不動産担保ローンのメリット7つ

不動産担保ローンのメリットは大きく分けて以下の7つです。

⒈無担保型のカードローンに比べ、担保となる不動産の価値を審査において反映させているので、信用力に不動産の価値をプラスして融資の審査を行うことになります。これによって「大きな額の融資」を受けやすいことになります。

⒉不動産を担保に融資を受けるので、金融機関側のリスクが低くなり、その結果、「金利を低く抑えることが可能」となります。

⒊まとまった資金を借り入れて短期間での返済となると毎月の支払い負担が大きくなります。しかし現在・今後の不動産の価値を査定しての担保で融資を行うので、「長期間での返済が可能」です。

⒋無担保ローンに比べて、大口の借入をすることができることにより、他の金融機関での「借り入れをまとめる」ことができます。まとめることにより、管理が楽になり金利を下げて総返済額を下げることができます。

⒌消費者金融や銀行のキャッシング・カードローンは、原則として、事業性資金としては利用できません。しかし、不動産担保ローンなら、個人で融資を受けても「事業性資金として利用可能なローン」もあります。

⒍不動産担保ローンは「フリーローン」に分類されるので、「使い道が自由」です。

⒎不動産を担保に抵当権を設定することで、物上保証人となるために「人的保障(連帯保証人)を必要としません」。(法人の場合には必要とされることもあります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です