不動産担保ローンで借りる事ができる最大額と物件価値に対するパーセンテージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「不動産担保ローンで借りる事ができる最大額と物件価値に対するパーセンテージ」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

融資関連の商品には、大抵は限度額があります。無制限で借りられる訳ではなく、必ず上限値が設定されている訳です。それが高いか低いかと言う基準で、各商品を比べる方々も多く見られます。

ところで不動産担保ローンにも、そういった概念はあるのです。基本的には、物件価値に関するパーセンテージがポイントになると考えて良いでしょう。

一般的には、7割が1つの目安になってきます。例えば物件価値が1,000万円だと判断されたとします。そういう時には、700万が最大数字になってくるのです。物件価格に一致する訳ではありませんから、注意が必要です。

それで上記の7割という数字にしても、不動産担保ローンによって微妙に異なる状況です。会社によっては、60%台になる事もあります。それぞれの商品によって、最大数字は異なってきますから、それは商品選びの基準になるでしょう。

なおパーセンテージが高めな商品は、それだけ審査基準も厳しくなる傾向はあります。それはカード商品とほぼ同様なのです。

年数が浅くても借りれる事がある不動産担保ローン

お金を借りようと考えている方々は、たまに年数に関する問題を抱えています。勤続年数が、やや短い方々もたまに見られるのです。

それでカード商品などでは、年数が短いと難しい場合があります。一般的にカード商品では、年数が長い方が有利になる傾向があるのです。やはり勤めてから半年程度の方々などは、少々難しい傾向があるでしょう。

そういう時には、不動産担保ローンを検討してみるのも一法です。それは、勤続年数とはまた別の点が確認される事になるからです。

そもそも不動産担保ローンでは、必ずと言って良いほど物件価値を基準にする事になります。ですから価値が高い物件を保有している方々の場合は、たとえ勤続年数がやや短い状況でも、借りれるケースがたまにあるのです。100%借りれる訳ではありませんが、少なくともカード商品と比べれば、それなりに確率は高めになってくるでしょう。

ですから勤めてから年数がまだ浅い時などは、試しに担保商品の申し込みをしてみるのも一法です。

今回は「不動産担保ローンで借りる事ができる最大額と物件価値に対するパーセンテージ」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンなら産興社

不動産担保ローンなら産興社にお任せ。銀行系ではない、独立系ノンバンクだからできる様々な特長を生かし迅速にニーズに応えます。一括返済方式・自由返済方式 元利均等返済方式を選択可能。法人・個人を問わず、事業資金・購入資金のための不動産担保ローンを用意しています。返済期間も1年から25年と幅広く設定でき、余裕を持った返済プランで様々な融資に対応しています。


不動産担保ローンなら産興社

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*