不動産担保ローンは借り入れ件数が重要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「不動産担保ローンは借り入れ件数が重要」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンというのは、通常のキャッシングのように借り入れ件数といったものが非常に重要になってくる場合があります。

現在、他の会社から借りている場合でその件数が多いと審査では不利になるということも言われているので、そこは知っておかないといけないのですが、借り入れ件数が多いときでも借り入れが不可能になるわけではありません。

しかし、どこで借りるか?という会社選びをしないといけないという部分もあると思うのです。つまり、借り入れ件数がそれなりに多いと自分で感じているときには、そういう人でも借りられる可能性が高い会社を探さないといけないのです。

借り入れ件数が多い人でも借りられるというときには、どこでも借りられるのではなくて、借りやすいところならば借りられるという解釈が正しいかと思います。

したがって、借り入れ件数がそれなりに多いと感じている人は、そういう人でも借りやすいとされている不動産担保ローンを探す必要があるというのは覚えておきましょう。

不動産担保ローンは借入れ金額が高額になることが多いので、返済も長期間に及びます

不動産担保ローンで借りることができるのは、担保にした土地や家屋の評価額の7割程度が上限とされています。

よって、評価額が2000万円であれば、1400万円までということになりますが、これは銀行以外の業者を利用した場合の話で、銀行を利用すると、その5割程度までしか借りられないことが多いです。これは、銀行は将来的な担保割れを他の業者より気にする為です。

この評価額とは、役所で発行してもらえる固定資産評価証明書に記載されているもので、これは3年ごとに見直しがあります。

不動産担保ローンは借入れ金額が高額になることが多いので、返済も長期間に及びます。その間にこの見直しによって担保としての価値が下がってしまうことを懸念して、利用する業者によって最高でもその7割程度、銀行に至っては5割程度までしか融資を行ってくれないのです。

そして、ローンの返済中に評価額が大きく下がってしまい、残りの借入れ残高より低くなるようなことがあると、その差額の即時返済を求められることがあります。

そこまで大きく下がってしまうことも滅多にはありませんが、こういった事態にならない為にも、最初から多くても評価額の7割程度までしか融資を行わないのです。

今回は「不動産担保ローンは借り入れ件数が重要」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンなら産興社

不動産担保ローンなら産興社にお任せ。銀行系ではない、独立系ノンバンクだからできる様々な特長を生かし迅速にニーズに応えます。一括返済方式・自由返済方式 元利均等返済方式を選択可能。法人・個人を問わず、事業資金・購入資金のための不動産担保ローンを用意しています。返済期間も1年から25年と幅広く設定でき、余裕を持った返済プランで様々な融資に対応しています。


不動産担保ローンなら産興社

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*