完済時の最大年齢がかなり高めな不動産担保ローン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「完済時の最大年齢がかなり高めな不動産担保ローン」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンは、年齢に関して明確な特長があります。かなり高めに設定されているからです。

そもそも融資関連の商品は、年齢に関する上限があります。高年齢の方々でも、借りれるとは限りません。

それでカード商品などは、年齢が65歳くらいに設定されているケースが目立ちます。もちろんカード会社によっても異なりますが、おおむね60代が1つの目安と考えて良いでしょう。

ところが冒頭でも述べた不動産担保ローンは、少し状況が異なってくるのです。確かに新規借入れ時は、65歳前後が最大と設定されているケースは目立ちます。

しかし、それは新規借入れに関する話です。もちろん担保商品では、完済を目指していく事になるでしょう。その年齢が、他のカード商品と比べてもかなり高めなのです。80代に設定されている商品は、かなり珍しいです。

借りようと考える方々の中には、ちょっと年齢が高めな事もあるでしょう。そういう状況でも安心して借りられる点は、担保商品のメリットと言えます。

不動産担保ローンから融資を受ける際に気になるのが団体信用生命保険です。

団体信用生命保険は住宅ローンでは加入するのが一般的となっています。

団体信用生命保険に加入しておくと、万が一契約者が死亡または高度障害になっても保険金が下ります。

その保険金で住宅ローンの残高全て賄えるため、家族に高額な住宅ローンが残ると言うことが無いです。

不動産担保ローンでは団体信用生命保険への加入が必要なもの、必要ないものと分かれます。

加入が必要な場合でも保険料の負担は無いことが多いです。

加入が必要でない不動産担保ローンの場合は生命保険に加入すると言う方法もあります。

特に高額な融資を受ける場合は返済期間が長くなるため、途中で何が起こるか分からないです。

その他にも注意したいのが建物の火災です。

担保に入れた建物に火災が起こると大幅に担保価値が下がってしまいます。

不動産担保ローンでは火災保険に質権の設定を行う場合があります。

これは建物に万が一被害があった場合は優先的に火災保険からの保険金を受け取りできると言う権利です。

火災保険への質権は不動産担保ローンの利用者にとってもメリットがあるため、火災保険にも加入しているかどうか事前に確認して下さい。

今回は「完済時の最大年齢がかなり高めな不動産担保ローン」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンなら産興社

不動産担保ローンなら産興社にお任せ。銀行系ではない、独立系ノンバンクだからできる様々な特長を生かし迅速にニーズに応えます。一括返済方式・自由返済方式 元利均等返済方式を選択可能。法人・個人を問わず、事業資金・購入資金のための不動産担保ローンを用意しています。返済期間も1年から25年と幅広く設定でき、余裕を持った返済プランで様々な融資に対応しています。


不動産担保ローンなら産興社

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*