事業資金調達のためのローンの種類と特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「事業資金調達のためのローンの種類と特徴」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

なにかの事業をしていると、急なキャッシュが必要になることもありますよね。
そんな時、ローンを利用して資金調達を行うことが一般的ですが、事業資金調達のためのローンは、様々な種類があります。
そこで今回は、事業資金調達に使えるローンの種類や、それぞれの特徴について、ご紹介したいと思います。

【事業資金調達のためのローン3選】

■ビジネスローン

まず1つ目は、ビジネスローンです。
ビジネスローンは、主に個人事業主や中小企業の経営者などを対象とした無担保ローンです。
ビジネスローンの特徴には、手続きが簡単なことや、審査に時間がかからないこと、早く資金調達ができることなどが挙げられます。

■ビジネスカードローン

2つ目は、ビジネスカードローンです。
ビジネスカードローンは、ビジネスローンの一種ですが、違いもあります。
ビジネスカードローンの場合、カードが発行されて、融資限度額までなら何度でも現金を引き出すことができます。

■不動産担保ローン

3つ目は、不動産担保ローンです。
不動産担保ローンは、所有している不動産を担保に入れて融資を受けるローンです。
不動産担保ローンの特徴は、金利が低いことや、融資限度額が大きいことなどが挙げられます。

【事業資金調達なら不動産担保ローンがオススメ!】

上記で、3つの事業資金調達に使えるローンをご紹介しましたが、中でもオススメなのは不動産担保ローンです。
その理由は、不動産担保ローンはビジネスローンやビジネスカードローンとは異なり、有担保ローンですので、金利が低いです。
金利が低いということは、月々の支払いも少なくなりますし、総返済額も少なくなるのです。
また、担保に入れる不動産の価値が高ければ高いほど、融資限度額も大きくなりますので、多額の融資が必要な場面でも利用することができます。
不動産担保ローンで担保に入れる不動産は、自己所有でなくても、家族などが所有している不動産を担保に入れることも可能ですよ。(所有者の承諾は必要です)

今回のテーマは「事業資金調達のためのローンの種類と特徴についてでした。
今回ご紹介したように、事業資金調達のためのローンには、様々な種類があります。
それぞれ、特徴が異なりますので、ご自身にあったローンを選ばれるのが良いでしょう。
担保に入れられる不動産がある場合には、金利が低く、融資限度額も大きい、不動産担保ローンがオススメですよ。
事業資金調達をご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*