不動産担保ローンを比較する基準と事業資金での利用可否

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「不動産担保ローンを比較する基準と事業資金での利用可否」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンは、事業目的などで検討される場合があります。

人によっては、会社を経営している事もあるでしょう。そういう方々は、たまに運転資金などが必要になるのです。時には設備投資などを考える事もあるでしょう。

もちろん投資する為にも、費用は求められる事になります。法人の場合は、それなりにまとまったお金が求められる事も多いのです。

それで不動産担保ローンが検討される事はよくありますが、それを利用しようとお考えならば、金融会社のルールは確認する方が良いでしょう。と言うのも金融会社としては、たまに事業資金に関する制約を課している場合があります。

原則として担保商品は様々な目的で借りる事は可能ですが、中には例外的な金融会社もあるのです。商品概要を確認してみると、事業資金では難しいと明示されている事もあります。

もちろん中には、事業資金でも借りる事が可能な担保商品もあるのです。ですから利用目的に関するルールは、担保商品を比較する基準の1つになるでしょう。

毎月1回は基準金利が変わっていく不動産担保ローン

不動産担保ローンには、基準金利と呼ばれる概念があります。いわゆる手数料に関する利率なのですが、それは変動する一面があるのです。

この商品の金利の場合、毎月1回の頻度で変わっていく点に特長があります。劇的に数字が変わる訳でもありませんが、それなりに数字が変化する点は、大きな特徴と言えるでしょう。

現にある金融会社なども、次のように明示しているのです。例えばある月は、基準金利が0.4%台前半だとします。ところが翌月になると、基準金利が0.3%台後半といった具合です。更に翌月には、0.4%ちょうどなどの具合です。1ヶ月に1回くらいのペースで、基準金利が変わっている事になります。

これは、不動産担保ローンの明確な特徴と言えるでしょう。他のタイプの融資商品では、必ずしもそうとは限りません。1ヶ月に1回などでなく、めったに手数料が変化しない商品も非常に多いのです。

ですが担保商品の場合は、上記のような状況なのです。ですから手数料が気になる時などは、基準金利にはアンテナを張っておく事も大切と言えます。

今回は「不動産担保ローンを比較する基準と事業資金での利用可否」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンなら産興社

不動産担保ローンなら産興社にお任せ。銀行系ではない、独立系ノンバンクだからできる様々な特長を生かし迅速にニーズに応えます。一括返済方式・自由返済方式 元利均等返済方式を選択可能。法人・個人を問わず、事業資金・購入資金のための不動産担保ローンを用意しています。返済期間も1年から25年と幅広く設定でき、余裕を持った返済プランで様々な融資に対応しています。


不動産担保ローンなら産興社

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*