入金額などに左右されると考えて良いでしょう。なぜなら、たまに大きな金額で借りている方々も見られるからです。

例えば、他のキャッシング会社などです。何か個人的な事情があって、キャッシング会社でまとまった金額を借り入れ中の方々も、たまに見られます。そういう状況ですと、不動産担保ローンで借りれる金額は、やや限定される事はあるのです。特にノンバンク等では、それなりに限定されると考えて良いでしょう。

逆に特にどこの会社でも借りていない方々などは、満額で借りられる可能性は高まります。他社状況などは、担保商品の金額を大きく左右する傾向があるのです。

今回は「不動産担保ローンのメリットにはまずは低金利であるというメリットがあります」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

果たして売却前提の不動産担保ローンにはどういうメリットがあるか

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「果たして売却前提の不動産担保ローンにはどういうメリットがあるか」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンには、多彩なタイプがあります。

基本的に担保商品は、売却に関するデメリットはあるでしょう。万が一の時には、マイホームが売られる可能性はあるのです。

ところが、中には売却を前提とした不動産担保ローンがあります。それには様々なメリットがあるのですが、まず総量規制に関する点です。

そもそも人々が金融会社から借りれる金額には、限界値があります。原則的には年収の3割前後に限定されるでしょう。

ところが売却前提の担保商品の場合は、その対象外になる訳です。それだけ大きな金額で借りられる点は、売却前提の商品に関するメリットと言えます。

それと返済に関するメリットがあります。売却前提になる以上は、基本的に返済は不要になるのです。最終的に物件が売却される事になりますから、毎月負担を大きく減らせるメリットもあります。

したがって大きな金額で借りたかったり、毎月の返済が少し気になる時には、売却前提の担保商品を検討すると良いでしょう。

果たして住宅ローンで融資を受けている最中でも不動産担保ローンで借りれるか

融資を受けようと考える方々は、しばしば現在の返済状況などを気にしています。特に住宅ローンなどを利用中の方々は、それを気にするケースも多いのです。

例えば、銀行から融資を受けたいと思う事はあるでしょう。しかし、住宅ローンを利用中ですと難しい事があります。既に完済済みなら銀行で借りれるケースも多いのですが、また借入れ中ですと、審査否決になるケースも多々あるのです。

そういう時には、やはり不動産担保ローンを検討すると良いでしょう。確かに不動産担保ローンでも、他商品の状況などは確認される事になりますが、正直それほど重要度は高めではありません。

担保商品では、むしろ不動産の物件価値などが確認される事になります。万が一の時に強い物件の場合は、銀行でも比較的スムーズに貸してくれるケースが多いのです。多くの方々にとっては、それは非常に嬉しいでしょう。

したがって現在住宅ローンで借りていて、ちょっとまとまったお金が必要な時には、担保商品を検討してみるのも一法です。

今回は「果たして売却前提の不動産担保ローンにはどういうメリットがあるか」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。