不動産担保ローンを比較する基準と更新料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「不動産担保ローンを比較する基準と更新料」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンを利用する場合は、様々な手数料がポイントになってきます。

そもそも借りる場合は、どこかの会社を選ぶ事になるのです。金融会社は数も多いですが、それら複数の中から、自分にとって最適な会社は選ぶ必要があります。

それで金融の各会社は、それぞれ数字も微妙に異なる訳です。金利が高いか低いか等は、担保商品を比べる時のポイントになってくるでしょう。

ですがそれだけではありません。不動産担保ローンの比較をする際には、更新料なども1つのポイントになるのです。

そもそもこの担保商品では、原則として2年置きなどのスパンで、更新手続きを行っていく事になります。それで更新時には、大抵の会社では手数料が生じる事になるのです。もちろんその数字も、会社によって微妙に異なってきます。

担保商品を検討する際には、とかく金利に目が行きがちです。しかし単純に金利だけで比べるのではなく、上記でも触れた更新手数料なども、着目する方が良いでしょう。

残高に応じて毎月返す額も変わる不動産担保ローン

カード商品などでは、しばしばリボ払いと呼ばれる方式が採用されています。簡単に申し上げれば、借りている残高に応じて毎月返済額が変わるシステムです。

基本的には残高が高い時ほど、返済金額も高めになってくるのです。ですから負担をできるだけ減らしたいと思う時には、残高を減少させる事もポイントになってきます。

ところで.実は不動産担保ローンもそれと関係があるのです。現にある銀行なども、残高は毎月返済額に比例すると明示しています。

例えばある月における残高が、1,800万円台だとします。そういう時には、1ヶ月の返済額が18万前後になるのです。

ところが残高が700万円台の時には、また話が変わってきます。毎月返済額は8万円といった具合です。

このように残高に応じて返済額が異なってきますから、いかにして残高を減少させるかが、1つのポイントになるでしょう。不動産担保ローンでは、繰上げシステムなどもフル活用して、なるべく早く残高を減らすのも大切です。

今回は「不動産担保ローンを比較する基準と更新料」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンなら産興社

不動産担保ローンなら産興社にお任せ。銀行系ではない、独立系ノンバンクだからできる様々な特長を生かし迅速にニーズに応えます。一括返済方式・自由返済方式 元利均等返済方式を選択可能。法人・個人を問わず、事業資金・購入資金のための不動産担保ローンを用意しています。返済期間も1年から25年と幅広く設定でき、余裕を持った返済プランで様々な融資に対応しています。


不動産担保ローンなら産興社

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*