不動産担保ローン審査

【初めての不動産担保ローン④】申し込みに必要な書類とは

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「【初めての不動産担保ローン④】申し込みに必要な書類とは」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

初めて不動産担保ローンを利用するという人は、様々な疑問や不安を抱えていることでしょう。
そこで、前回に引き続き【初めての不動産担保ローン】と題し、不動産担保ローンについて詳しく解説していきたいと思います。
第4回目は、不動産担保ローンを利用する際に必要な書類について、ご紹介していきます。

【不動産担保ローンで必要になる書類】

不動産担保ローンを申し込む場合、様々な書類を用意して提出する必要があります。

■本人確認書類

運転免許証やパスポートなど、顔写真付きの本人確認書類は必ず必要になります。
時々、本人確認書類の有効期限が切れていたということがありますので、事前に確認しておいてください。

■収入証明書

収入証明書は、返済能力の有無を確認するために必要になることがあります。
すぐに準備できるようにしておくといいですよ。
会社員の場合は、勤めている会社に確認しておきましょう。

■住民票

基本的には、家族全員分が記載されている住民票が必要になります。
住民票にも有効期限がありますので、有効期限内のものを用意しておきましょう。

■権利証や登記識別情報通知書

権利証や登記識別情報通知書は、担保にいれる不動産の所有者を証明するために必要になります。
普段は使用することのない書類ですので、どこにしまってあるか再度確認し、すぐに提出できるように準備しておくと安心です。

■実印と印鑑証明

契約の際には、実印と、印鑑証明が必要になります。
印鑑証明書は、市役所や区役所、町や村の役場で取得可能です。

■不動産の登記簿謄本の登記時事項証明書

担保に入れる不動産について、どこにあるのかなどの詳細を確認するための書類です。
法務局で取得することができます。

■土地図面や建物図面

登記簿謄本の登記時事項証明書も、法務局で入手することができます。
これらの書類では、土地の境界や区画、建物の詳細について確認します。

■固定資産税納付証明書

固定資産税を納めていることを確認するために、固定資産税納付証明書や、納税通知書等の書類が必要になる場合があります。

■売買契約書

売買契約書や、重要事項説明書等の提出を求められるがことあります。
念のために保管場所を確認しておきましょう。

■借入残高証明書

他のローンがある場合には、借入残高証明書や借入返済予定表などが必要になることもあります。
準備しておきましょう。

今回のテーマは「【初めての不動産担保ローン④】申し込みに必要な書類とは」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンを利用する場合には、様々な書類が必要になります。
必要な書類は、申込者の現状や、申込みをする金融機関やローン会社によっても異なりますが、基本的には今回ご紹介したような書類が必要になる可能性が高いです。
たくさんの書類が必要になるのは、面倒だと感じる方もいるかもしれませんが、その分、低金利で借りられるというメリットがありますよ。
不動産担保ローンの利用をご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

【初めての不動産担保ローン③】〜申し込みから融資までの流れ〜

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「【初めての不動産担保ローン③】〜申し込みから融資までの流れ〜」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

初めて不動産担保ローンを利用するという人は、様々な疑問や不安を抱えていることでしょう。
そこで、前回に引き続き【初めての不動産担保ローン】と題し、不動産担保ローンについて詳しく解説していきたいと思います。
第3回目は、不動産担保ローンを利用する際の、申込みから融資までの流れについて、ご紹介していきます。

【不動産担保ローンの申込みから融資までの流れ】

不動産担保ローンの申込みから融資までの流れは、利用する金融機関やローン会社によって異なる場合もありますが、基本的には下記のような流れで進むことが多いです。

■1.仮審査/h3>
まずは、仮審査の申し込みを行います。
金融機関やローン会社のホームページから、申し込むことができます。
あくまでも、仮審査ですので、この審査に通ったからといって、必ず融資が受けられるというわけではありません。

■2.面談・申し込み

仮審査に通れば、担当者と面談を行います。
面談で、互いに問題がなければ申し込みを行います。
面談で、話を聞いてみて、申込みを行わないということも可能です。
また、疑問や不安については面談時に確認することをオススメします。

■3.審査

本申込みを行うと、審査に進みます。
審査では、不動産の現地調査などを行います。
不動産担保ローンでは、担保にいれる不動産の価値によって融資限度額が変わってきますので、審査はとても大切なポイントとなります。

■4.契約

審査に通ると、本契約となります。
審査の結果、融資不可となった場合は、契約はしません。

■5.融資

本契約から、3〜7日程で、融資金を受け取ることができます。
銀行に比べ、ローン会社の方が、申込みから融資金の受け取りまでの時間が早い傾向があります。

今回のテーマは「【初めての不動産担保ローン③】〜申し込みから融資までの流れ〜」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンを利用する場合は、審査が必要になります。
仮審査や面談をしたからといって、必ず契約をする必要があるというわけではありませんので、まずは仮審査を受けられてみることをオススメします。
不動産担保ローンの利用を、ご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

【初めての不動産担保ローン②】不動産担保ローンはどこで借りられるの?

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「【初めての不動産担保ローン②】不動産担保ローンはどこで借りられるの?」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

初めて不動産担保ローンを利用するという人は、様々な疑問や不安を抱えていることでしょう。
そこで、前回に引き続き【初めての不動産担保ローン】と題し、不動産担保ローンについて詳しく解説していきたいと思います。
第2回目は、不動産担保ローンはどこで借りられるのかということについてです。

【不動産担保ローンを提供しているところ】

不動産担保ローンを提供しているところは、大きく分けて2種類あります。
ここでは、それぞれの特徴について、ご紹介します。

■銀行系金融機関

まず1つ目は、銀行系の金融機関です。
大手銀行はもちろん、地方銀行や信託銀行、ネット銀行など様々な銀行で、不動産ローンを取り扱っています。
銀行によって、不動産担保ローンの中身は大きく異なりますが、中には融資金の使いみちを限定している銀行もあります。
銀行系金融機関の不動産担保ローンの特徴は、ローン審査が厳しいという点です。
審査が厳しいことはデメリットですが、メリットもあります。
銀行系金融機関の不動産担保ローンは、比較的金利が低い傾向があります。
金利が低いということは、その分、返済総額も少なくなりますので、大きなメリットですね。

■ノンバンク系

2つ目は、ノンバンク系です。
ノンバンク系とは、ローン会社などのことです。
ローン会社などのノンバンク系で不動産担保ローンを利用する場合のメリットは、審査に通りやすいという点です。
もちろん審査はありますが、銀行に比べると、比較的緩いため、通りやすいという特徴があります。
さらに、申込みから融資までにかかる日数も銀行に比べて短いです。
一方で、金利は銀行に比べると少し高めに設定されているケースが多いです。
しかし、不動産担保ローンですので、カードローンやビジネスローンなどの無担保ローンに比べると、金利は安くなります。

今回のテーマは「【初めての不動産担保ローン②】不動産担保ローンはどこで借りられるの?」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンは、銀行系の金融機関だけでなく、ノンバンク系のローン会社等でも取り扱っています。
不動産担保ローンを、どこで借りれば良いか悩んでいるという方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不動産担保ローンを利用するなら知っておきたい”審査のポイント”

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローンを利用するなら知っておきたい”審査のポイント”」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産を担保にして融資を受けることができるローンを、不動産担保ローンと呼びます。
不動産担保ローンは、カードローンやフリーローンなどの無担保ローンに比べ、低金利で高額な融資を受けることができるというメリットがあります。
ただし、不動産担保ローンを利用するためには、審査に通らなければいけません。
そこで今回は、不動産担保ローンの審査のポイントについて、ご紹介したいと思います。

【不動産ローン審査の2つのポイント】

不動産担保ローンの審査には、2つのポイントがあります。

■不動産の評価額

1つ目は、担保となる不動産の評価額です。
つまり、担保となる不動産の価値によって、融資が可能かどうかや、借入限度額などが異なってくるのです。
もちろん、担保となる不動産の評価額が高ければ、借入限度額も高くなります。

■債務者の属性

2つ目は、債務者の属性です。
債務者の属性とは、融資を受ける人(申込者)の勤務先や勤続年数、収入や年齢、借入状況や返済状況などのことです。
これらの状況から、金融機関は返済の見込みがあるかということを判断します。

【不動産担保ローンの審査を通過するためには】

不動産担保ローンの審査を通過するためには、評価額の高い不動産を担保に入れるということです。
例えば山奥の土地や、あまり価値のない物件、売れにくい家などは、評価額が低くなります。
また、できるだけ多くの情報を提出することも大切です。
もちろん嘘の情報はいけません。
他にローンがある場合や、これまで返済が滞ったことがあるなど、不利な条件であっても融資を受けられる可能性もあります。
しかし、嘘をついてしまうと、融資を受けられなくなる可能性が高いですので、金融機関の質問には正確に正直に答えましょう。

今回のテーマは「不動産担保ローンを利用するなら知っておきたい”審査のポイント”」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンの審査には、2つのポイントがあります。
不動産担保ローンの利用を、ご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不動産担保ローン〜融資までの流れ〜

editor_tam

不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローン〜融資までの流れ〜」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

まとまった資金が必要な時、ローンの利用を検討される方も多いでしょう。
ローンには、様々な種類がありますが、不動産を所有(家族名義でもOK)している場合には、不動産担保ローンがオススメです。
そこで今回は、不動産担保ローンがオススメな理由や、融資までの流れについて、ご紹介したいと思います。

【資金調達に不動産担保ローンがオススメの理由】

資金調達に不動産担保ローンがオススメの理由は、大きく分けて3つあります。

■低金利

まず1つ目は、低金利で借りることができるという点です。
金利が高ければ、その分、返済額が多くなりますので、ローンはできるだけ低金利な方がいいですよね?
不動産担保ローンの場合は、カードローンやフリーローンなどの無担保ローンに比べ、低金利で融資を受けることができますよ。

■多額の融資を受けやすい

不動産担保ローンは、融資限度額が大きいという特徴もあります。
ただし、担保に入れる不動産の価値によって、融資限度額は決まりますので、不動産の価値が低い場合には、融資額も低くなる可能性もあるため注意が必要です。

■長期間借りることができる

不動産担保ローンは、返済期間を長期に設定することができます。
返済期間を長期に設定することで、月々の負担を減らすことができますよ。

【不動産担保ローンの融資までの流れ】

不動産担保ローンの融資までの流れは、申し込みを行なう金融機関やローン会社によっても異なりますが、ここでは一般的な融資までの流れを、ご紹介します。

■融資までの流れ

1.電話やメールなどでの問い合わせ
2.不動産担保評価
3.必要書類を揃えて申し込み
4.審査
5.契約
6.融資受け取り

基本的には、上記のような流れで、不動産担保ローンを利用します。
申し込みから融資までは、約1週間程度の期間が必要なことが一般的ですが、書類の不備などがあれば、時間がかかる可能性もありますので、注意しましょう。

今回のテーマは「不動産担保ローン〜融資までの流れ〜」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンには、様々なメリットがあります。
また、比較的簡単に利用することができますので、ローンの利用をご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不動産担保ローンは専門会社がオススメな理由

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローンは専門会社がオススメな理由」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンを利用する場合、大きく分けて「銀行の不動産担保ローン」と「ノンバンクの不動産担保ローン」から選ぶことができます。
どちらの不動産担保ローンを利用するかは、融資を受ける人の自由ですが、オススメは不動産担保ローンの専門会社です。
そこで今回は、不動産担保ローンを利用するなら専門会社がオススメな理由について、ご紹介したいと思います。

【理由1.専門性が高い】

まず、1つ目の理由として、不動産担保ローンの専門会社の場合は、専門性が高いことによるメリットがたくさんあります。
例えば、下記のようなメリットが挙げられます。
・対応力が高い
・審査のノウハウが高いため、審査に通りやすい
・低金利で融資を受けられる可能性が高い
・細かいニーズに対応してもらえる
・種類や商品が多い
・担当者の知識が多く、スキルがある

上記のようなメリットは、不動産担保ローンの専門会社ならではです。

【理由2.融資までのスピードが早い】

不動産担保ローンは専門会社がオススメな理由の2つ目は、融資までのスピードが早いということです。
一般的に、銀行の不動産担保ローンの場合は、申し込みから融資を受けるまでに、約1〜2週間の期間が必要です。
一方で、不動産担保ローン専門会社の場合は、融資までのスピードが早く、最短3営業日で融資を受けられます。
そのため、不動産を所有していて、すぐにまとまったお金が必要な方で、できるだけ低金利が良いという場合には、不動産担保ローン専門会社を利用するのがオススメです。
また、銀行の不動産担保ローンに比べ、不動産担保ローン専門会社の場合は、比較的審査に通りやすいという特徴もありますよ。

今回のテーマは「不動産担保ローンは専門会社がオススメな理由」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンローンは、銀行とノンバンクの2種類がありますが、オススメは、不動産担保ローンの専門会社です。
専門性の高さや、融資までのスピードが早いことが、理由として挙げられます。
不動産担保ローンの利用をご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不動産担保ローン利用の流れや資金調達までに必要な時間

editor_tam

不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローン利用の流れや資金調達までに必要な時間」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンは、所有する土地や建物などの「不動産」を担保にして資金の借入を行ないます。
フリーローンやカードローンのような無担保ローンに比べ、不動産担保ローンには下記のようなメリットがあります。

・高額な資金を借入できる
・金利が低い
・長期間の借入が可能

上記のようにメリットの多い、不動産担保ローンですが、有担保ローンですので、審査が必要です。
そのため、フリーローンやカードローンよりも利用に手間や時間がかかるのでは?と思っている人も多いでしょう。
そこで今回は、不動産担保ローンを利用する場合の、申し込みから融資金を受け取るまでの流れや、借入までにかかる時間について、ご紹介したいと思います。

【不動産担保ローン利用の流れ】

不動産担保ローン利用の細かい流れについては、申し込む金融機関やローン会社によっても異なります。
ここでは、一般的な不動産担保ローン利用の流れについて、ご紹介します。

1.申し込み
2.不動産調査
3.審査
4.契約
5.融資金の受け取り

基本的には上記のような流れで、不動産担保ローンを利用することができます。

【不動産担保ローンで資金調達までに必要な時間】

次に、不動産担保ローンの資金調達までに必要な時間について、ご紹介します。
融資受け取りまでに必要な期間についても、利用する金融機関やローン会社によって異なります。
一般的には、金融機関よりもローン会社の方が、融資までに必要な期間が短い傾向にあります。
不動産担保ローンでは、不動産調査や審査、契約など、融資金の受け取りまでに、様々な過程がありますので、融資までに約1〜2週間かかることが多いです。
しかし、ローン会社などによっては、スピード融資を行っているところもあります。
早ければ、3日以内に融資金を受け取ることができる会社もあるのです。
ただし、提出する書類などに不備があった場合などは、融資までの時間が長くなってしまうこともありますので、早く融資を受けたい場合は、注意が必要です。

今回のテーマは「不動産担保ローン利用の流れや資金調達までに必要な時間」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンは、不動産調査や審査が必要になるため、カードローンやフリーローンよりも融資までに時間がかかりますが、スピード融資を行っているローン会社もあります。
不動産担保ローンをご検討中の方は、今回の記事を、ぜひ参考にしてみてくださいね。

不動産担保ローン審査の主なチェック項目とは

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローン審査の主なチェック項目とは」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産を担保に入れてお金を借りることができる不動産担保ローンを利用するには、審査が必要です。
申し込む金融機関やローン会社によって、細かい審査項目は異なりますが、必ず審査対象になる項目もあります。
そこで今回は、不動産担保ローン審査で基本となるチェック項目について、ご紹介したいと思います。

【チェックポイント1:担保に入れる不動産の価値】

まず、不動産担保ローンの審査で必ずチェックされる項目の1つに「担保に入れる不動産の価値」が挙げられます。
不動産担保ローンを利用する場合は、担保に入れる不動産が必要です。
これは、どのような不動産でも良いということではありません。
担保に入れる不動産にある程度の価値が無ければ、お金を借りることは難しいです。
貸主(金融機関やローン会社)は、借主が万が一、返済できなくなった場合、担保に入れている不動産を売却して、融資金を回収します。
その際、担保となる不動産に価値が無かったり、売れない不動産だったりすると、融資金を回収することができません。
そのため、価値の無い(低い)不動産では、不動産担保ローンが利用できないのです。
担保となる不動産に、どれぐらいの価値があるのかは、不動産担保ローン審査で、必ずチェックされる項目となります。

【チェックポイント2:他借入や滞納の有無】

不動産担保ローンの審査では、他に借入があるかどうか、ローンや税金の未納や滞納、返済遅延などの履歴があるかどうかもチェックポイントとなります。
もちろん、他の借入や滞納などが全く無いのが一番ですが、他に借入があったからと言って、不動産担保ローンが利用できないということではありません。
借入の状況によって、審査に通ることもありますし、通らない可能性もあります。
また、ローンや税金の未納や滞納なども、状況によっては、審査に通らない原因となりますので、注意が必要です。

【チェックポイント3:雇用形態や勤続年数】

借入を行なう人の、雇用形態や勤続年数なども審査の項目に含まれます。
ただし、正社員でなければ利用できないという訳ではありません。
安定した収入があると判断できれば、不動産担保ローンを利用できる可能性が高くなります。
そのため、定年退職して年金暮らしの場合でも利用できる不動産担保ローンもあるのです。
勤続年数は2年以上が目安ですが、これも絶対条件というわけではありませんので、まずは金融機関やローン会社に相談されることをオススメします。

今回のテーマは「不動産担保ローン審査の主なチェック項目とは」についてでした。
今回ご紹介した以外にも、返済負担率など、他のチェック項目もあります。
また、利用する金融機関やローン会社によっても、細かい審査項目は異なりますので、あくまでも参考と考えていただければと思います。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不動産担保ローンを選ぶ際のチェックポイントとは

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローンを選ぶ際のチェックポイントとは」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンには、様々な条件の商品があります。
金融機関やローン会社によって、条件が異なるのです。
そのため、不動産担保ローン選びは重要です。
そこで今回は、不動産担保ローンを選ぶ際のチェックポイントについて、ご紹介したいと思います。

【チェックポイント1:金利について】

不動産担保ローンを選ぶ際に、まず、チェックしておきたいポイントが「金利」についてです。
融資額が大きければ大きいほど、少しの金利の差であっても、返済総額が大きく異なってきます。
そのため、できるだけ低金利の業者を選びたいというのが借主の本音ですよね。
ただし、明らかに相場よりも金利が安すぎる場合は、注意が必要です。
そういった場合は、違法業者であったり、何かしらの条件がつけられていたりする可能性もあります。
金利が低いからといって、しっかりと確認せずに契約してしまうことのないようにしましょう。
また、固定金利なのか、変動金利なのかということも、きちんとチェックしておく必要があります。
一概に、どちらが良いとは言えませんが、それぞれについて、きちんと理解した上で、自分で納得のできる選択をすることが大切です。

【チェックポイント2:融資額について】

不動産担保ローンでは、無担保ローンに比べると、最高融資額が多くなる可能性が高いです。
ただし、その額は、金融機関やローン会社によって、異なります。
また、借主の状況や、担保に入れる不動産の価値などによっても、融資額は異なってきます。
そのため、複数の金融機関やローン会社に審査を申し込んでみるのが良いでしょう。
「無料審査」を行っている金融機関やローン会社もたくさんありますので、そういったものを利用してみるといいですよ。

【チェックポイント3:返済期間について】

返済期間も、金融機関やローン会社によって異なります。
一般的には、不動産担保ローンは長期間の返済期間の設定が可能な場合が多いですが、事前に確認しておく方がよいでしょう。
また、返済方法にも様々な種類があります。
それらも、事前に確認しておきましょう。

今回のテーマは「不動産担保ローンを選ぶ際のチェックポイントとは」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンは、金融機関やローン会社によって、条件や審査基準が大きく異なります。
そのため、不動産担保ローンを利用される際は、今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

【事業のための資金調達】不動産担保ローンと銀行融資の違いとは?

editor_tam

不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「【事業のための資金調達】不動産担保ローンと銀行融資の違いとは?」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

事業で必要な資金を調達するには、いくつかの方法があります。
資金調達=銀行融資と考える方も多いですが、実は他にも方法があるのです。
今回は、銀行融資と不動産担保ローンの違いについて、ご紹介したいと思います。

担保の必要性

まず、銀行融資と不動産担保ローンでは、担保の必要性が異なります。
通常、銀行融資で事業資金を調達する場合は、信用保証制度や日本政策金融公庫を利用しますので、基本的には無担保で融資を受けることができます。

一方で、不動産担保ローンの場合は、不動産を担保にして融資を受けるものですので、担保に入れることができる不動産が必要になるのです。

審査の基準となるもの

銀行融資と不動産担保ローンでは、審査基準も異なります。

銀行融資の場合は、主に事業実績を基準に、融資の可否を決定します。
そのため、銀行融資の審査には、事業の決算書や確定申告書を提出しなければいけません。

一方で、不動産担保ローンの審査は、担保にいれる不動産の価値が融資の可否や融資額、返済期間に大きく関係してきます。

担保に入れる不動産に、価値がなければ、不動産担保ローンで融資を受けることはできないのです。

資金の使用用途

銀行融資と不動産担保ローンでは、資金の使用用途も異なります。

銀行融資の場合は、資金の使い道が限定されていることが多く、決められた用途以外には使用できないことが一般的です。
例えば、事業の運転資金や設備投資などにしか、使用できないということ場合もあります。
また、設備投資のための資金として融資を受ける場合は、実際に設備を導入したことがわかる領収書などを提出しなければいけないこともあるのです。

一方で、不動産担保ローンの場合、融資を受けた資金は、自由に使うことができます。

例えば、税金の支払いなどに利用することもできるのです。

今回のテーマは「【事業のための資金調達】不動産担保ローンと銀行融資の違いとは?」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンと銀行融資は、担保の必要性や、資金の使い道など、様々な点において違いがあります。
事業のための資金調達を、ご検討中の方は、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不動産担保ローンで審査に落ちる理由とは

editor_tam

不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローンで審査に落ちる理由とは」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンは、その名の通り、不動産を担保にして融資を受けることです。
不動産を担保に入れることで、借入額が多くなったり、金利が安くなったりするメリットがある一方で、カードローンやフリーローンのような無担保ローンには無い「審査」に通る必要があります。

本記事を読んでいる人の中には、不動産担保ローンの審査を受けたけれど落ちてしまったという方もいるのではないでしょうか。
また、不動産担保ローンの審査に落ちたけれど理由がわからないという方も少なくないはずです。

そこで今回は、不動産担保ローンで審査に落ちる理由について、ご紹介したいと思います。

【担保にする不動産に価値がない(価値が低い)】

不動産担保ローンでは、万が一、借入れ主が返済できなくなった場合、金融機関やローン会社は、担保に入れていた不動産を処分(売却)することで、借入金の回収を行います。

そのため、担保に入れる不動産に価値がなかったり、価値が極端に低いという場合は、ローンに通らないのです。
例えば、田舎の山奥の土地など、全く買い手がないような不動産の場合、その不動産を担保にしてローンを組むというのは難しいでしょう。
不動産に価値が無く、不動産担保ローンを利用するのが難しい場合は、審査の必要がない、カードローンやフリーローンなどの無担保ローンを利用するという方法もありますよ。

【返済事故の経験がある】

金融機関では、顧客情報を共有する情報ネットワークがあります。
例えば、申込者が過去に債務整理や自己破産、返済遅延などをしたことがある場合、それらの情報は、実際に融資を受けた金融機関以外の銀行も調べることができるのです。
こういった返済事故がある場合、不動産担保ローンの審査に落ちる可能性が高いです。
ただし、基本的にこれらの情報は、契約終了後5年経過すると抹消されます。
そのため、事故情報が抹消されるのを待って、再度審査を申し込むといいですよ。

【申込者の信用度が低い】

申込者の信用度とは、勤続年数や他社借入額、返済負担率などから、金融機関が審査するものです。
例えば、まだ今の会社に入って半年以内であるという場合や、他社からの借入れが多いという場合は、信用度が低いと判断され、不動産担保ローンの審査に通らない可能性があるのです。

今回のテーマは「不動産担保ローンで審査に落ちる理由とは」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンには審査があり、場合によって落ちる可能性もあります。
審査に落ちた理由というのは開示されませんので、なぜ審査に落ちたのかわからず困っているという方も少なくないでしょう。
そういった場合は、今回ご紹介した理由に当てはまるところがないか確認してみてくださいね。
最後まで、お読みいただきありがとうございました。

【不動産担保ローン】審査が通りやすいのは銀行よりノンバンク?

editor_tam

不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「【不動産担保ローン】審査が通りやすいのは銀行よりノンバンク?」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンで、お金を借りる際、審査について気になるという方も多いでしょう。
不動産担保ローンは、不動産を担保に入れて融資を受けるのですが、カードローンやフリーローンと違い、審査に通る必要があります。

そこで気になるのが、審査の通りやすさですよね。
実は、審査の基準は、それぞれの銀行や会社によって異なります。

それであれば、できるだけ審査の通りやすいところで不動産担保ローンを利用したいと思う方も多いでしょう。

そこで今回は、審査が通りやすい不動産担保ローンについて、ご紹介したいと思います。

【不動産担保ローンの審査が通りやすいのはノンバンク系!】

結論から述べると、不動産担保ローンの審査は、銀行よりもノンバンク系の会社の方が通りやすい傾向があります。

銀行のみを比較した場合は、メガバンクよりも地方銀行の不動産担保ローンの方が、審査に通りやすいです。
また、ノンバンクで比較してみると、大手よりも中小系の会社の方が、審査に通りやすい傾向があります。

信頼度の高い、メガバンク(都市銀行)で不動産担保ローンを利用したい!と思う方が多いですが、審査の通りやすさを考えれば、地方銀行やノンバンク系の会社を選択するというのもいいですよ。

【ノンバンク系の中でも不動産担保ローン専門業者がオススメ】

ノンバンク系の不動産担保ローンと言っても、会社によって様々な事業形態があります。

例えば、法人向けにビジネスローンを取り扱っている会社や、個人向けにカードローンやフリーローンを取り扱っている会社などもあるのです。
ノンバンク系の中でも、特に審査に通りやすいのが、不動産担保ローンだけを専門に扱っている会社です。

不動産担保ローン専門の会社は、担保に入れる不動産の査定が正確にできることや、不動産担保ローンの融資経験が豊富ということもあり、審査に通る可能性が高くなります。

今回のテーマは「【不動産担保ローン】審査が通りやすいのは銀行よりノンバンク?」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンは、大手銀行よりも地方銀行、地方銀行よりもノンバンク系の会社の方が審査に通りやすいと言えます。
さらに、不動産担保ローンを専門に扱う会社は、審査に通りやすい傾向がありますよ。
不動産担保ローンで、資金調達をお考えの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不動産担保ローンの審査に落ちる人はいるの?落ちやすい人の特徴とは

editor_tam

不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローンの審査に落ちる人はいるの?落ちやすい人の特徴とは」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンは、不動産を担保に入れることで、低金利で比較的高額な借入れを行うことができるというメリットがあります。
その一方で、カードローンやフリーローンのような無担保ローンとは違い、審査を通過しなければいけません。
不動産担保ローンの利用を検討する際、審査に通るのかどうか不安という方は多いです。
実際に、不動産担保ローンの審査に落ちてしまったという方もいるのです。
そこで今回は、不動産担保ローンの審査に落ちやすい人の特徴について、ご紹介したいと思います。

【不動産担保ローンの審査に落ちやすい人の特徴】

ここでは、不動産担保ローンの審査に落ちる人の特徴を4つ、ご紹介します。

■書類に不備がある

不動産担保ローンを申し込む際や審査の際には、様々な書類が必要になります。
これらの書類に不備があると、審査に落ちる可能性もあるのです。
普段見慣れない書類も多いですが、1つ1つ確認しながら、不備の無い書類を提出するようにしましょう。

■不動産に関する税金が未納

不動産を所有している場合、一年に一度「固定資産税」を支払う必要があります。
担保に入れる不動産の「固定資産税」が未納の場合や滞納している場合は、不動産担保ローンの審査に落ちる可能性が高いです。

■担保に入れる不動産の価値が低すぎる

不動産担保ローンは、不動産を担保に入れて融資を受けます。
万が一、借り主が返済ができなくなった場合でも、金融機関や不動産担保ローン会社は、不動産を売却することで、貸した金額を回収するのです。
そのため、担保に入れる物件や土地に、ほとんど価値が無い場合や、価値が低すぎるといった場合は、審査に通らないことがあります。
つまり、売れない不動産、売れにくい不動産は、不動産担保ローンの担保には向いていないということです。

■住宅ローンが残っている

不動産担保ローンで、住宅を担保に入れる場合、まだ住宅ローンが残っていると審査に落ちる可能性があります。
ただし、住宅ローンに関しては、利用する金融機関によって審査基準が異なります。
そのため、住宅ローンが残っている不動産を担保にしていても審査に通ることもあるのです。
住宅ローンが残っている不動産を担保に入れる予定の場合は、事前に金融機関や不動産担保ローン会社に相談されることをオススメします。

今回のテーマは「不動産担保ローンの審査に落ちる人はいるの?落ちやすい人の特徴と」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンには審査があり、場合によっては落ちる可能性もあります。
不動産担保ローンの利用をご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

事前の準備が大切!不動産担保ローンで必要な書類とは

editor_tam

不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「事前の準備が大切!不動産担保ローンで必要な書類とは」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産を担保にしてお金を借りる「不動産担保ローン」を利用するには、様々な書類が必要です。
不動産担保ローンに必要な書類を知っておくことで、事前に準備ができ、スムーズにローン審査を受けることができます。
そこで今回は、不動産担保ローンに必要な書類について、ご紹介したいと思います。

【不動産担保ローンを申し込む際に必要な書類】

まずは、不動産担保ローンを申し込む際に必要な書類について、ご紹介します。

■本人確認書類

運転免許証やパスポートなどの写真が掲載された本人確認書類が必要です。
本人確認書類は有効期限が切れていないかを確認しておいてください。

■収入証明書

返済能力があることを確認するために、収入証明書を求められる場合があります。

■住民票

住民票は、家族全員が記載されているものを用意しておきましょう。

■権利証や登記識別情報通知書

担保にいれる不動産の所有者を証明するために、権利証や登記識別情報通知書が必要になります。

■実印と印鑑証明

契約書に押印する実印と、印鑑証明が必要になります。
印鑑証明書は、市役所や区役所、町や村の役場で取得可能です。

【不動産担保ローンの審査に必要な書類】

次に、不動産担保ローンの審査に必要な書類について、ご紹介したいと思います。

■不動産の登記簿謄本の登記時事項証明書

担保に入れる不動産について、どこにあるのかなどの詳細を確認するための書類です。
法務局で取得することができます。

■土地図面や建物図面

土地の境界や区画、建物の詳細を確認することができる図面も必要です。
これらの書類も、法務局で入手することができます。

■固定資産税納付証明書

固定資産税納付証明書や、納税通知書等、固定資産税を納めていることが確認できる書類も必要になる場合があります。

■売買契約書

担保に入れる不動産を購入した際の、売買契約書や重要事項説明書等の提出を求められることもあります。
どこに保管してあるか、予め確認しておきましょう。

■借入残高証明書

不動産担保ローンで借り入れを行う前に、他のローンを利用している場合は、借入残高証明書や借入返済予定表などの書類を用意しておいてください。

今回のテーマは「事前の準備が大切!不動産担保ローンで必要な書類とは」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンを利用する場合は必要な書類がたくさんあります。
借入を行う金融機関等によって、必要な書類は多少異なりますが、基本的には今回ご紹介したような書類が必要になると思っておいてください。
最後まで、お読みいただきありがとうございました。

無職でも不動産担保ローンで融資を受けることは可能なの?

editor_tam

不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「無職でも不動産担保ローンで融資を受けることは可能なの?」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

「まとまったお金が必要。手持ちのお金では足りないけれど、無職だし・・・」
「あ、不動産は持っている!この不動産を担保にお金を借りたい!」

このような状況は、ありませんか?
実際に、不動産を担保にしてお金を借りる「不動産担保ローン」は、無職の状態でも融資を受けることができるのでしょうか。
今回は、無職でも不動産担保ローンを利用できるのかどうかについて、ご紹介したいと思います。

【返済能力の有無が融資のカギ】

結論から述べると、無職でも状況によっては、不動産担保ローンで融資を受けることが可能です。
ただし、返済能力の有無が融資の可否を決める重要なポイントになってくるでしょう。
やはり、いくら不動産を担保にいれるとしても、全く返済能力が無い場合には、融資を受けるのは難しくなります。
無職でも返済プランがあり、それを提示することができるのであれば、融資を受けられる可能性は高いです。
ただし、銀行系の金融機関が行っている不動産担保ローンは、審査が厳しいため、無職では融資をしてもらえない可能性が高いです。
一方で、ノンバンク系の不動産担保ローンであれば、無職であっても返済能力があれば融資してもらえる可能性はありますよ。

【無職でも不動産担保ローンが借りられる可能性が高いケース】

返済能力の有無が、無職でも融資を受けられるかどうかのカギになることは前述しましたよね。
では、どういったケースであれば、無職でも不動産担保ローンで融資を受けられる可能性が高くなるのでしょうか。

■年金収入がある

定年退職をしていて無職であっても、年金収入があれば、不動産担保ローンで融資を受けられる可能性が高いです。
仕事はしていなくても、安定した収入源があるという判断になるからです。

■これから事業を始めようとしている

お金を借りる時点では、無職であっても、これから事業を始める予定で、きちんとした事業計画書などを提示できるのであれば、不動産担保ローンを利用できる可能性が高いです。
将来的に返済能力があるとみなされるからです。

■家賃収入がある

無職でも、所有しているビルやアパートの家賃収入があるという場合も不動産担保ローンを利用できる可能性が高いです。

■専業主婦または専業主夫である

専業主婦や専業主夫の方でも、配偶者に安定した収入があれば、不動産担保ローンで融資を受けることができる可能性が高いです。

今回のテーマは「無職でも不動産担保ローンで融資を受けることは可能なの?」についてでした。
今回ご紹介したように、無職であっても不動産担保ローンを利用して融資を受けることは可能です。
ただし、返済能力の有るということが条件になってきます。
無職だけれど、不動産担保ローンの利用を検討しているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不動産担保ローンは即日融資が可能?

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローンは即日融資が可能?」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

事業や個人の事情で、まとまったお金を用意しなければいけないこともありますよね。
手持ちのお金では足りない場合には、ローンを利用する必要がでてきます。
様々な種類があるローンの中でも、不動産担保ローンは、所有している不動産を担保にして融資を受けるため、比較的低金利で借りられるといったメリットがあります。
その一方で、カードローンなどのフリーローンに比べ、審査に時間がかかるという特徴もあるのです。
では、急いで資金を用意したい場合でも、不動産担保ローンは、即日融資を受けることができないのでしょうか。
今回は、不動産担保ローンの即日融資について、ご紹介したいと思います。

【即日融資をうたっている業者もあるが・・・】

結論から述べると、不動産担保ローンを取り扱っている会社の中には、即日融資をうたっている会社も存在します。
しかし、これはあくまでも、「最速の場合、即日」ということを理解しておきましょう。
つまり、即日融資には対応しているけれど、必ずしも即日融資を受けられるわけではないということなのです。

【不動産担保ローンは不動産価値の評価が必要】

不動産担保ローンは、カードローンなどのフリーローンと違い、不動産を担保として融資を受けます。
そのため、担保にする不動産価値の評価が必要なのです。
不動産評価によって、金利や融資額の限度が決定しますので、適当に評価されてしまっては困りますよね。
正確に不動産の価値を調べるためには、現地に調査員が出向いたり、不動産登記簿謄本の確認をしたりと、様々な工程が必要になってきます。
そのため、即日融資をうたっている場合でも、実際には即日融資を受けられない可能性が高いのです。

【不動産担保ローンで即日融資を受けるには】

不動産担保ローンで、即日融資を受けたい場合は、できるだけ即日融資に近づくように準備を行うことが大切です。
例えば、早い時間に申し込みを行ったり、事前に必要な書類を揃えておいたりすることで、即日融資を受けられる可能性が上がります。
もちろん、即日融資に対応している不動産担保ローン業者を選ぶことが前提ですよ。
中でも、不動産担保ローン専門の業者を選ぶというのもポイントです。
今回のテーマは「不動産担保ローンは即日融資が可能?」についてでした。

今回ご紹介したように、不動産担保ローンの即日融資を行っている業者もありますが、あくまでも最短の場合ということであって、基本的には即日融資は難しいと考えておくのがよいでしょう。
しかし、できる限りの準備をしておくことで即日融資を受けられる可能性を上げることができます。
即日融資が難しい場合でも、事前準備をしておくことで、融資を受けるまでの期間を短くすることに繋がりますのでオススメです。
ぜひ参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不動産担保ローンの仮審査と住宅ローンの仮審査の違い

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローンの仮審査と住宅ローンの仮審査の違い」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンには、仮審査や事前審査と呼ばれるものがあります。
住宅ローンにも本審査の前に行う仮審査がありますが、実は不動産担保ローンの仮審査と住宅ローンの仮審査は似ているようで中身は大きく異なります。
そこで今回は、不動産担保ローンの仮審査と住宅ローンも仮審査の違いについて、ご紹介したいと思います。

【必ず必要なのは住宅ローンの仮審査】

住宅ローンでは、本審査の前に仮審査が必ず必要なります。
つまり、仮審査を通過しなければ本審査を受けることができないのです。
住宅ローンを正式に申し込むには、不動産業者と物件の売買契約を交わしたあとでなければいけません。
しかし、売買契約を交わしたあとに住宅ローンが通らなければ大問題ですよね?
そういった問題を防ぐために、住宅ローンには必ず仮審査が必要となっているのです。
一方で、不動産担保ローンの場合は、仮審査を受けなくても直接、本審査を申し込むことができます。
不動産担保ローンでは、ローンを申し込む人はすでに不動産を所有しているため、売買契約のタイミングなどを考慮する必要がないからです。
必ず必要か、そうでないかというのも不動産担保ローンの仮審査と住宅ローンも仮審査の違いの1つだと言えます。

【不動産担保ローンの仮審査の役割とは】

不動産担保ローンの仮審査は、多くの場合、事前相談の役割に近いと言えます。
例えば、不動産担保ローンを検討中の人の中には、「実際に申し込む前に融資が可能なのか相談したい」という希望を持っている方も少なくありません。
不動産担保ローンの仮審査では、そういった方の相談を受ける役割を担っているのです。
正式に不動産担保ローンを申し込むには、様々な書類を用意しなければいけません。
それらの書類を揃えるには、手間も費用もかかります。
そして、それだけの手間と費用をかけて書類を用意しても必ずローンが通るというわけではないのです。
そのため、まずは仮審査で相談をするという方も多いのです。

今回のテーマは「不動産担保ローンの仮審査と住宅ローンの仮審査の違い」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンの仮審査と住宅ローンの仮審査には違いがあります。
ただし、仮審査が通っても本審査が通らない可能性があるということは、不動産担保ローンにも住宅ローンにも共通しています。
不動産担保ローンをご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

【不動産担保ローン】不動産評価のポイントとは

【不動産評価がプラスになるポイントとは】

まずは、不動産評価がプラスにないやすいポイントについて、2つご紹介します。

■公共交通機関の利便性

まずは、不動産の立地が評価に大きく関係してきます。
基本的には、最寄り駅から近いほうが、評価が高くなります。
特に、都市部では、公共交通機関の利便性が良いというのは、評価がプラスとなるポイントです。
一方で、地方の場合は、車移動が中心となることが多く、最寄り駅までの距離が評価に影響しにくいという特徴もあります。

■築年数

築年数も、不動産評価を決めるうえで重要なポイントです。
もちろん、築年数が浅い方が、評価が高くなります。
ただし、人気のエリアや、立地条件が良い場合は、築年数が古くても評価が下がりにくいです。
さらに、住宅の構造によっても評価が異なります。
例えば、木造よりも鉄筋コンクリートで建てられた不動産の方が、評価が高くなりやすいのです。
なぜなら、木造よりも鉄筋コンクリートの方が、建物の耐用年数が長いからです。

【不動産評価がマイナスになるポイントとは】

次に、不動産評価がマイナスになりやすいポイントについても、2つご紹介します。

■過疎化や少子化が進んでいる地域

立地は、不動産評価を決める上で重要なポイントですが、特に過疎化や少子化が進行し、人工が減少傾向にある地域にある不動産の場合、評価が下がりやすいです。
つまり、需要がない場所ということで、不動産自体の価値も下がってしまうのです。

■近隣に高速道路や火葬場などの建設予定がある

所有している不動産の近隣に、高速道路や火葬場、刑務所など、多くの方が近くに建設してほしくないと思っているような施設が建っている、または建つ予定があるといった場合には、評価が下がることがあるのです。

今回のテーマは「【不動産担保ローン】不動産評価のポイントとは」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンでは不動産評価が重要になってきます。
不動産評価は、主に立地や築年数が影響しています。
不動産担保ローンを、ご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただきありがとうございました。

不動産担保ローンは、どこで借りればいいの?

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローンは、どこで借りればいいの?」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産を担保として、融資を受けることができる不動産担保ローンですが、どこで借りることができるか、ご存知でしょうか?
今回は、不動産担保ローンを提供しいる機関について、ご紹介したいと思います。

【不動産担保ローンで融資を受けられるのは大きく分けて2種類ある】

不動産担保ローンを提供しいる金融機関は、大きく分けて2つあります。
1つ目は、銀行や信用金庫、信託銀行、信用組合などの地域金融機関です。
2つ目は、信販会社やクレジットカード会社、事業者金融などのノンバンクです。
融資だけでなく、預金の受け入れも行う銀行などの地域金融機関に比べ、ノンバンクは、預金の受け入れなどは行っておらず、融資だけを専門に行っているという特徴があります。

【銀行とノンバンク、不動産担保ローンで借りるならどっち?】

銀行とノンバンク、どちらも不動産担保ローンで融資を受けることができますが、どちらで借りるべきか迷いますよね。
ここでは、銀行とノンバンク、それぞれの不動産担保ローンの特徴について、ご紹介したいと思います。

■銀行の不動産担保ローン

銀行と一言で言っても、大手のメガバンクから地方銀行、ネット銀行など様々な形態の銀行があります。
ネット銀行や地方銀行でも、不動産担保ローンを提供している銀行はありますが、全ての銀行で取り扱っているという訳ではありません。
さらに、銀行によってローンの内容が大きく異なるという特徴もあります。
銀行によっては、融資金の使用用途が限られているという場合もあるのです。
それ以外にも、一般的に銀行の不動産担保ローンは、審査が厳しい傾向にあります。
借入を行う人の年齢や収入、勤続年数の他、担保とする不動産にも条件が設定されるケースが多いです。
そのため、銀行の不動産担保ローンは、借りて側にとってはハードルが高いとも言えます。
一方で、銀行の不動産担保ローンは、借入金利が割安の場合が多く、低金利で融資を受けられるというメリットもあるのです。

■ノンバンクの不動産担保ローン

ノンバンクの不動産担保ローンは、銀行の不動産担保ローンに比べ、審査に通りやすいという特徴があります。
ノンバンクは、銀行に比べると、審査がそれほど厳しく設定されていないからです。
ただし、審査が全くないという訳ではありませんよ。
一方で、銀行の不動産担保ローンに比べると、ノンバンクの不動産担保ローンは、金利が高めに設定されている場合が多いです。
それ以外にも、申込みから融資を受けられるまでの期間は、銀行に比べ、ノンバンクの方が短いため、早く融資を受けられるという特徴もあります。

今回のテーマは「不動産担保ローンは、どこで借りればいいの?」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンは大きく分けて銀行かノンバンクで借りることができます。
それぞれには、メリットやデメリットなど特徴がありますので、ご自身に合った方法を選ぶのが良いでしょう。
また、銀行やノンバンクと一言で言っても、その中でも金利や審査の条件にはバラつきがあることも知っておきましょう。
不動産担保ローンをご検討中の方は、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

不動産担保ローンのデメリットとは

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローンのデメリットとは」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

どのような物事にも、メリットとデメリットの両方が存在します。
それは、不動産担保ローンについても例外ではありません。
不動産担保ローンは、無担保ローンに比べ、低金利で借り入れできたり、借入限度額が大きくなったり、返済期間を長く設定できたりといったメリットがある一方で、デメリットも存在するのです。
そこで本記事では、不動産担保ローンのデメリットについて、ご紹介したいと思います。

【不動産担保ローンのデメリット】

不動産担保ローンには、下記のようなデメリットがあります。

■融資までに時間が必要

カードローンや、無担保のキャッシングサービスは、数分で審査が完了し、即日融資を受けることができます。
しかし、不動産担保ローンの場合、担保となる不動産の価値を評価する必要がありますので、融資までに時間がかかるのです。
一般的には、不動産の評価を行う審査には数日かかり、実際に融資を受けるまでには約1週間の期間が必要になってきます。
無担保ローンに比べ、すぐに融資を受けることができないというのは不動産担保ローンのデメリットだと言えるでしょう。

■手数料が発生する

カードローンで融資を受ける場合、基本的には手数料は発生しません。
しかし、不動産担保ローンの場合は、様々な手数料が発生します。
例えば、事務手数料や不動産鑑定費用、印紙代などの様々な手数料が必要になってくるため、場合によっては数十万円程度の手数料が必要になることもあります。(借入金額によっても異なります)

■返済できなくなると不動産を手放すことになる

不動産担保ローンでは、不動産を担保にして融資を受けるわけですから、万が一返済できなくなった場合は担保にしている不動産は売却され、そのお金から融資金や利息分を回収されることになります。
つまり、不動産担保ローンで返済ができなくなる(返済が不能だと判断される)と、担保にしている不動産を手放すことになるのです。

今回のテーマは「不動産担保ローンのデメリットとは」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンにはメリットもある一方でデメリットも存在します。
不動産担保ローンを利用する際はメリットだけでなく、デメリットも知った上で融資を受けるようにしましょう。
最後まで、お読みいただきありがとうございました。

不動産担保ローンの金利は、どのような項目によって決定されるのか

editor_tam

不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローンの金利は、どのような項目によって決定されるのか」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

当然ですが、不動産担保ローンで融資を受けるには、事前に金融機関による審査が行われます。
その審査の結果によって、融資の額や金利が左右されるのです。
では、金融機関はどのような項目をチェックしているのでしょうか。
本記事では、不動産担保ローンで融資を受ける際に、金融機関が主に審査を行う項目について、ご紹介したいと思います。

【1.信用力(収入など)】

まず、融資を受けるにあたって、融資先(借り入れる側)の信用力というのは、とても重要になってきます。
信用力を計る条件としては、個人であれば年収、企業であれば利益といった、収入が大きな要素となるのです。
また、収入だけでなく、過去のローン履歴や返済状況、年齢や勤続年数、法人であれば設立からの年数なども、信用力を判断する要素となります。
過去に、ローンの返済が滞ったことがあるという方は、信用度が低くなりますので要注意です。

【2.担保になる不動産の価値】

不動産担保ローンの場合は、担保となる不動産の価値も審査の対象となります。
担保となる不動産の価値は評価額と言い、評価額が高くなればなるほど、融資額が増やせたり、金利が低くなったりします。
これは、カードローンやビジネスローンなどの無担保ローンとは大きく異る審査項目ですね。

【3.担保掛目】

担保となる不動産の評価額に対して、金融機関が設定する比率のことを、担保掛目と言います。
担保掛目は、金融機関によって独自に設定されていますので、借り入れを行う金融機関によって異なりますが、一般的には80%程度に設定されていることが多いです。
担保掛目によって、融資限度額が決定しますが、限度額いっぱいまで借り入れを行うよりも、担保掛目を下げることで、金利を低くできる可能性があります。

【4.融資金の使いみち】

借りたお金を、どのように使用するのかということも、審査の対象となります。
そのため、融資を受ける際には、必ず金融機関から資金使途を聞かれます。
無担保ローンの場合は、基本的に融資金の使いみちは自由ですが、不動産担保ローンの場合は、資金使途の内容によっては、融資してもらえない可能性もあります。
ただし、金利を下げたいから、融資してもらいたいからと言って、嘘の申告を行うことは絶対にやめましょう。

【5.借入期間】

借入期間も、ローンの金利を決める要素の1つです。
金利固定型ローンの場合は、借入期間が長くなるとその分、金利が高くなります。
ただし、金利変動型ローンの場合は、基本的に借入期間によって、金利が大きく変更されるということはありません。
今回のテーマは「不動産担保ローンの金利は、どのような項目によって決定されるのか」についてでした。
不動産担保ローンを利用するうえで、金利がどのようにして決定しているのかを知っておくことは、大切です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

複数社から見積もりを出してもらって不動産担保ローンを比べる

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「複数社から見積もりを出してもらって不動産担保ローンを比べる」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンは、見積もりというシステムがあります。

そもそもリフォーム等を行う時には、必ず業者から見積もりが出される事になるでしょう。それと類似しているシステムが、不動産担保ローンにもあるのです。

ところでリフォーム見積もりでは、基本的には無料で数字が算出される事になります。出張交通費などが生じるリフォーム会社は多いですが、数字を出してもらう分には、特にまとまったお金が生じる訳でもありません。したがって各社の見積もり金額を比べた上で、リフォーム会社を選ぶケースが目立ちます。

全く同じ事を担保商品で行うやり方もあるのです。まずは複数社から金額を出してもらうと良いでしょう。もちろんそれぞれの会社によって、商品概要に関する違いがあります。それで見積書を細かく比較してみて、一番良さそうな所と契約をすれば良いのです。やはりそのやり方が、一番無難な傾向があります。

したがってリフォームと担保商品は、ある意味似た一面がある訳です。

不動産担保ローンとカードローンの比較

お金を借りるとなると、カード商品という候補が浮上する事があります。手軽に借りる事は可能ですから、カードを検討する方々もよく見られるのです。

ところがカード商品には、実はデメリットが1つあります。返済方式がやや限られている一面があるのです。リボ払いもしくは元利均等などがありますが、やや種類が限られているケースも珍しくありません。

ところが不動産担保ローンは、もう少し多彩になってくるのです。自由返済というやり方もあれば、利息払い一括などの返済方式が、採用されている事もあります。もちろん一括払いなども、担保商品では利用する事が可能です。

それで借りる側としては、やはり返済方法が多彩であるに越した事はありません。選択肢が多ければ、それだけ便利に返す事が可能だからです。不動産担保ローンは、とても選択肢が多彩ですから、ある意味返済しやすい商品と言えるでしょう。したがって返済の利便性を求めるなら、カード商品より担保商品がおすすめと言えます。

また、不動産担保ローンは他社のローンをまとめて、借り換えをすることもできますので、ひとつにまとめることで毎月の返済額の負担を減らせる可能性があります。事業拡大目的のビジネスから個人のリフォーム資金まで幅広い用途でご利用いただけるのが不動産担保ローンの魅力ともいえるでしょう。

今回は「複数社から見積もりを出してもらって不動産担保ローンを比べる」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

果たして過払い金が支払われた時は不動産担保ローンは難しいか

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「果たして過払い金が支払われた時は不動産担保ローンは難しいか」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

資金融資を受けようと考える方々の状況も、色々とあります。中には、過去にどこかの会社で借りていた方々も見られるでしょう。以前に消費者金融でお世話になっていた方々も、たまに居る訳です。

それで消費者金融などは、手数料が若干高めです。それゆえに、中には過払い請求を行った方々も見られます。

そういう方々が、不動産担保ローンを検討する事もたまにあります。消費者金融と比べても、手数料も低めになっていますし、大いに魅力的な商品ではあります。

ですが過払いになっていた方々は、たまに担保商品の審査で不安になっているのです。通るかどうかという問題があるでしょう。

しかし、過払いの場合は不動産担保ローンでは問題ありません。そもそも債務整理と言っても、色々手段はあるでしょう。他の破産手続きなどでは、確かに担保商品では難しい事があります。

しかし過払いは、金融会社としては特に問題視しないケースも多いです。そこはあまり気にせずに、申込みを行って問題無いでしょう。

不動産担保ローンをフル活用して赤字状況を回避する

会社によっては、大赤字の危機に直面している場合があります。資金繰りに関する問題点が生じて、倒産寸前になるという話は、たまにテレビで取り上げられる事もあるでしょう。

ところで不動産担保ローンによって、そういった危機を回避できる場合があります。不動産担保ローンは、借りるハードルはそれなりに低くなるケースもあるからです。

そもそもビジネスローンなどでは、財務状況によってはかなり難しい事があります。赤字の経営ですと、銀行では軒並み断られるケースも多いのです。

ところが担保商品の場合は、むしろ不動産の価値が重視される傾向があります。物件価値が大きいと判断された時には、たとえ赤字でも問題無い事もあるのです。

また担保商品の会社は、現状の問題点を解決する為に、かなり有益なアドバイスをしてくれる事もあります。担保商品を上手く活用し、意外とスムーズに赤字状況を乗り切れることもあるのです。

それを考えると、担保商品は多くの中小企業を助けてくれている存在とも言える訳です。

今回は「果たして過払い金が支払われた時は不動産担保ローンは難しいか」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンと事業年数にに関するメリット

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「不動産担保ローンと事業年数にに関するメリット」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

事業資金を確保しようと思う方々は、たまに年数に関する問題点を抱えています。なぜなら、まだ年数が短い会社もあるのです。

そもそも事業資金を確保するとなると、銀行という選択肢があります。しかし銀行で審査を受ける時には、必ず審査が行われる事になるのです。それで審査基準藻色々ある訳ですが、年数はその1つの要素になります。余り年数が短い会社などは、ちょっと借りるのが難しくなるのです。

そして不動産担保ローンは、そのような事はありません。一応不動産担保ローンでも、事業年数などは確認する事になります。

しかし、それよりも大事な基準があるのです。あくまでも担保商品では、不動産の物件価値の方が大切なのです。物件価値がとても高いと判断された時には、たとえ事業年数がそれなりに短くても、意外と簡単に借りれるケースも目立ちます。

つまり年数が短い方々にとっては、担保商品は頼もしい味方になり得る訳です。まだ年数が浅い時には、ちょっと担保商品の申込みをしてみると良いでしょう。

それなりの覚悟を持って利用することになるローンが不動産担保ローン

若干リスクはあるものの、多くの利用用途を持っていることで不動産担保ローンは幅広く利用されているローンとなっています。車の購入資金にすることもできますし、事業用として利用したいと考えている事業者もいるくらいですから、多くの使い方ができるいい商品として現在も利用されています。

もちろん利用するからには、必ず返済を終えて不動産を守り抜くことも大事になっています。

個人的に利用するならそこまで影響はありませんが、法人の方が利用していて、返済できないという事例は結構あります。その場合は不動産で穴埋めできる可能性が高まっているので、企業としてもリスクをある程度抑えることができて、不要な土地や不動産で代用できるようになります。

低リスクというわけではなく、それなりの覚悟を持って利用することになるローンが不動産担保ローンとなります。多くの業者が提供していて、幅広く認知されていることですが、利用する用途は基本的に自由な面もあります。

今回は「不動産担保ローンと事業年数にに関するメリット」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンは自宅や土地などの不動産を担保としてお金を借りることができるローンです

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「不動産担保ローンは自宅や土地などの不動産を担保としてお金を借りることができるローンです」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンは自宅や土地などの不動産を担保としてお金を借りることができるローンです。

その特徴としては低金利で大口の借り入れができることや融資までには少々時間がかかること、返済が出来ない場合には不動産を失う事があります。

通常個人で借り入れをする時に利用するキャッシングとカードローンとの違いを比べると、キャッシングとカードローンは無担保で借りることができ、個人の信用力をもとにお金を貸すために担保を要求しませんが、不動産担保ローンは不動産を担保として提供します。それ以外には、ローン申込者の信用力や担保として提供する不動産の価値を見ます。

それをトータルしてまとまった資金の調達ができるようになります。担保として設定する不動産は本人名義でなくても両親や配偶者などの他人名義であっても担保として提供する事が可能です。

不動産を所有していて、まとまった資金が必要になった方にはとても有効と言えます。最近ではいろんな金融機関からサービスが提供されているため、情報収集が大事になります。

電話で状況が確認される事になる不動産担保ローン

借りる商品によっては、電話が1つのポイントになる場合があります。実は不動産担保ローンでは、意外とそれが軽視できないポイントになるのです。なぜなら、事実確認に関わってくるからです。

そもそも金融会社としては、金額に様々な確認は行う必要があります。事実を確認しなくては、限度額を設定する事も難しくなるからです。
ではどうやって事実を確かめるかというと、電話による聞き取りがあります。これは他の商品とは微妙に異なる点の1つです。

キャッシングなどでは、そうではありません。金融会社から特に電話も来ないで、手続きが進むケースが多々あります。しかし不動産担保ローンでは、それなりに大きな金額が動く事もあり、電話で慎重に確認するケースが多いのです。もちろん電話では、正しい情報を伝える必要があります。

それと電話の印象も、実は担保商品では大きなポイントになるでしょう。電話の印象があまり良くないと、借りられる金額が限定される事も多いからです。

今回は「不動産担保ローンは自宅や土地などの不動産を担保としてお金を借りることができるローンです」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンは担保に入れる不動産の価値を調査し融資を行うローン商品です

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「不動産担保ローンは担保に入れる不動産の価値を調査し融資を行うローン商品です」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンは担保に入れる不動産の価値を調査し融資を行うローン商品です。

このときに決定する融資額は不動産の価値に対し、7割ほどであることが多いです。

不動産の価値10割ではありませんが、元々不動産と言うのは担保の中でも価値が高いため高額な融資でも受けやすいです。

その代わりに住宅ローンの残っている物件を担保に入れる場合は注意が必要です。

もし2000万円の価値ある物件でも1800万円の住宅ローン返済が残っている場合、担保価値が下がってしまいます。

住宅ローンでは抵当権を設定するため、もし不動産担保ローンの会社が第二抵当で融資を行うと万が一の際は貸し倒れのリスクがあります。

住宅ローンは既に完済済みと言う場合なら、同じ物件でも不動産担保ローンから融資を受けやすいです。

最近ではインターネットで実際に取引された不動産の価格を調べることが出来るようになりました。

不動産の価値がどれくらいあり、不動産担保ローンからどれくらい融資が受けられるのか、事前に調べておきたいと言うときに便利です。
周辺の似たような不動産を選んで比較してみて下さい。

不動産担保ローンでは根抵当権を設定すると言う違いがあります

住宅ローンでは完成した建物に対し、抵当権を設定します。

もし住宅ローンの返済が出来なくなった場合、抵当権が実行されます。

差し押さえから競売にかけて処分されてしまうと言うことです。

不動産担保ローンでは根抵当権を設定すると言う違いがあります。

もし通常の抵当権の設定だと借入するたびに手続きしないといけないです。

手続きが煩雑となってしまいますが、根抵当権の場合はそんな煩雑さが無いと言うメリットがあります。

不動産担保ローンで設定された限度額の範囲で借入と返済が繰り返し行えます。

一般の方ではあまり借入と返済を繰り返さないことのほうが多いです。

しかし事業性資金に使いたい個人事業主様や中小企業様だと、繰り返し借入と返済を行うことが多いです。

不動産担保ローンを利用する前に既に根抵当権が付いていると、融資額などの条件が悪くなることがあります。

事前に根抵当権が付いているかどうか確認して下さい。

根抵当権でも返済が出来なくなった場合は差し押さえされてしまいます。

特に自宅を担保に入れる場合は十分無理のない計画を立てることが大切です。

今回は「不動産担保ローンは担保に入れる不動産の価値を調査し融資を行うローン商品です」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

果たして売却前提の不動産担保ローンにはどういうメリットがあるか

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「果たして売却前提の不動産担保ローンにはどういうメリットがあるか」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンには、多彩なタイプがあります。

基本的に担保商品は、売却に関するデメリットはあるでしょう。万が一の時には、マイホームが売られる可能性はあるのです。

ところが、中には売却を前提とした不動産担保ローンがあります。それには様々なメリットがあるのですが、まず総量規制に関する点です。

そもそも人々が金融会社から借りれる金額には、限界値があります。原則的には年収の3割前後に限定されるでしょう。

ところが売却前提の担保商品の場合は、その対象外になる訳です。それだけ大きな金額で借りられる点は、売却前提の商品に関するメリットと言えます。

それと返済に関するメリットがあります。売却前提になる以上は、基本的に返済は不要になるのです。最終的に物件が売却される事になりますから、毎月負担を大きく減らせるメリットもあります。

したがって大きな金額で借りたかったり、毎月の返済が少し気になる時には、売却前提の担保商品を検討すると良いでしょう。

果たして住宅ローンで融資を受けている最中でも不動産担保ローンで借りれるか

融資を受けようと考える方々は、しばしば現在の返済状況などを気にしています。特に住宅ローンなどを利用中の方々は、それを気にするケースも多いのです。

例えば、銀行から融資を受けたいと思う事はあるでしょう。しかし、住宅ローンを利用中ですと難しい事があります。既に完済済みなら銀行で借りれるケースも多いのですが、また借入れ中ですと、審査否決になるケースも多々あるのです。

そういう時には、やはり不動産担保ローンを検討すると良いでしょう。確かに不動産担保ローンでも、他商品の状況などは確認される事になりますが、正直それほど重要度は高めではありません。

担保商品では、むしろ不動産の物件価値などが確認される事になります。万が一の時に強い物件の場合は、銀行でも比較的スムーズに貸してくれるケースが多いのです。多くの方々にとっては、それは非常に嬉しいでしょう。

したがって現在住宅ローンで借りていて、ちょっとまとまったお金が必要な時には、担保商品を検討してみるのも一法です。

今回は「果たして売却前提の不動産担保ローンにはどういうメリットがあるか」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンでのボーナス支払いと上限額の注意点

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「不動産担保ローンでのボーナス支払いと上限額の注意点」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンを利用する時には、ボーナスはとても大切なポイントになります。なぜならそれが支払われた時には、普段よりも多く残高を減らせるチャンスだからです。

そもそも担保商品は、負担額は残高と比例する傾向があります。やはり残高が少ない方々などは、負担額も減少する事が多いのです。

それだけにボーナス支給時などはチャンスなのですが、最大額に関する事柄は、頭に入れておく方が良いでしょう。なぜなら、返せる金額にも限度があるのです。

例えば不動産担保ローンで借りている金額が、100万だとします。ところがボーナスが支払われたので、60万を返済したいと思う事もよくあるのです。

ですが担保商品によっては、それが難しい場合があります。なぜなら返済に関する上限値が決まっている事もあるからです。

基本的には借入金額に対するパーセンテージがあって、それ以上で返す事はできません。したがって50%と設定されているなら、最大値は50万になるのです。

そういうケースもありますから、上限値はよく確認しておく方が良いでしょう。

不動産担保ローンで保証人が必要な状況と第三者保有の物件

不動産関連の商品を利用するとなると、保証人が必要になるケースがあります。その兼ね合いで、親戚に対する声かけが必要な事もあるのです。賃貸物件などでは、大抵それが必要になるでしょう。

ところで不動産担保ローンでも、たまにそれが必要になる事はあります。逆にそれが不要なパターンもあるのです。

まず一般的な状況では、基本的には保証人は必要無いと考えて良いでしょう。キャッシングなどと同じく、誰かに声をかけなくても入金してもらう事は可能です。

ところが不動産担保ローンは、必ずしも自己保有の物件を利用するとは限りません。抵当に入れる物件は、全く別の持ち主になる事があるのです。

例えば親戚が保有している物件です。それを担保に入れた時には、実は保証人が必要になってくるケースが多々あります。自己保有の物件ならば保証人は不要になるのですが、第三者物件ですと話が微妙に異なってくるのです。

したがって第三者保有の物件を抵当に入れるなら、親戚などに対する声かけは必要と言えるでしょう。

今回は「不動産担保ローンでのボーナス支払いと上限額の注意点」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンを比較する基準と事業資金での利用可否

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「不動産担保ローンを比較する基準と事業資金での利用可否」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンは、事業目的などで検討される場合があります。

人によっては、会社を経営している事もあるでしょう。そういう方々は、たまに運転資金などが必要になるのです。時には設備投資などを考える事もあるでしょう。

もちろん投資する為にも、費用は求められる事になります。法人の場合は、それなりにまとまったお金が求められる事も多いのです。

それで不動産担保ローンが検討される事はよくありますが、それを利用しようとお考えならば、金融会社のルールは確認する方が良いでしょう。と言うのも金融会社としては、たまに事業資金に関する制約を課している場合があります。

原則として担保商品は様々な目的で借りる事は可能ですが、中には例外的な金融会社もあるのです。商品概要を確認してみると、事業資金では難しいと明示されている事もあります。

もちろん中には、事業資金でも借りる事が可能な担保商品もあるのです。ですから利用目的に関するルールは、担保商品を比較する基準の1つになるでしょう。

毎月1回は基準金利が変わっていく不動産担保ローン

不動産担保ローンには、基準金利と呼ばれる概念があります。いわゆる手数料に関する利率なのですが、それは変動する一面があるのです。

この商品の金利の場合、毎月1回の頻度で変わっていく点に特長があります。劇的に数字が変わる訳でもありませんが、それなりに数字が変化する点は、大きな特徴と言えるでしょう。

現にある金融会社なども、次のように明示しているのです。例えばある月は、基準金利が0.4%台前半だとします。ところが翌月になると、基準金利が0.3%台後半といった具合です。更に翌月には、0.4%ちょうどなどの具合です。1ヶ月に1回くらいのペースで、基準金利が変わっている事になります。

これは、不動産担保ローンの明確な特徴と言えるでしょう。他のタイプの融資商品では、必ずしもそうとは限りません。1ヶ月に1回などでなく、めったに手数料が変化しない商品も非常に多いのです。

ですが担保商品の場合は、上記のような状況なのです。ですから手数料が気になる時などは、基準金利にはアンテナを張っておく事も大切と言えます。

今回は「不動産担保ローンを比較する基準と事業資金での利用可否」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンで借りる事ができる最大額と物件価値に対するパーセンテージ

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「不動産担保ローンで借りる事ができる最大額と物件価値に対するパーセンテージ」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

融資関連の商品には、大抵は限度額があります。無制限で借りられる訳ではなく、必ず上限値が設定されている訳です。それが高いか低いかと言う基準で、各商品を比べる方々も多く見られます。

ところで不動産担保ローンにも、そういった概念はあるのです。基本的には、物件価値に関するパーセンテージがポイントになると考えて良いでしょう。

一般的には、7割が1つの目安になってきます。例えば物件価値が1,000万円だと判断されたとします。そういう時には、700万が最大数字になってくるのです。物件価格に一致する訳ではありませんから、注意が必要です。

それで上記の7割という数字にしても、不動産担保ローンによって微妙に異なる状況です。会社によっては、60%台になる事もあります。それぞれの商品によって、最大数字は異なってきますから、それは商品選びの基準になるでしょう。

なおパーセンテージが高めな商品は、それだけ審査基準も厳しくなる傾向はあります。それはカード商品とほぼ同様なのです。

年数が浅くても借りれる事がある不動産担保ローン

お金を借りようと考えている方々は、たまに年数に関する問題を抱えています。勤続年数が、やや短い方々もたまに見られるのです。

それでカード商品などでは、年数が短いと難しい場合があります。一般的にカード商品では、年数が長い方が有利になる傾向があるのです。やはり勤めてから半年程度の方々などは、少々難しい傾向があるでしょう。

そういう時には、不動産担保ローンを検討してみるのも一法です。それは、勤続年数とはまた別の点が確認される事になるからです。

そもそも不動産担保ローンでは、必ずと言って良いほど物件価値を基準にする事になります。ですから価値が高い物件を保有している方々の場合は、たとえ勤続年数がやや短い状況でも、借りれるケースがたまにあるのです。100%借りれる訳ではありませんが、少なくともカード商品と比べれば、それなりに確率は高めになってくるでしょう。

ですから勤めてから年数がまだ浅い時などは、試しに担保商品の申し込みをしてみるのも一法です。

今回は「不動産担保ローンで借りる事ができる最大額と物件価値に対するパーセンテージ」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。