不動産担保ローンを選ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひとくちに不動産担保ローンといっても、金融会社によってさまざまな条件の商品が用意されています。また、借りる側の事情も、それぞれでしょう。以下のチェックポイントを参考に、候補を数社に絞ったら、実際に問い合わせてみるのが、一番の早道です。

チェックポイント1:金利

不動産担保ローンは比較的高額の融資を受ける場合が多いので、少しの金利の差でも、返済額に大きな差が生まれることがあります。もちろん低金利であるに越したことはないのですが、相場から大きくはずれる低金利をうたっている場合、違法業者であったり、何らかの事情があったりすることも考えられますので、注意しましょう。

また、金利の数字だけではなく、固定金利か変動金利かということも重要なポイントです。固定金利は、返済期間中、金利が変わらないもので、変動金利は、一定期間ごとに、市場の動向を反映して変更されます。契約時に変動金利のほうが固定金利よりも低くても、景気やマーケットの成り行きによっては、今後、固定金利よりも金利が高くなる可能性があります。また、その逆も同様です。専門家であっても、金利の先行きを正確に予測することはできません。自分で納得のいく金利を選んで、しっかりと返済計画を立てていきましょう。

チェックポイント2:融資金額

不動産担保ローンの融資金額は、通常、数十万円~数億円まで、金融会社により異なります。また、金融会社によって審査の方法にも差があり、同じ借主、同じ担保物件でも、審査のおりる融資金額が異なる場合がありますので、あらかじめ各金融会社Webサイト上の「無料審査」などを利用して、数社から査定をしてもらい、比較検討することをおすすめします。

ただし、審査がおりた場合も、借りられる限度まで借りたのでは、返済も大変です。「借りるのは必要最低限の額」という原則をお忘れなく。

チェックポイント3:審査スピード

不動産担保ローンは、急な資金調達に便利な金融商品です。資金調達のタイムリミットがある場合は、審査にかかる日数、また契約から融資実行までにかかる時間などを、前もって確認しておきましょう。

チェックポイント4:担保の種類

担保は大きく物的担保と人的担保の2種類にわかれます。物的担保はこの場合、不動産に設定される抵当権、根抵当権、質権などのことです。建物を担保にする場合、火災保険に質権が設定されることもあります。

人的担保は、保証人、連帯保証人などのこと。不動産担保ローンは、不動産を担保とするので、原則として保証人、連帯保証人を立てる必要がないものも多いようです。第三者の所有する不動産を担保にして融資を受けることができる金融商品もありますが、この場合は、不動産の所有者を保証人、連帯保証人に立てる必要があります。担保の種類も、直接、金融会社に確認すべき点です。

チェックポイント5:返済について

返済方法には、元金均等返済、元利均等返済、ボーナス併用返済、自由返済、一括返済、利息払い元金一括返済など、さまざまな種類があります。また、返済期間も重要なポイントです。不動産担保ローンは、基本的に返済期間を住宅ローン並みに長く設定することも可能ですが、金融会社やプランによって異なりますので、確認しておきましょう。あらかじめ、「返済シミュレーション」でだいたいの目安をたてておくのもよいでしょう。

チェックポイント6:その他、諸条件

未成年はもちろん、高齢者の場合、融資対象年齢に制限を設けている金融会社もあります。また、遅延損害金、中途解約や契約期間延長などの手続きがとれるかなど、返済計画を変更せざるを得なくなったときのことについても、前もって知っておく必要があります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産担保ローンなら産興社

不動産担保ローンなら産興社にお任せ。銀行系ではない、独立系ノンバンクだからできる様々な特長を生かし迅速にニーズに応えます。一括返済方式・自由返済方式 元利均等返済方式を選択可能。法人・個人を問わず、事業資金・購入資金のための不動産担保ローンを用意しています。返済期間も1年から25年と幅広く設定でき、余裕を持った返済プランで様々な融資に対応しています。


不動産担保ローンなら産興社

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*