おまとめローン

不動産担保ローンで借りれる最大額は一応は年収30%が目安になる

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「不動産担保ローンで借りれる最大額は一応は年収30%が目安になる」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

カード商品で借りたいと思う時には、年収に関してネックが生じてしまう場合があります。なぜなら年収に関する一定以上のパーセンテージで借りるのが難しい事もあるからです。

ところで不動産担保ローンは、そのパーセンテージに関するメリットがあります。できるだけ大きく借りたいと思う方々には、その商品が向いているのです。

どういう事かと言うと、カード商品には総量規制が適用される事になります。原則として年収の30%前後が、限界値になってしまいますから、借りる金額が限定される事もよくあるのです。

ところが不動産担保ローンの場合は、たいていはそれが適用されません。ですから大きな金額で借りれるケースも、多々ある訳です。

ただ適用外とは言っても、一応総量規制は1つの目安になってくるでしょう。担保商品で借りれる金額にも、もちろん限度額は存在するのですが、基本的には総量規制が大まかな最大値になります。

それでもカード商品と比べれば、大きく借りれる事も多いですから、それはこの商品のメリットと言えるのです。

保証人は原則求められないメリットがある不動産担保ローン

借りる商品を利用する際には、保証人がしばしばポイントになってきます。賃貸物件を借りる時などは、保証人が大抵求められますから、ちょっと不便だと感じる事もあるのです。

ところで不動産担保ローンでは、基本的にはそれは不要になってきます。それはこの商品のメリットとも言えるでしょう。

そもそも保証人が必要となると、それなりに大きな手間があるのです。親戚に対して声をかけるのは、かなり面倒だと感じられる事もあるでしょう。ましてお金を借りる目的となると、なかなか声をかけづらい一面はあります。

ところが不動産担保ローンの場合は、原則として声掛けは不要になってくる訳です。それだけ手軽に借りる事が可能なのは、この商品のメリットとは言えるでしょう。

ただし保証人が不要とは言っても、融資の通りやすさ等も考慮すれば、あえて保証人を立てる方が良い事もあります。そこは金融会社によって色々と考え方も異なりますから、検討をしてみるのも一法でしょう。

今回は「不動産担保ローンで借りれる最大額は一応は年収30%が目安になる」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンで借りたい時には専門家に対する依頼費用の見落としに注意

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「不動産担保ローンで借りたい時には専門家に対する依頼費用の見落としに注意」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

何かサービスを利用するとなると、様々な費用が生じる事もあります。それが時には盲点になる事もありますから、注意が必要です。

不動産担保ローンに、それが関わってくる事があるのです。そもそも不動産担保ローンでは、様々な費用などは支払っていく事になるのです。もちろん事務手数料なども、金融会社に対して支払う事になりますし、金利なども明確な手数料に該当するでしょう。

そして多くの方々は、それはご存知です。現に上記のような手数料は、各金融商品を比べる基準になるでしょう。

ですが、他にも忘れてはいけない手数料があります。専門家に対する依頼料金があるのです。

そもそも不動産物件を利用する時には、登記などに関する手続きも必要になるでしょう。その兼ね合いにより、実は上記の担保商品で借りる時にも、専門家に対する依頼費用が生じる場合があります。それも、ややまとまった数字になる事もあるのです。意外とその費用を忘れがちですから、気を付けた方が良いでしょう。

不動産担保ローンの即日は具体的にどれ位の早さなのかを確認

多くの金融会社は、即日という点をよく宣伝しています。銀行などでも、何かのカード商品を宣伝するために、その表現を使っている事も多いのです。

そして不動産担保ローンに対しても、そういう表現が用いられている事はよくあります。タイミング次第では、確かにこの担保商品では、とてもスピーディーに借りる事は可能なのです。ある意味それは、この商品のメリットとも言えます。

ところで不動産担保ローンで即日で借りたい時には、具体的な早さは確認しておく方が良いでしょう。なぜなら即日という表現も、少々微妙な一面があるからです。

そもそも即日とは言っても、時間に関する若干のズレはあります。例えば申し込みを行ってから数時間後に入金された時でも、それは明確に即日と言えるでしょう。そうでなく申込みをしてから数十分で入金された時も、即日に該当するのです。

同じ即日とは言っても、実は微妙に違う訳です。そして不動産担保ローンは、各商品によってそういう時間的な違いはありますから、それを基準に比較してみると良いでしょう。

今回は「不動産担保ローンで借りたい時には専門家に対する依頼費用の見落としに注意」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンにおいて訪問時の印象が大事な理由とは

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「不動産担保ローンにおいて訪問時の印象が大事な理由とは」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンに関する特長の1つに、対面があります。他商品と大きく異なる点の1つです。

そもそもカード商品では、対面が不要になる事はあるでしょう。いわゆる来店不要な商品に申込をした時には、わざわざ実店舗に行く必要もないからです。

ところが担保商品の場合は、原則として対面が必要になります。申し込み時にそれが必要になる事もあれば、現地確認もあるのです。不動産物件がどういう状態であるか確認をしないと、なかなか融資金額も判別が難しいからです。

それで対面になる以上は、やはり相手に対する印象は大切と言えます。結論を申し上げれば、不動産担保ローンで大きく借りたい時には、印象が悪くならないよう注意が必要です。

そもそも担当者としても人間ですから、やはり非常によって様々な事柄を決定する傾向があります。あまりにも印象が悪いと、借りれる確率が著しく下がる事もあるのです。したがって着実に借りたいと望むならば、訪問時のマナーや印象などは注意が必要です。

道路に面していない物件でも不動産担保ローンで借りれるか

物件価値は、総じて道路などに左右される一面があります。

そもそも不動産と言っても、それこそ多彩な状況が考えられるのです。基本的に殆どの住宅などは、道路に面しているでしょう。すぐ目の前に道があるケースが殆どです。

ところが、中には例外的な物件も存在します。道路に面していない物件も、中にはある訳です。

ところで人によっては、不動産を用いてお金を借りたいと望む事もあります。それで上記のような物件ですと、実は不動産担保ローンでは難しい事もあるのです。

基本的に担保商品は、利用に関する制限が生じる物件は、少々難しい傾向があります。少なくとも道路に一切に面していない物件ですと、かなり使い道が限られてしまう事はあり得るでしょう。無道路物件は、原則困難と言えます。

しかし、中には例外的な会社も存在する訳です。確かに銀行などで申込みをした時には、無道路は少々難しいでしょう。しかしノンバンクによる不動産担保ローンなら、相談可能な事例もあります。特殊な物件で借りたいと望むならば、ノンバンクを検討してみるのも一法です。

今回は「不動産担保ローンにおいて訪問時の印象が大事な理由とは」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンは、融資を個人の信用に関係なく受けることが可能です

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「不動産担保ローンは、融資を個人の信用に関係なく受けることが可能です」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

担保の不動産があるため、不動産担保ローンの場合は、担保の価値によって融資を個人の信用に関係なく受けることが可能です。

また、融資する金融機関としても、担保があるので、貸し倒れの恐れが少なくなるため、一般のローンと比べて長期間、低金利で融資してくれるということが大きなメリットであると言えます。

また、このローンの使い道としては制限されることがないので、いくつものローンをまとめる場合などに利用することもできます。

一方、デメリットは、担保に不動産をしているので、返済が万一停滞した時は不動産を売却する必要があることです。

担保の不動産は、債権を回収するために債権者が売って、売った資金を返済のために使うようになります。

不動産担保ローンのリスクの最大のものとしては、万一の場合には持っている不動産を失うようになります。

そのためにも、借り入れする場合は、返済プランをきちんと立案して利用することが一番大切になってきます。

一番の不動産担保ローンのメリット

一番の不動産担保ローンのメリットは、無担保ローンと比較した場合に、融資を多額に受けることができ、金利が低いことです。

金利が低いので、返済額も月々抑えることができるため、総支払額を少なくすることにもなってきます。

融資を多額に受ける場合には、やはり当然ですが返済額も少なくしたいものですね。

だいたい不動産担保ローンではどのくらいまで融資ができるのでしょうか?

ローン会社のほとんどは、融資が500万円以上可能になっています。

もちろん、担保の不動産の査定額によって影響されます。

また、金利が低いのはきちんとした理由があります。

金利が低くなっているのは、借入した側が万一返済できなくなった場合、担保の不動産を売ることによって債権を回収しやすいためです。

しかしながら、返済が不可能になっても心配ないというようなことではなく、不動産はひとつの大きな財産であるため、返済に関しても計画的に行うようにすることが一番大事なのです。

今回は「不動産担保ローンは、融資を個人の信用に関係なく受けることが可能です」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンの一般的な特徴

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「不動産担保ローンの一般的な特徴」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

所有する不動産を担保に融資が受けられる、不動産担保ローンは、高額な融資を受ける時に便利な資金調達方法の一つです。
不動産担保ローンの一般的な特徴について、以下に述べていきます。

・低金利で高額融資も可能ー無担保で個人の信用に頼るローンに比べると、不動産を担保に提供するため、その分金利は安くなります。また、担保にする不動産の価値によっては、長期で高額な融資を受けることもできることが、不動産担保ローンの魅力です。

・資金使途は原則自由ー不動産担保ローンは、一般にフリーローンに分類されるため、借りたお金の使い道は決まりがなく、原則自由に使用することができます。前にも触れたことですが、不動産の価値によって、借入上限額は上がっていきますので、高額融資をどうしても希望する人にとっては、有効なローンと言えます。個人借り入れで自宅を担保にする場合、信用借入と同様に総量規制の対象となりますので、注意をしておく必要があります。

不動産担保ローンはどのようなメリットがあるのでしょうか?

不動産担保ローンはどのようなメリットがあるのでしょうか?

不動産ローンの中でも、審査に受かりやすく、ほとんどの人が利用することが可能であることがメリットの大きなものの1つです。

また、無担保ローンに比較すると、低い金利であることもメリットになります。

低い金利であるほど、トータルの返済額は少なくなるため非常にメリットになります。

次に、メリットとしては担保の不動産によっても違いますが、融資を高額に受けることが可能です。

例えば、融資の上限は1億円の場合もあります。

しかしながら、金融機関によって融資の上限も違っており、中には10億円というようなものもあるそうです。

一方、不動産担保ローンにはデメリットもあります。

最大のデメリットは、不動産を失う恐れがあることです。

担保に我が家をした場合、返済が不可能になると住むところが無くなります。

我が家が無くなると路頭に迷うため、このようなことにならないようにしましょう。

今回は「不動産担保ローンの一般的な特徴」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンの場合には審査があります

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「不動産担保ローンの場合には審査があります」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

当然ですが不動産担保ローンの場合には審査があります。

一般的に、この審査は利用する人の収入をベースにしてどのくらい返済能力があるのか、そしてどのくらい担保の不動産の価値があるのか、ということついて関して審査を融資する側が行って、その後審査が保証会社によってあります。

審査の場合には、融資する額に対して担保としての価値があるかどうかについて行われ、このような審査に受かると融資を多額に行われるようになります。

そして、融資額で不動産担保ローンで受けられるものは、普通、担保の不動産の7割くらいの価値になります。

そのため、融資を実際に受けることが可能な額は、希望額にならなかったり、担保に不動産がならないと融資が断られたりするようになります。

しかしながら、逆に考えると、返済が万一不可能になった時でも、その引き当て額をすでに確保しているので、不動産が高い価値になると融資を多額にその分受けることが可能にもなります。

利用できる金額も考えて利用することが必要となるのは不動産担保ローンだと思います。基本的に会社によって借りられる金額が異なっているだけでなく、同じ条件で利用できる金額というのも結構変わってきます。

そのため利用する場合は会社側に相談することも必要となります。

貸してくれる銀行というのは、信用できるかどうかで結構判断している所があります。

そのため信用できる人であれば、同じ条件でも沢山お金を貸してくれるのです。勿論担保に出す不動産によっても借りられる金額は変わってくるので、より高い金額を望むのであれば大きな不動産を出した方がいいです。

厳しい審査を行っている会社では、不動産担保ローンを利用してもそんなに借りられない可能性があります。

しかしそんなに厳しい会社では無かったり、過去に利用して信用できることを証明しているのであれば、結構貸してくれることがあります。後は自分がどの担保を提供できるかが重要なポイントだと覚えてください。

今回は「不動産担保ローンの場合には審査があります」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンの金利について

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「不動産担保ローンの金利」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

他の方法に比べて沢山のお金を借りられるというメリットを持つ不動産担保ローンですが、気になるのは金利という部分です。

金利が高いということは支払う金額が多くなってしまい、最終的には払えなくなって担保を差し出す可能性があります。そのため選ぶ際は金利を出来る限り抑えていくことが必要となります。

近年はキャンペーンを行っている銀行が多く、一般的な数字よりも金利が落とされていることもあります。また金利は見直しが行われており、ある程度の期間借りているようなら金利を下げてくれることがあります。利用する前にも考えなければなりませんが、利用した後にもある程度金利について考えていくことが大切です。

今の金利は大体3%台の中盤から8%くらいに設定されていることが多いです。借りる金額に対して低金利となっているケースも結構ありますので、他のローンを利用する前に不動産担保ローンを使った方がいいのかよく考えてください。リスクはありますが低金利で借りられるメリットはあります。

不動産担保ローンはどうしようもないような場合にのみ利用するようにしましょう

担保を取る不動産担保ローンは総量規制が適用されなく、年収とは無関係に借入金額が不動産の評価によって決まります。

金融機関によって融資限度額は違っています。

例えば、1億円の不動産の評価額の場合、利用できるのは2000万円までのものもあるそうです。

そのため、カードローンの無担保のものとは比べものにならないような資金が調達できるのです。

しかしながら、利用するためには不動産が必要であるため誰でも利用できると言うことではありません。

注意する必要があるのは、返済が不可能な場合には金融機関のものに担保の不動産がなってしまうことです。

不動産担保ローンは万一の場合には家や土地を売却する必要があるというような非常に恐ろしいものなのです。

そのため、どうしようもないような場合にのみ利用するようにしましょう。

このローンを利用したために不動産を無くしたような人も多くおり、社会的な問題になる場合も有ったので、利用する場合には十分注意しましょう。

今回は「不動産担保ローンの金利」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンのメリット

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「不動産担保ローンのメリット」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンをする目的は多くのお金を借りて新規事業などの資金として使う方法が一般的で、必要な資金の金額を把握してから最適な方法を決める必要があります。担保とする物件の内容を考えて決めると効果的で、利用できる金額や金利の金額を考えながら今後の返済計画を正しく決める方法が望ましいです。

多くのお金を借りるには金利を安くする必要があり、内容を比較して決めることがポイントです。ローンを組むためには今後の収入の見込みを把握してから計画を立てる必要があり、自分に適した返済方法を正しく決めることが大事です。

不動産担保ローンは多くの銀行で行っているために、自分に適したプランを選ぶきっかけとして相談して決めると効果的で今後の人生に活かせるように最適な方法を探す方法が望ましいです。今後の人生を満足して過ごす方法は夢を実現する方法が望ましく、低金利で多くのお金を借りてから会社設立など多くのお金が必要な事業などに使うと効果的です。

不動産担保ローンのメリット

不動産担保ローンのメリットは、金利が低く、しかも高額融資もできることです。

無担保ローンの一般的なものに比較して、担保に不動産をしているため、金利は当然ですが低くなります。

さらに、高額な融資を担保の不動産の価値によっては受けることが可能であることも大きなメリットです。

返済が安定して長期的にできる場合には、非常にメリットのあるローンです。

不動産担保ローンのメリットは、基本的に使途が自由であることです。

フリーローンになるため、融資されたお金の使途には制限がありません。そのため、基本的に自由に使うことができます。

また、個人の普通の融資の場合、一般的には借入できる上限の金額は決められています。

しかしながら、借入できる上限の金額は、不動産の価値によってアップしていくため、融資で高額なものを望む場合にもおすすめのローンです。

なお、借入を個人で行う場合で担保を自宅にする時は、総量規制の対象になるため注意しましょう。

今回は「不動産担保ローンのメリット」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

最近では無担保でとても気軽にお金を借りる方法がたくさんあります。

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「最近では無担保でとても気軽にお金を借りる方法がたくさんあります。」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

最近では無担保でとても気軽にお金を借りる方法がたくさんあります。しかし、それらは気軽である分、どうしても金利が高いですし、それでいて限度額というものは低めに設定されています。

一方で、不動産担保ローンはしっかりとした担保があるという事で、担保のないローンに比べると非常に金利は低く、そして限度額は非常に高くなっていると言えるでしょう。

しかし、そういったメリットがある一方で、デメリットというものもあるのだという事は忘れてはいけません。そのデメリットとは、やはり借金の返済ができない時には家や土地というものをとられてしまうという事、またそれでも返済額に達していない時には、その足りない分をさらに支払うという必要がある事です。

多くのお金を借りる事ができますが、万が一の時に受けるダメージというものもとても大きくなりますので、その点はしっかりと覚悟をしておく必要があると言えるでしょう。

今後不動産担保ローンを利用したいと思う方は参考にしてください。

不動産担保ローンは、名前の通り不動産を担保にしたローンですが、最近は高齢者を対象に広まっているようです。結局、老後の生活費が足りないためにローンを組むわけです。

もし、そのローンが返済できない場合には、不動産が没収されてしまうわけですが。

考えてみれば、住宅ローンを組んで住宅を購入し、ようやく35年間で返済が終わって、終わったら、その住宅を担保に不動産担保ローンを組んで、返済を続ける。これでは一生、ローンを支払い続けるわけですね。

一生、ローンを返済し続ける人生って、考えてみると嫌ですね。

ちなみに、住宅ローンは病気や亡くなった場合に、残債がゼロになるという保証がありますが、結局、払い終わるか、死んでしまうしか返済を終える手段はないのです。それだけ、ローンというのは厳しいものなのです。

高齢者になって、ゆっくり余生を過ごしたいと思っても、またローンだと・・・

高齢者の収入が減っていくこれからの時代、不動産担保ローンは、これからますます増えていくかもしれません。

今回は「最近では無担保でとても気軽にお金を借りる方法がたくさんあります。」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンは融資を多額に受けることが可能

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「不動産担保ローンは融資を多額に受けることが可能」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンは、担保に不動産をして融資を多額に受けることが可能です。

この場合、担保の不動産の評価額を参考にして融資の上限額が決められます。

そのため、担保の不動産の評価額が高くなるほど、融資を多額に受けることができるようになります。

しかしながら、融資額が担保の不動産によっては考えていたより少なくなる場合もあります。

担保に調整区域や市街化区域などの不動産をする場合などは、法律や周りの環境が関係してくるので、不動産の評価額が最初に高い場合でも、最終的に融資が中止になったり、融資額は希望するものより低かったりする場合もあります。

これ以外にも、融資額の上限を決める要素としては不動産の流通性もあります。

売りたい場合にすぐに売ることができるといいですが、不動産は現金にすぐに替えることはできません。

そのため、融資する上限の金額は流通価格の約6割~8割程度になるそうなので、不動産担保ローンを利用する場合には注意しましょう。

不動産担保ローンを利用する場合には不動産を失うようになる場合がある

不動産担保ローンを利用する場合には、担保に不動産をするため不動産を失うようになる場合があるということを覚悟しておく必要があります。

このため、きっちりと抵当権に関しては掴んでおきましょう。

所有権移転仮登記条項や譲渡担保条項の追加を、非常に稀ですが要求される場合があります。

お金を借りる側からすれば、このことは確実に有利ではなくなります。

簡単に言うと、何か生じた際に担保物件を強制的に回収されるものであるため、簡単に受け入れないようにしましょう。

この条件を不動産担保ローンの利用の場合に提示された時は、どのようなことが要因で必要であるのかなどを、十分に自分が納得できるまで確認しましょう。

また、諸費用が必要になることも覚えておきましょう。

低い金利ということのみに注目していると、諸費用の事務手数料と言うようなもので痛手を予想外に被るようになります。

一般的にローンを利用する場合には、物事を全体的な視線で見るようにすることが大切です。

今回は「不動産担保ローンのメリット7つ」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンとは

不動産担保ローンとは不動産を担保に融資を受けることのできるローンのことです。

不動産を担保とすることで、無担保ローンよりも低金利で、不動産の価値に応じて高額の融資を受けることも可能となります。不動産担保ローンのこういった性質は、金利の高い複数のローンをまとめて借換え、ローンを一本化する“おまとめローン”にも適しています。

不動産担保ローンでは、実績が浅いという理由で、銀行等の審査がおりない事業主の方、自営業の方も、不動産の価値に応じて、融資を受けることができます。また、不動産担保ローンには、ほかのローンに比べて審査スピードが速いという特徴がありますので、急に資金が必要になった場合に便利なほか、銀行で融資を受けるまでのつなぎローンとして使う方法もあります。

知っておきたい、担保のこと

担保とは、「金銭債務が履行されない場合、その履行に代えて債権者が担保として提供を受けたものについて一方的に換価し、債務の弁済にあてる権利もしくは、その目的物のこと」。たとえば不動産担保ローンで、契約時の取り決め通りに返済がなされなかった場合、お金を貸した金融会社が不動産を競売にかけて換金し、返済の穴埋めに使えるという権利、あるいはその不動産のことを「担保」といいます。

通常、ローンは無担保型より、不動産担保ローンのような有担保型のほうが、金利が低くなります。また、無担保ローンでは、お金を借りる人の返済能力(信用力)に応じて融資が行われますが、不動産担保ローンでは、担保となる不動産の価値が信用力を補うかたちになるので、融資を受けることができる対象が広いのも大きな特徴です。

動産を担保にして融資を受けるというのは、他のローンを組むよりも有利な点も多いのですが、万が一、返済ができなくなった場合には、担保として提供した不動産が競売にかけられることを、忘れてはいけません。ただ、無担保ローンでも返済できない場合にペナルティを受けるのは同じですし、同じ金額を借りるのであれば、金利が低い不動産担保ローンのほうが、返済をしやすいことも、また事実です。不動産担保ローンを賢く利用するためには、担保の仕組みをしっかりと理解したうえで、不動産担保ローンの利点をうまく、自分の条件にあてはめていくことが大切になります。

担保の種類

不動産担保ローンで、通常、設定される担保の種類は、1)抵当権 2)根抵当権 3)質権の3つのいずれかになります。それぞれ、メリット・デメリットがありますので、きちんと確認して、納得してから契約するようにしましょう。

抵当権 債務が弁済されないときに、担保物件(不動産)の競売代金から優先的に弁済を受けることができる権利
根抵当権 債務者と債権者のあいだに、一定の種類の取引について極度額を設定して、債務が弁済されないときに、担保物件の競売代金から弁済を受けることができる権利
質権 質権とは、担保物件を債権者が預かり、返済が滞った場合には処分して弁済に充てることができる権利

抵当権・根抵当権の違いは?
抵当権は、返済が終了すれば消滅しますが、根抵当権は、消滅しません。
根抵当権は、金銭貸借契約のたびに設定する必要がないので、継続して貸借関係がある場合は、便利な担保の設定の仕方になります

抵当権・根抵当権と質権の違いは?
抵当権・根抵当権の場合、きちんと返済している限り、お金を借りた側は、担保に設定した物件を通常通り使用することができますが、質権を設定する場合は、返済するまでお金を貸した側が、物件を管理することになります。