不動産を活用した資金調達【リースバック】とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産を活用した資金調達【リースバック】とは?」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

事業資金や生活資金など、資金調達が必要な場合、不動産を所有していると、様々な方法を選ぶことができます。
不動産を担保に入れてお金を借りることができる「不動産担保ローン」の他に、「リースバック」という方法もあるのです。
あまり聞き慣れない言葉かもしれませんね。
そこで今回は、リースバックについて、ご紹介したいと思います。

【リースバックとは?】

リースバックとは、所有している不動産(自宅や土地など)を、不動産会社に売却して現金化するという方法です。
しかし、通常の売却とは異なり、売却後も、同じ家に住み続けることができるのです。
その理由は、不動産会社と賃貸契約を結ぶからです。
つまり、自宅を不動産会社に売却し、今度は賃貸として不動産会社から借りて住むという形です。
他の家に引っ越す必要がなく、まとまった現金を用意することができるため注目を集めています。

【リースバックのメリット・デメリット】

リースバックのメリットは、たくさんありますが、最大のメリットは同じ家に住み続けることができるため、引っ越し費用の負担や、引っ越しの手間がないことです。
さらに、周りの人に自宅を売却したことを知られないというのもメリットだと言えます。
また、リースバックで用意した資金の使いみちは自由ですので、様々な用途に使用することができます。
将来的に、自宅を買い戻せる可能性もありますよ。
一方で、リースバックには、デメリットもあります。
例えば、住宅ローンが残っている場合、売却価格よりも残っているローンの額が大きければ、利用することができません。
また、一般的な売却価格よりも安くなる可能性が高いというのもデメリットの1つです。

今回のテーマは「不動産を活用した資金調達【リースバック】とは?」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産を所有している方であれば、不動産担保ローン以外にも、リースバックを利用して資金調達をすることが可能です。
リースバックには、同じ家に住み続けられるといったメリットがある一方で、場合によっては利用できないこともあるなどのデメリットもあります。
資金調達をご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*