不動産担保ローンは担保に入れる不動産の価値を調査し融資を行うローン商品です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 editor_tam不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。

今回は「不動産担保ローンは担保に入れる不動産の価値を調査し融資を行うローン商品です」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンは担保に入れる不動産の価値を調査し融資を行うローン商品です。

このときに決定する融資額は不動産の価値に対し、7割ほどであることが多いです。

不動産の価値10割ではありませんが、元々不動産と言うのは担保の中でも価値が高いため高額な融資でも受けやすいです。

その代わりに住宅ローンの残っている物件を担保に入れる場合は注意が必要です。

もし2000万円の価値ある物件でも1800万円の住宅ローン返済が残っている場合、担保価値が下がってしまいます。

住宅ローンでは抵当権を設定するため、もし不動産担保ローンの会社が第二抵当で融資を行うと万が一の際は貸し倒れのリスクがあります。

住宅ローンは既に完済済みと言う場合なら、同じ物件でも不動産担保ローンから融資を受けやすいです。

最近ではインターネットで実際に取引された不動産の価格を調べることが出来るようになりました。

不動産の価値がどれくらいあり、不動産担保ローンからどれくらい融資が受けられるのか、事前に調べておきたいと言うときに便利です。
周辺の似たような不動産を選んで比較してみて下さい。

不動産担保ローンでは根抵当権を設定すると言う違いがあります

住宅ローンでは完成した建物に対し、抵当権を設定します。

もし住宅ローンの返済が出来なくなった場合、抵当権が実行されます。

差し押さえから競売にかけて処分されてしまうと言うことです。

不動産担保ローンでは根抵当権を設定すると言う違いがあります。

もし通常の抵当権の設定だと借入するたびに手続きしないといけないです。

手続きが煩雑となってしまいますが、根抵当権の場合はそんな煩雑さが無いと言うメリットがあります。

不動産担保ローンで設定された限度額の範囲で借入と返済が繰り返し行えます。

一般の方ではあまり借入と返済を繰り返さないことのほうが多いです。

しかし事業性資金に使いたい個人事業主様や中小企業様だと、繰り返し借入と返済を行うことが多いです。

不動産担保ローンを利用する前に既に根抵当権が付いていると、融資額などの条件が悪くなることがあります。

事前に根抵当権が付いているかどうか確認して下さい。

根抵当権でも返済が出来なくなった場合は差し押さえされてしまいます。

特に自宅を担保に入れる場合は十分無理のない計画を立てることが大切です。

今回は「不動産担保ローンは担保に入れる不動産の価値を調査し融資を行うローン商品です」についてご紹介しました。
他の記事もありますのでお読みいただき、何かの参考になればうれしいです。
ありがとうございました。

どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンなら産興社

不動産担保ローンなら産興社にお任せ。銀行系ではない、独立系ノンバンクだからできる様々な特長を生かし迅速にニーズに応えます。一括返済方式・自由返済方式 元利均等返済方式を選択可能。法人・個人を問わず、事業資金・購入資金のための不動産担保ローンを用意しています。返済期間も1年から25年と幅広く設定でき、余裕を持った返済プランで様々な融資に対応しています。


不動産担保ローンなら産興社

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*