不動産担保ローンを利用するなら知っておきたい”審査のポイント”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローンを利用するなら知っておきたい”審査のポイント”」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産を担保にして融資を受けることができるローンを、不動産担保ローンと呼びます。
不動産担保ローンは、カードローンやフリーローンなどの無担保ローンに比べ、低金利で高額な融資を受けることができるというメリットがあります。
ただし、不動産担保ローンを利用するためには、審査に通らなければいけません。
そこで今回は、不動産担保ローンの審査のポイントについて、ご紹介したいと思います。

【不動産ローン審査の2つのポイント】

不動産担保ローンの審査には、2つのポイントがあります。

■不動産の評価額

1つ目は、担保となる不動産の評価額です。
つまり、担保となる不動産の価値によって、融資が可能かどうかや、借入限度額などが異なってくるのです。
もちろん、担保となる不動産の評価額が高ければ、借入限度額も高くなります。

■債務者の属性

2つ目は、債務者の属性です。
債務者の属性とは、融資を受ける人(申込者)の勤務先や勤続年数、収入や年齢、借入状況や返済状況などのことです。
これらの状況から、金融機関は返済の見込みがあるかということを判断します。

【不動産担保ローンの審査を通過するためには】

不動産担保ローンの審査を通過するためには、評価額の高い不動産を担保に入れるということです。
例えば山奥の土地や、あまり価値のない物件、売れにくい家などは、評価額が低くなります。
また、できるだけ多くの情報を提出することも大切です。
もちろん嘘の情報はいけません。
他にローンがある場合や、これまで返済が滞ったことがあるなど、不利な条件であっても融資を受けられる可能性もあります。
しかし、嘘をついてしまうと、融資を受けられなくなる可能性が高いですので、金融機関の質問には正確に正直に答えましょう。

今回のテーマは「不動産担保ローンを利用するなら知っておきたい”審査のポイント”」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンの審査には、2つのポイントがあります。
不動産担保ローンの利用を、ご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*