不動産担保ローン会社の選び方

不動産担保ローンの利用を決めたら、次は不動産担保ローンを取り扱っている金融会社探しに入ります。不動産担保ローンは比較的大きな額の融資を受けることが多いので、少しの金利の差でも、返済額の差は意外と大きくなります。
できるだけ有利な条件を提示している金融会社を探すのはもちろんですが、事実とは異なる甘い言葉にはご用心。不動産担保ローンは、安心を最優先に考えて、選びましょう。

おとり表現に注意!

おとり表現とは、「絶対に貸します!」「即日、融資します!」「他店利用者歓迎!」といった金融業者の過大な呼び文句のこと。しっかりとした金融会社は、借主がきちんと返済できるかどうか、十分に審査したうえで、融資をおこないます。おとり表現に見られるような条件は、借主がきちんと返済できるかどうかを度外視した融資の可能性があるのです。返済できなかったときに、一番大変な思いをするのは借りた本人です。審査に対する不安、資金を急いで調達しなければならない事情などに、つけこまれないように気をつけましょう。

安心できる金融会社を選ぶ

金融会社を選ぶときには、まず、この2点をチェックしましょう。

登録貸金業者ですか?

「○○財務局長(2)第12345号」といった表示を見たことはありませんか?
複数の都道府県に営業所を構える貸金業者は管轄の財務局長の、ひとつの都道府県内に営業所をもつ貸金業者は各都道府県知事の登録を受けることが、法律で義務づけられています。合法的な貸金業者は、上記いずれかの登録番号をもっていることになります。登録の更新は3年ごと。登録業者かどうかというのは、信頼できる金融会社を選ぶ際の、ひとつの目安となります。
ただし、登録番号を偽る登録詐称業者もいますので、確かに登録業者か、事前に、確認したいものです。登録業者かどうかは、金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」で調べることができます。

金利、合法ですか?

金利は、「出資法」で、29.2%を上限と定められており、それ以上の金利は違法となります。29.2%以上の金利で融資を行う業者は、いわゆる闇金(ヤミ金)。違法な貸金業者ということになります。違法な貸金業者からは、決して融資を受けないように気をつけましょう。
また、万が一、融資を受けてしまった場合も、29.2%以上の金利は支払う義務がありません。すぐに、弁護士、司法書士、救済機関の窓口などに相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です