不動産担保ローンの返済方法

不動産担保ローンの返済方法はさまざまです。同じ借入金額を返済するのでも、その人のライフスタイルによって、適した返済方法というものがあります。

元金均等返済

元金均等返済は、文字通り、借り入れた元金を返済回数で割った均等額と、借入元金残高に対する利息を合わせた額を毎月返済していく方法。元金均等額はずっと同じですが、借入元金残高は、返済が進むにつれて少なくなっていきますので、それに応じて利息分の支払いも少額になっていきます。

元利均等返済

元利均等返済は、元金と利息の割合を調節して、毎月の返済金額を同額に設定するという返済方法です。全返済期間を通じて、返済額が変わりませんので、資金計画の見通しをつけやすいという特徴があります。

ボーナス併用返済

半年賦償還といいます。ボーナス時にまとめて返済する代わりに、月々の返済額を低く抑えることができるというものです。元金を、毎月返済分とボーナス返済分に分割し、それぞれに利息をあわせた額が返済額となります。また、ボーナス返済月には、毎月の返済額にボーナス返済額を加えた金額を支払うことになります。
ただし、ボーナスは必ず決まった額が支給されるとは限りません。ボーナスが減額されたり、支給されなかったりする可能性が少しでもある場合は、避けたほうがいい返済方法です。ボーナス支給の確実性が高く、ボーナスを併用しないと月々の返済額に余裕がないという場合には、ボーナス併用返済を検討してみてもよいかもしれません。

自由返済

毎月の最低返済額を決めて、それを上回る任意の金額を返済すれば、最低返済金額との差額分、元金分が減っていくという返済方法。余裕のあるときに、多めに返済すれば、それだけ、元金が減っていくので、月々決められた額を返済していく場合より、利息分を少なく抑えることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です