事業資金調達のためのローンの種類と特徴

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「事業資金調達のためのローンの種類と特徴」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

なにかの事業をしていると、急なキャッシュが必要になることもありますよね。
そんな時、ローンを利用して資金調達を行うことが一般的ですが、事業資金調達のためのローンは、様々な種類があります。
そこで今回は、事業資金調達に使えるローンの種類や、それぞれの特徴について、ご紹介したいと思います。

【事業資金調達のためのローン3選】

■ビジネスローン

まず1つ目は、ビジネスローンです。
ビジネスローンは、主に個人事業主や中小企業の経営者などを対象とした無担保ローンです。
ビジネスローンの特徴には、手続きが簡単なことや、審査に時間がかからないこと、早く資金調達ができることなどが挙げられます。

■ビジネスカードローン

2つ目は、ビジネスカードローンです。
ビジネスカードローンは、ビジネスローンの一種ですが、違いもあります。
ビジネスカードローンの場合、カードが発行されて、融資限度額までなら何度でも現金を引き出すことができます。

■不動産担保ローン

3つ目は、不動産担保ローンです。
不動産担保ローンは、所有している不動産を担保に入れて融資を受けるローンです。
不動産担保ローンの特徴は、金利が低いことや、融資限度額が大きいことなどが挙げられます。

【事業資金調達なら不動産担保ローンがオススメ!】

上記で、3つの事業資金調達に使えるローンをご紹介しましたが、中でもオススメなのは不動産担保ローンです。
その理由は、不動産担保ローンはビジネスローンやビジネスカードローンとは異なり、有担保ローンですので、金利が低いです。
金利が低いということは、月々の支払いも少なくなりますし、総返済額も少なくなるのです。
また、担保に入れる不動産の価値が高ければ高いほど、融資限度額も大きくなりますので、多額の融資が必要な場面でも利用することができます。
不動産担保ローンで担保に入れる不動産は、自己所有でなくても、家族などが所有している不動産を担保に入れることも可能ですよ。(所有者の承諾は必要です)

今回のテーマは「事業資金調達のためのローンの種類と特徴についてでした。
今回ご紹介したように、事業資金調達のためのローンには、様々な種類があります。
それぞれ、特徴が異なりますので、ご自身にあったローンを選ばれるのが良いでしょう。
担保に入れられる不動産がある場合には、金利が低く、融資限度額も大きい、不動産担保ローンがオススメですよ。
事業資金調達をご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

【ローン豆知識】リバースモーゲージとは?

editor_tam

不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「【ローン豆知識】リバースモーゲージとは?」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

最近は、不動産を利用した様々なローンの種類があり、どう違うのか、どれを選べばよいのかわからないという方も多いようです。
特に、近年よく耳にするのが「リバースモーゲージ」です。
ただ、リバースモーゲージについて、名前は知っているが内容や特徴については、よく知らないという方も多いでしょう。
そこで今回は、リバースモーゲージについて、ご紹介したいと思います。

【リバースモーゲージとは?】

近年、注目を集めている「リバースモーゲージ」は、不動産を使ったローンの一種です。
不動産を使ったローンといえば、不動産担保ローンが有名ですが、それぞれ違いがあります。
リバースモーゲージの、リバースは「反対」という意味で、モーゲージは「抵当権」という意味があります。
つまり、リバースモーゲージは金利や元金が積み上がることで融資額が増えていくローンのことです。

【リバースモーゲージの特徴】

リバースモーゲージの最大の特徴は、月々の返済が不要という点です。
不動産担保ローンの場合は、毎月決まった額を返済していく必要がありますが、リバースモーゲージの場合は、毎月の返済は無く、最後に一括で返済します。
不動産を担保にお金を借りて、契約者が死亡した時などに不動産を売却して返済するというような仕組みなのです。
不動産を担保にお金を借りるという点では、不動産担保ローンと同じですが、返済については上記のように、大きく異なっています。
毎月の返済が必要ないリバースモーゲージは、毎月の生活資金が必要なときや、一時的にキャッシュが必要な時などに役立ちますよ。
また、老後の資金や自宅の建て替え資金の調達に利用される方も多いです。

今回のテーマは「【ローン豆知識】リバースモーゲージとは?」についてでした。
今回ご紹介したように、リバースモーゲージは、不動産を使ったローンの一種です。
不動産を担保に入れる点は、不動産担保ローンと同じですが、毎月の返済が不要など、大きな違いがあります。
老後の資金調達など、不動産を使ったローンをご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

いざという時には!不動産担保ローンがオススメ

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「いざという時には!不動産担保ローンがオススメ」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

資金調達には、様々な方法がありますが、いざという時には「不動産担保ローン」がオススメです。
今回は、不動産担保ローンの利用がオススメなケースについて、ご紹介したいと思います。

【不動産担保ローンとは?】

まずは、不動産担保ローンとは、どういったものなのかについて、解説します。
不動産担保ローンとは、不動産を担保に融資を受けることを言います。
カードローンやビジネスローンなどの無担保ローンと比べ、低金利でお金を借りることができるというメリットがあります。
また、融資限度額が高いことや、返済期間を長期に設定できるというのも、不動産担保ローンの特徴です。

【不動産担保ローンがオススメなケース2選】

ここでは、どのような時に、不動産担保ローンを利用するのがオススメなのか、2つの例をご紹介します。

■ケース1:時間がない!急な資金調達に

まず1つ目のケースは、急な資金調達が必要な場合です。
どうしても、今月末までに資金が必要になった!という場合に、不動産担保ローンはオススメです。
この場合は、銀行の不動産担保ローンよりも、ローン会社が扱っている不動産担保ローンが良いでしょう。
銀行の不動産担保ローンに比べ、ローン会社の不動産担保ローンの場合は、申込みから融資までの期間が短いといったメリットがあります。
カードローンなど、すぐに資金調達ができる方法もありますが、金利が高いため、金利が低く比較的早く資金調達ができる、不動産担保ローンはオススメなのです。

■ケース2:復数のローンで返済が困難に

2つ目のケースは、復数のローンを利用していて返済が困難になってしまったというケースです。
教育ローンやカードローンなど、復数のローンを利用していて、資金繰りが難しくなってしまった場合、不動産担保ローンを使って、ローンをまとめるというのがオススメです。
不動産担保ローンでは、融資限度額が高いため、復数のローンをまとめやすいという特徴があります。
また、返済期間を長期に設定することで、月々の返済額が少なくなるため、毎月の負担を減らすこともできます。

今回のテーマは「いざという時には!不動産担保ローンがオススメ」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンはメリットも多く、いざという時の資金調達にオススメです。
自分が所有している不動産でなくても、親や兄弟など家族が所有している不動産を担保に入れるということもできますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

【初めての不動産担保ローン④】申し込みに必要な書類とは

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「【初めての不動産担保ローン④】申し込みに必要な書類とは」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

初めて不動産担保ローンを利用するという人は、様々な疑問や不安を抱えていることでしょう。
そこで、前回に引き続き【初めての不動産担保ローン】と題し、不動産担保ローンについて詳しく解説していきたいと思います。
第4回目は、不動産担保ローンを利用する際に必要な書類について、ご紹介していきます。

【不動産担保ローンで必要になる書類】

不動産担保ローンを申し込む場合、様々な書類を用意して提出する必要があります。

■本人確認書類

運転免許証やパスポートなど、顔写真付きの本人確認書類は必ず必要になります。
時々、本人確認書類の有効期限が切れていたということがありますので、事前に確認しておいてください。

■収入証明書

収入証明書は、返済能力の有無を確認するために必要になることがあります。
すぐに準備できるようにしておくといいですよ。
会社員の場合は、勤めている会社に確認しておきましょう。

■住民票

基本的には、家族全員分が記載されている住民票が必要になります。
住民票にも有効期限がありますので、有効期限内のものを用意しておきましょう。

■権利証や登記識別情報通知書

権利証や登記識別情報通知書は、担保にいれる不動産の所有者を証明するために必要になります。
普段は使用することのない書類ですので、どこにしまってあるか再度確認し、すぐに提出できるように準備しておくと安心です。

■実印と印鑑証明

契約の際には、実印と、印鑑証明が必要になります。
印鑑証明書は、市役所や区役所、町や村の役場で取得可能です。

■不動産の登記簿謄本の登記時事項証明書

担保に入れる不動産について、どこにあるのかなどの詳細を確認するための書類です。
法務局で取得することができます。

■土地図面や建物図面

登記簿謄本の登記時事項証明書も、法務局で入手することができます。
これらの書類では、土地の境界や区画、建物の詳細について確認します。

■固定資産税納付証明書

固定資産税を納めていることを確認するために、固定資産税納付証明書や、納税通知書等の書類が必要になる場合があります。

■売買契約書

売買契約書や、重要事項説明書等の提出を求められるがことあります。
念のために保管場所を確認しておきましょう。

■借入残高証明書

他のローンがある場合には、借入残高証明書や借入返済予定表などが必要になることもあります。
準備しておきましょう。

今回のテーマは「【初めての不動産担保ローン④】申し込みに必要な書類とは」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンを利用する場合には、様々な書類が必要になります。
必要な書類は、申込者の現状や、申込みをする金融機関やローン会社によっても異なりますが、基本的には今回ご紹介したような書類が必要になる可能性が高いです。
たくさんの書類が必要になるのは、面倒だと感じる方もいるかもしれませんが、その分、低金利で借りられるというメリットがありますよ。
不動産担保ローンの利用をご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

【初めての不動産担保ローン③】〜申し込みから融資までの流れ〜

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「【初めての不動産担保ローン③】〜申し込みから融資までの流れ〜」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

初めて不動産担保ローンを利用するという人は、様々な疑問や不安を抱えていることでしょう。
そこで、前回に引き続き【初めての不動産担保ローン】と題し、不動産担保ローンについて詳しく解説していきたいと思います。
第3回目は、不動産担保ローンを利用する際の、申込みから融資までの流れについて、ご紹介していきます。

【不動産担保ローンの申込みから融資までの流れ】

不動産担保ローンの申込みから融資までの流れは、利用する金融機関やローン会社によって異なる場合もありますが、基本的には下記のような流れで進むことが多いです。

■1.仮審査/h3>
まずは、仮審査の申し込みを行います。
金融機関やローン会社のホームページから、申し込むことができます。
あくまでも、仮審査ですので、この審査に通ったからといって、必ず融資が受けられるというわけではありません。

■2.面談・申し込み

仮審査に通れば、担当者と面談を行います。
面談で、互いに問題がなければ申し込みを行います。
面談で、話を聞いてみて、申込みを行わないということも可能です。
また、疑問や不安については面談時に確認することをオススメします。

■3.審査

本申込みを行うと、審査に進みます。
審査では、不動産の現地調査などを行います。
不動産担保ローンでは、担保にいれる不動産の価値によって融資限度額が変わってきますので、審査はとても大切なポイントとなります。

■4.契約

審査に通ると、本契約となります。
審査の結果、融資不可となった場合は、契約はしません。

■5.融資

本契約から、3〜7日程で、融資金を受け取ることができます。
銀行に比べ、ローン会社の方が、申込みから融資金の受け取りまでの時間が早い傾向があります。

今回のテーマは「【初めての不動産担保ローン③】〜申し込みから融資までの流れ〜」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンを利用する場合は、審査が必要になります。
仮審査や面談をしたからといって、必ず契約をする必要があるというわけではありませんので、まずは仮審査を受けられてみることをオススメします。
不動産担保ローンの利用を、ご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

【初めての不動産担保ローン②】不動産担保ローンはどこで借りられるの?

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「【初めての不動産担保ローン②】不動産担保ローンはどこで借りられるの?」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

初めて不動産担保ローンを利用するという人は、様々な疑問や不安を抱えていることでしょう。
そこで、前回に引き続き【初めての不動産担保ローン】と題し、不動産担保ローンについて詳しく解説していきたいと思います。
第2回目は、不動産担保ローンはどこで借りられるのかということについてです。

【不動産担保ローンを提供しているところ】

不動産担保ローンを提供しているところは、大きく分けて2種類あります。
ここでは、それぞれの特徴について、ご紹介します。

■銀行系金融機関

まず1つ目は、銀行系の金融機関です。
大手銀行はもちろん、地方銀行や信託銀行、ネット銀行など様々な銀行で、不動産ローンを取り扱っています。
銀行によって、不動産担保ローンの中身は大きく異なりますが、中には融資金の使いみちを限定している銀行もあります。
銀行系金融機関の不動産担保ローンの特徴は、ローン審査が厳しいという点です。
審査が厳しいことはデメリットですが、メリットもあります。
銀行系金融機関の不動産担保ローンは、比較的金利が低い傾向があります。
金利が低いということは、その分、返済総額も少なくなりますので、大きなメリットですね。

■ノンバンク系

2つ目は、ノンバンク系です。
ノンバンク系とは、ローン会社などのことです。
ローン会社などのノンバンク系で不動産担保ローンを利用する場合のメリットは、審査に通りやすいという点です。
もちろん審査はありますが、銀行に比べると、比較的緩いため、通りやすいという特徴があります。
さらに、申込みから融資までにかかる日数も銀行に比べて短いです。
一方で、金利は銀行に比べると少し高めに設定されているケースが多いです。
しかし、不動産担保ローンですので、カードローンやビジネスローンなどの無担保ローンに比べると、金利は安くなります。

今回のテーマは「【初めての不動産担保ローン②】不動産担保ローンはどこで借りられるの?」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンは、銀行系の金融機関だけでなく、ノンバンク系のローン会社等でも取り扱っています。
不動産担保ローンを、どこで借りれば良いか悩んでいるという方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

【初めての不動産担保ローン①】不動産担保ローンのメリット

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「【初めての不動産担保ローン①】不動産担保ローンのメリット」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

初めて不動産担保ローンを利用するという人は、様々な疑問や不安を抱えていることでしょう。
そこで【初めての不動産担保ローン】と題し、数回に分けて、不動産担保ローンについて詳しく解説していきたいと思います。
第1回目は、不動産担保ローンのメリットについて、ご紹介します。

【不動産担保ローンのメリット】

不動産担保ローンのメリットには、下記のようなものが挙げられます。

■低金利で借入することができる

1つ目のメリットは、点金利で借入することができるという点です。
不動産担保ローンは、不動産を担保に入れることで金利を抑えることができるのです。
無担保で借りることができる「カードローン」や「ビジネスローン」などの無担保ローンに比べ、半分程度の金利でお金を借りることができます。
金利が低いということは、その分返済総額も低くなりますので、借りる人にとって、金利が低いということは大きなメリットなのです。

■借入限度額が大きい

2つ目のメリットは、借入限度額が大きいということです。
事業資金などの場合、ある程度まとまった額の借り入れが必要になることもあるでしょう。
不動産担保ローンの場合、担保に入れる不動産の価値にもよりますが、1億円以上の融資を受けることも可能です。
「カードローン」や「ビジネスローン」などの無担保ローン場合は、最大でも1000万円程度が借入の限度となりますので、たくさんの融資が必要な場合には、不動産担保ローンの利用がオススメです。

■長期ローンを組むことができる

3つ目のメリットは、返済期間を長期に設定できるという点です。
例えば、10年や20年、30年などの長期ローンを組むことができます。
返済期間を長く設定できるということは、月々の支払い額を低くできますので、毎月の負担を減らすことが可能です。

今回のテーマは「【初めての不動産担保ローン①】不動産担保ローンのメリット」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンにはたくさんのメリットがあります。
特に、金利が低いというのは、大きなメリットだと言えるでしょう。
不動産担保ローンをご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不動産担保ローンを利用するなら知っておきたい”審査のポイント”

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローンを利用するなら知っておきたい”審査のポイント”」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産を担保にして融資を受けることができるローンを、不動産担保ローンと呼びます。
不動産担保ローンは、カードローンやフリーローンなどの無担保ローンに比べ、低金利で高額な融資を受けることができるというメリットがあります。
ただし、不動産担保ローンを利用するためには、審査に通らなければいけません。
そこで今回は、不動産担保ローンの審査のポイントについて、ご紹介したいと思います。

【不動産ローン審査の2つのポイント】

不動産担保ローンの審査には、2つのポイントがあります。

■不動産の評価額

1つ目は、担保となる不動産の評価額です。
つまり、担保となる不動産の価値によって、融資が可能かどうかや、借入限度額などが異なってくるのです。
もちろん、担保となる不動産の評価額が高ければ、借入限度額も高くなります。

■債務者の属性

2つ目は、債務者の属性です。
債務者の属性とは、融資を受ける人(申込者)の勤務先や勤続年数、収入や年齢、借入状況や返済状況などのことです。
これらの状況から、金融機関は返済の見込みがあるかということを判断します。

【不動産担保ローンの審査を通過するためには】

不動産担保ローンの審査を通過するためには、評価額の高い不動産を担保に入れるということです。
例えば山奥の土地や、あまり価値のない物件、売れにくい家などは、評価額が低くなります。
また、できるだけ多くの情報を提出することも大切です。
もちろん嘘の情報はいけません。
他にローンがある場合や、これまで返済が滞ったことがあるなど、不利な条件であっても融資を受けられる可能性もあります。
しかし、嘘をついてしまうと、融資を受けられなくなる可能性が高いですので、金融機関の質問には正確に正直に答えましょう。

今回のテーマは「不動産担保ローンを利用するなら知っておきたい”審査のポイント”」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンの審査には、2つのポイントがあります。
不動産担保ローンの利用を、ご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不動産担保ローンとリースバックの違いとは?

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローンとリースバックの違いとは?」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

まとまった現金が必要な場合、ローンの利用を検討する方も多いでしょう。
ローンと一言で言っても、様々な種類があります。
カードローンやフリーローンなどの無担保ローンや、不動産を担保として融資を受ける不動産担保ローンなど、ご自身の状況に合わせて選ぶことができます。
また、ローンとは少し違いますが、不動産を活用した資金調達の方法としては、リースバックというものもあるのです。
そこで今回は、不動産担保ローンとリースバックの違いについて、ご紹介したいと思います。

【不動産担保ローンとは】

まず、不動産担保ローンについて、解説します。
不動産担保ローンとは、不動産を担保にして融資を受けることです。
不動産担保ローンは、カードローンやフリーローンなどの無担保ローンと違って、担保となる不動産が必要です。
自身が所有している不動産はもちろん、家族所有の不動産であっても、所有者の同意が得られれば不動産ローンの担保にいれることができます。
低金利で多額の融資を受けることができるというのも不動産ローンの特徴です。

【リースバックとは】

リースバックとは、所有している不動産を不動産会社に売却して、その不動産会社と賃貸契約を結ぶという方法です。
つまり、自宅を売却することで現金を取得することができますが、売却した会社と賃貸契約を結ぶことで、同じ家に住み続けることもできるということです。
また、自宅を売却したことを周囲に気づかれないというようなメリットもあります。

【不動産担保ローンとリースバックの違い】

では、不動産担保ローンとリースバックの違いは、どういったものがあるのでしょうか。

不動産担保ローンとリースバックは、どちらも不動産を活用した資金調達の方法であることは変わりません。
また、どちらの方法も、そのまま同じ家に住み続けることができます。
この2つの大きな違いは、不動産(自宅)の所有権です。
不動産担保ローンの場合は、きちんと返済することができれば、担保に入れた不動産の所有権が変わることはありません。
しかし、リースバックの場合は、不動産の所有権は売却した不動産会社になるのです。
また、不動産担保ローンは、返済の義務がありますが、リースバックは売却しているので返済の義務はありません。
しかし、住み続けるためには家賃を払い続けなければいけないという条件があります。

今回のテーマは「不動産担保ローンとリースバックの違いとは?」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産ローンとリースバックは、どちらも不動産を活用した資金調達の方法ですが、大きな違いもあります。
不動産を利用した資金調達を、ご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不動産を活用した資金調達【リースバック】とは?

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産を活用した資金調達【リースバック】とは?」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

事業資金や生活資金など、資金調達が必要な場合、不動産を所有していると、様々な方法を選ぶことができます。
不動産を担保に入れてお金を借りることができる「不動産担保ローン」の他に、「リースバック」という方法もあるのです。
あまり聞き慣れない言葉かもしれませんね。
そこで今回は、リースバックについて、ご紹介したいと思います。

【リースバックとは?】

リースバックとは、所有している不動産(自宅や土地など)を、不動産会社に売却して現金化するという方法です。
しかし、通常の売却とは異なり、売却後も、同じ家に住み続けることができるのです。
その理由は、不動産会社と賃貸契約を結ぶからです。
つまり、自宅を不動産会社に売却し、今度は賃貸として不動産会社から借りて住むという形です。
他の家に引っ越す必要がなく、まとまった現金を用意することができるため注目を集めています。

【リースバックのメリット・デメリット】

リースバックのメリットは、たくさんありますが、最大のメリットは同じ家に住み続けることができるため、引っ越し費用の負担や、引っ越しの手間がないことです。
さらに、周りの人に自宅を売却したことを知られないというのもメリットだと言えます。
また、リースバックで用意した資金の使いみちは自由ですので、様々な用途に使用することができます。
将来的に、自宅を買い戻せる可能性もありますよ。
一方で、リースバックには、デメリットもあります。
例えば、住宅ローンが残っている場合、売却価格よりも残っているローンの額が大きければ、利用することができません。
また、一般的な売却価格よりも安くなる可能性が高いというのもデメリットの1つです。

今回のテーマは「不動産を活用した資金調達【リースバック】とは?」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産を所有している方であれば、不動産担保ローン以外にも、リースバックを利用して資金調達をすることが可能です。
リースバックには、同じ家に住み続けられるといったメリットがある一方で、場合によっては利用できないこともあるなどのデメリットもあります。
資金調達をご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

不動産担保ローン〜契約前に注意するべきこと〜

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローン〜契約前に注意するべきこと〜」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産を担保に入れてお金を借りるローンを、不動産担保ローンと呼びます。
不動産担保ローンは、銀行やローン会社など、様々な金融機関で取り扱っており、低金利で借りることができるというメリットがあります。
ただし、不動産担保ローンを契約する場合には、注意するべきこともあります。
そこで今回は、不動産担保ローンの契約前に注意するべきことについて、ご紹介したいと思います。

【契約内容をしっかり理解してから契約する】

残念ながら、日本には、違法な高金利で貸付を行なう「ヤミ金融」業者が存在します。
チラシやホームページには「低金利」などと記載してあっても、実際には様々な手数料という名目で高額な料金を請求する悪質な業者もあるのです。
インターネットなどで、その業者の評判を検索したり、スタッフの対応や会社の雰囲気などで判断することも大切ですが、最終的には、契約内容をしっかりと理解してから契約するということが重要です。
契約書を確認し、理解できない点については質問をするなどし、契約内容をしっかりと理解できるまでは、絶対に契約しないようにしましょう。
契約内容に不安がある場合は、他の金融機関にも相談してみて、内容を比べるというのもオススメですよ。

【登録番号が表記されているか確認する】

貸金業を行なうには、財務局又は都道府県の登録許可を受ける必要があります。
また、貸金業法では、貸付広告面に登録番号を記載することが義務付けられています。
そのため、貸付広告面に登録番号が記載されていない金融業者は、違法な「ヤミ金融」である可能性も高いのです。
不動産担保ローンを利用する際には、登録番号が記載されているかどうかを確認するようにしましょう。

【甘い言葉には注意】

金融会社の広告には、制限が設けられています。
例えば、「完全融資」や「面倒な手続き一切不要」、「必ず貸します」などの表現は禁止されているのです。
そのため、こういった甘い言葉には注意して、騙されないようにしてください。

今回のテーマは「不動産担保ローン〜契約前に注意するべきこと〜」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンを利用する場合には、契約内容を理解することや、登録番号の確認について注意が必要です。
不動産担保ローンをご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不動産担保ローン〜融資までの流れ〜

editor_tam

不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローン〜融資までの流れ〜」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

まとまった資金が必要な時、ローンの利用を検討される方も多いでしょう。
ローンには、様々な種類がありますが、不動産を所有(家族名義でもOK)している場合には、不動産担保ローンがオススメです。
そこで今回は、不動産担保ローンがオススメな理由や、融資までの流れについて、ご紹介したいと思います。

【資金調達に不動産担保ローンがオススメの理由】

資金調達に不動産担保ローンがオススメの理由は、大きく分けて3つあります。

■低金利

まず1つ目は、低金利で借りることができるという点です。
金利が高ければ、その分、返済額が多くなりますので、ローンはできるだけ低金利な方がいいですよね?
不動産担保ローンの場合は、カードローンやフリーローンなどの無担保ローンに比べ、低金利で融資を受けることができますよ。

■多額の融資を受けやすい

不動産担保ローンは、融資限度額が大きいという特徴もあります。
ただし、担保に入れる不動産の価値によって、融資限度額は決まりますので、不動産の価値が低い場合には、融資額も低くなる可能性もあるため注意が必要です。

■長期間借りることができる

不動産担保ローンは、返済期間を長期に設定することができます。
返済期間を長期に設定することで、月々の負担を減らすことができますよ。

【不動産担保ローンの融資までの流れ】

不動産担保ローンの融資までの流れは、申し込みを行なう金融機関やローン会社によっても異なりますが、ここでは一般的な融資までの流れを、ご紹介します。

■融資までの流れ

1.電話やメールなどでの問い合わせ
2.不動産担保評価
3.必要書類を揃えて申し込み
4.審査
5.契約
6.融資受け取り

基本的には、上記のような流れで、不動産担保ローンを利用します。
申し込みから融資までは、約1週間程度の期間が必要なことが一般的ですが、書類の不備などがあれば、時間がかかる可能性もありますので、注意しましょう。

今回のテーマは「不動産担保ローン〜融資までの流れ〜」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンには、様々なメリットがあります。
また、比較的簡単に利用することができますので、ローンの利用をご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

カードローンとは?不動産担保ローンとの違いは?

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「カードローンとは?不動産担保ローンとの違いは?」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

資金調達が必要な時、ローンの利用を検討するという方も多いでしょう。
ローンと一言で言っても、様々な種類があります。
そこで今回は、カードローンについて、不動産担保ローンとの違いなども含めながら、ご紹介したいと思います。

【カードローンとは?】

カードローンとは、個人向けの融資サービスで、様々なカード会社や金融機関などが提供しています。
銀行やコンビニのATMなどで、簡単に現金を引き出すことができたり、インターネットを使って、自分の口座にお金を振り込んだりすることができるのです。
借入限度額は、カードを申し込む際に、設定されています。

【カードローンの特徴】

次に、カードローンの特徴を3つ、ご紹介します。

■担保や保証人が不要

カードローンは、担保や保証人がなくても、融資を受けることができます。
担保に入れるものが何もないという方や、保証人もいないという方にとっても利用しやすいローンですね。

■使用用途が自由

カードローンを使って借りたお金は、自由に使うことができます。
つまり、利用目的が制限されていないということです。
教育資金や、生活費など、様々な用途で利用できます。

■手軽に利用できる

カードローンは、いつでも自由に借入することができますし、コンビニのATMやインターネットなどを使って手軽に現金を受取ることができます。
こういった、手軽さは、カードローンの特徴と言えるでしょう。

【カードローンと不動産担保ローンの違い】

では、カードローンと不動産担保ローンには、どのような違いがあるのでしょうか。
実は、カードローンと不動産担保ローンは、同じローンでも大きく異なります。
例えば、カードローンは無担保で利用できますが、不動産担保ローンは担保にいれる不動産が必要です。
また、カードローンはすぐにお金を受取ることができますが、不動産担保ローンの場合は、審査が必要ですので、1週間程度の期間がかかります。
これだけ見れば、カードローンの方が便利そうに感じますが、最大の違いは「金利」と「借り入れ限度額」です。
カードローンは不動産担保ローンに比べると、金利が高いです。
また、借り入れ限度額も不動産担保ローンに比べると低くなる可能性が高いのです。
低金利で、たくさんのお金を借りたいという方にとっては、カードローンよりも不動産担保ローンの方がオススメだと言えます。

今回のテーマは「カードローンとは?不動産担保ローンとの違いは?」についてでした。
今回ご紹介したように、カードローンと不動産担保ローンは、同じローンでも大きな違いがあります。
資金調達でローンを利用する場合には、それぞれの違いや特徴を知ったうえで、あなたに合ったローンを選ぶようにしてください。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不動産ローンはメリットだけじゃない!知っておきたいデメリット

editor_tam

不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産ローンはメリットだけじゃない!知っておきたいデメリット」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

土地や建物など、不動産を担保にお金を借りることができる「不動産担保ローン」には、様々なメリットがあります。

・低金利で融資を受けることができる
・借入限度額が大きい
・借入期間を長期に設定できる
・使用用途が限定されていない

上記のようなメリットがある「不動産担保ローン」ですが、メリットだけではありません。
不動産担保ローンにも、デメリットがあるのです。
不動産担保ローンを利用する際には、メリットだけでなく、デメリットに目を向けることも大切です。
そこで今回は、不動産担保ローンのデメリットについて、ご紹介したいと思います。

【不動産担保ローン3つのデメリット】

■融資までに時間がかかる

1つ目のデメリットは、融資までに時間がかかるということです。
カードローンやフリーローンなどの無担保ローンは、簡易的な審査しかありませんので、すぐに現金を受取ることができます。
しかし、不動産担保ローンは、不動産の評価など、様々な審査が必要ですので、融資までに時間がかかるのです。
一般的には、一週間程度の時間がかかります。

■手数料がかかる

2つ目のデメリットは、事務手数料などの諸費用がかかるということです。
カードローンやフリーローンなどの無担保ローンは、手数料がかからず、金利と借入金のみを返済すればOKです。
しかし、不動産担保ローンの場合には、様々な手数料が必要になってきますので、少額の融資であれば、金利が高くても無担保ローンの方が総支払い額が少なくなる可能性もあります。

■不動産を失う可能性がある

3つ目のデメリットは、万が一、返済できなくなった場合、不動産を売却されてしまうという点です。
不動産担保ローンは、不動産を担保に入れるため、低い金利で大口の融資を受けることができます。
それは、万が一返済できなくなった場合にも、貸主である金融機関や、ローン会社は、担保の不動産を売却して融資金を回収するからです。
つまり、不動産担保ローンは、返済できなくなった場合、不動産を失ってしまう可能性があるということなのです。

今回のテーマは「不動産ローンはメリットだけじゃない!知っておきたいデメリット」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンにはメリットがたくさんある一方で、デメリットもあるのです。
不動産担保ローン利用の際は、メリットだけでなくデメリットも理解した上で、利用するようにしてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不動産担保ローンはメリット多数!3つのメリットを紹介します

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローンはメリット多数!3つのメリットを紹介します」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産を担保にして、融資を受けることができる不動産担保ローンには、たくさんのメリットがあります。
今回は、不動産担保ローンの、たくさんのメリットの中から、3つのメリットを、ご紹介したいと思います。

【メリット1:低金利で借りることができる】

まず、1つ目のメリットは、低金利でお金を借りることができる点です。
不動産担保ローンは、不動産を担保に入れるため、カードローンや、フリーローンなどの無担保ローンに比べて低金利で、融資を受けることができるのです。
万が一、返済できなくなった場合の貸し手のリスクが低いことが、不動産担保ローンが低金利で利用できる理由の1つです。
金利が低いということは、総返済額が少なく済むということですので、大きなメリットだと言えます。

【メリット2:借入限度額が大きい】

2つ目のメリットは、借入限度額が大きいということです。
カードローンやフリーローンなどの無担保ローンでは、借入限度額が低い傾向がありますが、不動産担保ローンの場合は、担保に入れる不動産の価値によっては、借入限度額が大きくなります。
状況によっては、億単位の融資を受けることも可能です。
ただし、借入限度額は、担保に入れる不動産の評価によっても異なります。

【メリット3:長期で借入することができる】

3つ目のメリットは、借入期間が長期で設定することができるという点です。
カードローンやフリーローンなどの無担保ローンは、長期で借入することが難しいため、短期間での返済が必要になります。
短期間で返済するとなると、毎月の返済額が大きくなるため、負担が多くなるのです。
しかし、不動産担保ローンの場合は、長期で借入することができるため、月の返済額を少なくすることができます。

今回のテーマは「不動産担保ローンはメリット多数!3つのメリットを紹介します」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンには、多くのメリットがあります。
不動産担保ローンを、ご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不動産担保ローンを利用する際に注意するべきポイントとは

editor_tam

不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローンを利用する際に注意するべきポイントとは」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

土地や建物、マンションなどの不動産を担保として、金融機関やローン会社等から、お金を借りる融資方法を「不動産担保ローン」と言います。
不動産担保ローンは、カードローンやフリーローンなどの無担保ローンに比べて、低金利で借入れ限度額が高いといったメリットがあります。
一方で、審査が必要なことや、万が一、返済できなくなった場合に不動産を失ってしまうというデメリットもあるのです。
そこで今回は、不動産担保ローンを利用する際に注意するべきポイントについて、ご紹介したいと思います。

【不動産担保ローンを利用する際に注意するべき3つのポイント】

不動産担保ローンを利用する場合には、様々な点に注意すべきですが、ここでは代表的な3つのポイントについて、ご紹介します。

■余裕をもって申し込みを行なう

不動産担保ローンは、担保となる不動産の価値を評価したり、申込者の信用情報などを調べたりするため、審査に時間がかかります。
申し込む金融機関や、ローン会社によっても期間はことなりますが、一般的には、ローンの申し込みから融資金の受け取りまでに、約1週間程度の期間が必要です。
場合によっては、それ以上に期間がかかることもあるため、余裕を持って申し込みを行なうようにしましょう。

■金利だけでローン会社を決めない

不動産担保ローンは、フリーローンに比べると低金利で、融資を受けることができますが、無金利ではありません。
ローンを利用する場合、できるだけ金利が低い方がいいと思う方が多いでしょう。
ただし、注意していただきたいのは、金利が低いということだけでローン会社を決めるのは危険だということです。
不動産担保ローンの場合、様々な手数料が必要になります。
金利が低くても、これらの手数料が高い場合、結果的に支払総額が高くなってしまうこともあるのです。
また、相場よりも明らかに金利が低い、ローン会社の場合、違法性がある可能性もありますので注意が必要です。

■計画性をもって返済期間の設定を

不動産担保ローンは、返済期間を長期に設定することができるというのも特徴の1つです。
返済期間を長く設定することで、月々の返済負担を軽くすることができます。
一方で、返済期間が長くなればなるほど、結果的に利息は増えますので、支払総額は多くなってしまうのです。
そのため、返済期間の設定は、きちんと計画性を持って設定することが大切です。

今回のテーマは「不動産担保ローンを利用する際に注意するべきポイントとは」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンは低金利で、借入限度額も多く、返済期間も長く設定できますが、一方で注意すべきポイントもあります。
不動産担保ローンの利用を検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

【ローン比較】不動産担保ローンとカードローンの違い

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「【ローン比較】不動産担保ローンとカードローンの違い」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

ローンには、様々な種類があります。
資金調達をする際は、それぞれのローンの違いを知っておくことで、自分に合ったローンを選ぶことができます。
そこで今回は、不動産担保ローンとカードローンの違いについて、ご紹介したいと思います。

【不動産担保ローンとは】

不動産担保ローンとは、自宅や土地などの不動産を担保として、お金を借りることができるローンのことです。
低金利で、借入限度額が高いこと、使用用途が自由であることなどが、不動産担保ローンの特徴です。
また、不動産担保ローンは、返済期間を長期間設定することもできます。
さらに、不動産担保ローンは、家族所有の不動産であっても、利用することが可能です。

【カードローンとは】

カードローンは、銀行や消費者金融などが提供している無担保ローンです。
ATMやインターネットで、簡単に借入することができます。
融資金の使用用途は、基本的に自由です。
カードローンの契約には年齢制限があり、20歳以上が対象となっています。
また、60代後半までを、契約できる上限としている会社がほとんどです。
カードローンは審査が早いことや、保証人が不要といったメリットがある一方で、金利が高いというデメリットもあります。

【不動産担保ローンとカードローンの違い】

不動産担保ローンとカードローンの主な違いは、下記のようなものです。

・審査にかかる時間(不動産担保ローンの方が長い)
・手数料の有無(不動産担保ローンは手数料が必要)
・金利(不動産担保ローンの方が低金利)
・融資限度額(不動産担保ローンの方が限度額が高い)
・返済期間(不動産担保ローンの方が長期に設定可能)

今回のテーマは「【ローン比較】不動産担保ローンとカードローンの違い」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンとカードローンには、様々な違いがあります。
それぞれに、メリットやデメリットがありますが、金利が低いというのは大きなメリットとなりますので、担保となる不動産がある場合は、不動産担保ローンの利用がオススメですよ。
ローンの利用をご検討中の方は、今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

【不動産担保ローン】よくある質問にお答えします!

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「【不動産担保ローン】よくある質問にお答えします!」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンの利用を検討中の方の中には、様々な疑問や不安をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、不動産担保ローンに関する、よくある質問にお答えしたいと思います。

【Q1.住宅ローン利用中でも不動産担保ローンを利用できる?】

まず1つ目は、住宅ローンを利用中のマイホームを、不動産担保ローンの担保に入れることができるのかという疑問についてです。
結論から述べると、状況によって異なるが、住宅ローン利用中でも不動産担保ローンを利用することができます。
住宅ローンは、第一抵当権となっていますので、不動産担保ローンを同じ不動産で利用する場合には、第二抵当権として担保設定する必要があります。
抵当権とは、万が一返済ができなくなった場合に、担保となっている不動産を売却して融資残高を回収できる権利のことです。
第一抵当権に設定されている金融機関やローン会社から優先的に、融資残高を回収できます。
そのため、ローン残高や、借入希望額によっても異なりますが、住宅ローン利用中だからといって必ずしも不動産担保ローンが利用できないということはありません。

【Q2.家族名義の不動産で不動産担保ローンを利用できる?】

2つ目は、親や兄弟、配偶者など、家族が所有している不動産を担保にすることはできるかということです。
こちらも結論から述べると、可能です。
ただし、金融機関によっても異なります。
特に審査が厳しい銀行などの場合は、本人名義の不動産でなければいけないことが多いようです。
また、家族名義の不動産でもOKの、ローン会社であっても、所有者本人の承諾を得ているということが条件になります。
そのため、所有者が病気などで、意思能力に問題がある場合には、利用できない可能性もありますので注意が必要です。

今回のテーマは「【不動産担保ローン】よくある質問にお答えします!」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンを利用するにあたって、様々な疑問や不安がある方も多いです。
不動産担保ローンについての疑問をお持ちの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【危険】こんな不動産担保ローン会社には要注意!

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「【危険】こんな不動産担保ローン会社には要注意!」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産を担保にして融資を受けることができる不動産担保ローンは、低金利で資金調達ができます。
そのため、担保となる不動産を所有している場合は、不動産担保ローンの利用がオススメです。
しかし、不動産担保ローンを提供している金融機関やローン会社はたくさんあります。
中には、危険なローン会社も存在しているのです。
そこで今回は、注意するべき不動産担保ローン会社について、ご紹介したいと思います。
不動産担保ローンの利用を検討中の方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

【危険な業者1.貸金業の登録をしていない業者】

まず、1つ目は、貸金業の登録をしていない業者です。
貸金業(ローン会社)を営む場合には、貸金業の登録が必要です。
貸金業の登録を行っている業者は、貸金業登録番号を所有しています。
また、金融庁のホームページから、登録貸金業者情報の検索も可能ですので、利用しようとしているローン会社が、きちんと貸金業の登録を行っている業者かどうか、確認することが大切です。
貸金業の登録をしていない業者は、違法業者となりますので、絶対に利用しないようにしましょう。

【危険な業者2.申込時に調査料を支払わなければいけない業者】

不動産担保ローンを申し込む際に、調査料を要求してくる業者にも注意が必要です。
実際には、審査には通さず、調査料だけを詐取するのです。
調査料は、基本的に必要な費用ですが、申込時に必要になるケースは少ないですので、先に調査料だけを現金で支払うように要求してくる業者には注意しましょう。

今回のテーマは「【危険】こんな不動産担保ローン会社には要注意!」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンは、金利が低いというメリットがあるため、資金調達の方法としてはオススメですが、中には悪質な業者も存在しているため、業者選びには注意が必要です。
貸金業の登録をしているか、申込時に調査料を要求してこないかはチェックしておくと安心ですよ。
不動産担保ローンの利用を、ご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不動産担保ローンは専門会社がオススメな理由

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローンは専門会社がオススメな理由」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンを利用する場合、大きく分けて「銀行の不動産担保ローン」と「ノンバンクの不動産担保ローン」から選ぶことができます。
どちらの不動産担保ローンを利用するかは、融資を受ける人の自由ですが、オススメは不動産担保ローンの専門会社です。
そこで今回は、不動産担保ローンを利用するなら専門会社がオススメな理由について、ご紹介したいと思います。

【理由1.専門性が高い】

まず、1つ目の理由として、不動産担保ローンの専門会社の場合は、専門性が高いことによるメリットがたくさんあります。
例えば、下記のようなメリットが挙げられます。
・対応力が高い
・審査のノウハウが高いため、審査に通りやすい
・低金利で融資を受けられる可能性が高い
・細かいニーズに対応してもらえる
・種類や商品が多い
・担当者の知識が多く、スキルがある

上記のようなメリットは、不動産担保ローンの専門会社ならではです。

【理由2.融資までのスピードが早い】

不動産担保ローンは専門会社がオススメな理由の2つ目は、融資までのスピードが早いということです。
一般的に、銀行の不動産担保ローンの場合は、申し込みから融資を受けるまでに、約1〜2週間の期間が必要です。
一方で、不動産担保ローン専門会社の場合は、融資までのスピードが早く、最短3営業日で融資を受けられます。
そのため、不動産を所有していて、すぐにまとまったお金が必要な方で、できるだけ低金利が良いという場合には、不動産担保ローン専門会社を利用するのがオススメです。
また、銀行の不動産担保ローンに比べ、不動産担保ローン専門会社の場合は、比較的審査に通りやすいという特徴もありますよ。

今回のテーマは「不動産担保ローンは専門会社がオススメな理由」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンローンは、銀行とノンバンクの2種類がありますが、オススメは、不動産担保ローンの専門会社です。
専門性の高さや、融資までのスピードが早いことが、理由として挙げられます。
不動産担保ローンの利用をご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不動産担保ローン利用の流れや資金調達までに必要な時間

editor_tam

不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローン利用の流れや資金調達までに必要な時間」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンは、所有する土地や建物などの「不動産」を担保にして資金の借入を行ないます。
フリーローンやカードローンのような無担保ローンに比べ、不動産担保ローンには下記のようなメリットがあります。

・高額な資金を借入できる
・金利が低い
・長期間の借入が可能

上記のようにメリットの多い、不動産担保ローンですが、有担保ローンですので、審査が必要です。
そのため、フリーローンやカードローンよりも利用に手間や時間がかかるのでは?と思っている人も多いでしょう。
そこで今回は、不動産担保ローンを利用する場合の、申し込みから融資金を受け取るまでの流れや、借入までにかかる時間について、ご紹介したいと思います。

【不動産担保ローン利用の流れ】

不動産担保ローン利用の細かい流れについては、申し込む金融機関やローン会社によっても異なります。
ここでは、一般的な不動産担保ローン利用の流れについて、ご紹介します。

1.申し込み
2.不動産調査
3.審査
4.契約
5.融資金の受け取り

基本的には上記のような流れで、不動産担保ローンを利用することができます。

【不動産担保ローンで資金調達までに必要な時間】

次に、不動産担保ローンの資金調達までに必要な時間について、ご紹介します。
融資受け取りまでに必要な期間についても、利用する金融機関やローン会社によって異なります。
一般的には、金融機関よりもローン会社の方が、融資までに必要な期間が短い傾向にあります。
不動産担保ローンでは、不動産調査や審査、契約など、融資金の受け取りまでに、様々な過程がありますので、融資までに約1〜2週間かかることが多いです。
しかし、ローン会社などによっては、スピード融資を行っているところもあります。
早ければ、3日以内に融資金を受け取ることができる会社もあるのです。
ただし、提出する書類などに不備があった場合などは、融資までの時間が長くなってしまうこともありますので、早く融資を受けたい場合は、注意が必要です。

今回のテーマは「不動産担保ローン利用の流れや資金調達までに必要な時間」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンは、不動産調査や審査が必要になるため、カードローンやフリーローンよりも融資までに時間がかかりますが、スピード融資を行っているローン会社もあります。
不動産担保ローンをご検討中の方は、今回の記事を、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【不動産担保ローン】担保にできない不動産とは

editor_tam

不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「【不動産担保ローン】担保にできない不動産とは」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンは、自宅や土地など、所有している不動産を担保に入れて融資を受けることができるローンのことです。
カードローンやフリーローンなどの無担保ローンに比べて「金利が低い」「融資可能額が大きい」「長期間借りられる」などの特徴があります。
さらに、融資額の使用用途に制限がないという特徴もあり、様々な用途で利用することができます。
不動産担保ローンを利用するには、担保に入れる不動産が必要になります。
本人名義でなく、家族名義の不動産であっても、不動産担保ローンは利用することが可能です。
ただし、不動産の種類や状態によっては、担保に入れることができないものもあります。
そこで今回は、不動産担保ローンで、担保にできない不動産について、ご紹介したいと思います。

【不動産評価額の低い物件】

まず1つ目は、不動産評価額の低い物件です。
不動産評価額の低い物件とは、換価性が低いということです。
例えば、築年数が古い建物や、再建築不可物件、過疎地にある物件などは、不動産評価額が低くなり、換価性が低いと言えます。
つまり、買い手が見つかりにくい物件なのです。
そのような不動産評価額の低い物件は、担保にできない可能性が高いです。

【利用上の制限がある物件】

不動産によっては、利用に制限がある物件もあります。
例えば「農地」や「保安林」なども、そういった、制限のある物件に含まれます。
利用に制限のある物件は、買い手がつきにくいため、不動産担保ローンで担保として利用することができない可能性が高いのです。

【権利関係に問題のある物件】

例えば「買戻特約」や「仮差押」などの登記がある物件や、提訴中の物件など、所有者が変更される可能性のある物件は、担保にできない可能性が高いです。
また、不動産担保ローンを利用する金融機関や、ローン会社によっては、住宅ローン利用中の物件は、不動産担保ローンの担保に利用することはできないという場合もあります。

今回のテーマは「【不動産担保ローン】担保にできない不動産とは」についてでした。
不動産担保ローンは、万が一、借主が返済できなくなった場合に、担保に入れた物件を売却して、融資金を回収します。
そのため、価値の低い物件や、利用制限のある物件、権利関係に問題がある物件については、担保にできない可能性が高いのです。
不動産担保ローンの利用をご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

不動産担保ローンの見直しを行なうメリット

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローンの見直しを行なうメリット」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

自宅など、所有している不動産を担保にして融資を受けることができるのが、不動産担保ローンです。
不動産担保ローンを初めて申し込む時は、色々と調べたという方でも、一度融資を受けてしまえば、その後は特に深く考えず、返済していく一方という方も多いでしょう。
しかし、実は不動産担保ローンは、融資を受けたあとも、途中で見直しが大切になってきます。
そこで今回は、不動産担保ローンの見直しを行なうメリットについて、ご紹介したいと思います。
現在、不動産担保ローンを借りているけど、長い間見直しをしていない(もしくは一度も見直したことがない)という方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

【不動産担保ローンを見直す2つのメリット】

ここでは、不動産担保ローンを見直すメリットを、2つご紹介していきます。

■金利を下げられる可能性がある

不動産担保ローンでは、金利によって、返済額が変わってきます。
とくに融資元金が大きければ、大きいほど、金利による返済額の差は大きくなります。
そのため、金利は少しでも低くしたいという方が多いはずです。
不動産担保ローンの見直しを行なうことで、現在の金利よりも低いものに変更することも可能です。
現在、利用している不動産担保ローンの金利が高いと感じている場合は、一度見直しを行なうことをオススメします。

■金利が上がるリスクを抑えることができる

現在、利用している不動産担保ローンが、変動金利型の場合は、今後、金利が上がっていく可能性があります。
不動産担保ローンの見直しを行い、固定金利型に変更することで、今後、金利があがる心配はありません。
ただし、変動金利型に比べて、固定金利型は、金利が高くなっている傾向がありますので、今後の景気なども視野に入れたうえで、しっかりと検討する必要があります。
見直しをすることで、それらの相談も行なうことができるので、オススメです。

今回のテーマは「不動産担保ローンの見直しを行なうメリット」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンの見直しを行なうことには、多くのメリットがあります。
特に、不動産担保ローンを利用している人にとって、金利は大きな問題だと思いますので、ぜひこの機会に不動産担保ローンの見直しを行ってみてはいかがでしょうか。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

リバースモーゲージを利用する場合のリスク

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「リバースモーゲージを利用する場合のリスク」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

老後の生活資金を確保するためのローンとして、近年、注目を集めている「リバースモーゲージ」ですが、リスクも存在します。
メリットばかりに目を向けて、安易にリバースモーゲージを利用してしまうと、後で後悔してしまう可能性もあるため注意が必要です。
そこで今回は、リバースモーゲージを利用する場合のリスクについて、ご紹介したいと思います。

【不動産の価値が下がるリスク】

まず1つ目のリスクとして、考えられるのが、不動産価値が下がることによって担保割れが発生するリスクです。
不動産価格というのは、流動的なものです。
そのため、万が一、担保に入れた自宅の価値が大幅に下がってしまった場合に、契約期間満了よりも前に、融資金の一括返済を求められる可能性もあります。
さらに、金利が上昇することで、不動産の評価額を返済総額が上回る可能性もあり、そうなった場合には、担保割れで返済をする必要が出てきます。
このように、価格が流動的な不動産を担保に入れるリバースモーゲージでは、不動産の価値が下がることで、担保割れがおこるリスクがあるのです。

【住む家を失うリスク】

次に、住む家を失うリスクも考えられます。
例えば、契約期間満了時期を過ぎても、まだ元気な場合、不動産を売却するか、一括で融資金を返済する必要があります。
本来、長生きは喜ばしいことですが、リバースモーゲージを利用している場合、リスクにもなるのです。
さらに、配偶者への引き継ぎができないリバースモーゲージを利用している場合も、契約者が亡くなったあと、自宅を売却するか融資金を一括で返済する必要がでてきます。
つまり、配偶者の住む家がなくなる可能性があるのです。
これらは、リバースモーゲージを利用する金融機関や、契約内容によっても異なりますので、事前にしっかりと確認しておくことが大切です。

今回のテーマは「リバースモーゲージを利用する場合のリスク」についてでした。
今回ご紹介したように、リバースモーゲージを利用する場合には、メリットだけでなく、リスクも存在します。
そのため、リバースモーゲージ利用の際には、きちんと契約内容を確認したうえで契約を行なうようにしましょう。

リバースモーゲージの融資受け取りと返済の方法

editor_tam

不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「リバースモーゲージの融資受け取りと返済の方法」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

リバースモーゲージは、高齢者対象の不動産担保ローンの一種です。
今回は、リバースモーゲージで、どのように融資金を受け取ったり、返済したりするのかについて、ご紹介したいと思います。
リバースモーゲージをご検討中の方や、老後の資金に不安を感じている方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

【リバースモーゲージの融資金受け取りの方法】

リバースモーゲージを利用する為には、所有している自宅(不動産)を担保に入れる必要があります。
そのためにも、まずば自宅の土地評価額や建物評価額などを出さなければいけません。
自宅の評価額が高ければ高い分、融資限度額は高くなります。
目安は、評価額の約50〜80%が、融資額の上限となるのです。
リバースモーゲージでは、融資額を一括で借りることもできますし、毎月・毎年など定期的に融資を受ける(融資限度額に達するまで)という方法もあります。
さらに、必要なときにだけ、必要な額(融資限度額以内で)を借りるという方法もあります。

【リバースモーゲージの返済方法】

リバースモーゲージの返済方法は、他のローンとは大きく異なります。
一般的なローンの場合、定期的な返済が必要になるのに対し、リバースモーゲージは定期的に返済する必要がありません。
リバースモーゲージが定期的に返済する必要がない理由は、債務者の死亡後、担保に入れていた自宅(不動産)を売却して返済することを前提としているからなのです。
他にも、相続を受ける人が、現金で返済するという方法もあります。
その場合は、自宅を売却する必要はありません。

今回のテーマは「リバースモーゲージの融資受け取りと返済の方法」についてでした。
今回ご紹介したように、リバースモーゲージは、一般的な不動産担保ローンとは少し内容が異なります。
しかし、年金生活では生活が苦しい方や、自宅を財産として残す相手がいないという方などにとっては魅力的なローンです。
老後の生活資金について、お考えの方は、今回の記事を参考に、ぜひリバースモーゲージを検討されてみてはいかがでしょうか。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

【不動産担保ローン】リバースモーゲージとは?

editor_tam

不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「【不動産担保ローン】リバースモーゲージとは?」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

老後の資金として2000万円の貯蓄が必要といった「老後2000万円問題」によって、自身の老後の生活資金に不安を抱えている方も多いでしょう。
もちろん、まとまった貯金があるという方は、安心だと思いますが、実際には2000万円もの貯金があるという方は少ないと思います。
このように、老後の生活資金について不安な場合は、リバースモーゲージを使って借りるという方法もあります。
そこで今回は、リバースモーゲージについて、ご紹介したいと思います。

【リバースモーゲージは不動産担保ローンの一種】

今回ご紹介する、リバースモーゲージは、所有している自宅を担保にして融資を受ける、不動産担保ローンの一種で、最近は様々な金融機関で取り扱っています。
リバースモーゲージは、高齢者を対象とした不動産担保ローンです。
一般的な不動産担保ローンの場合、所有している不動産を担保にお金を借り、万が一返済できない場合には担保に入れた不動産を売却して返済するといった仕組みです。
一方で、リバースモーゲージは、所有している家を担保にお金を借りて、借主が亡くなった後に、金融機関に自宅を売却するといった契約を結びます。
また、保証人がいなくても利用することができるという特徴もあります。

【リバースモーゲージが注目される理由】

リバースモーゲージは、現在日本で、老後の生活資金を捻出するため、注目されています。
なぜ、これほどリバースモーゲージが注目を集めているのでしょうか。

1つ目の理由には、少子化が進み、子どものいない世帯が増えたことで、不動産などの資産を残さない人が増えたことが挙げられます。
子どもがいる場合は、子どもにできるだけ資産を残してあげたいと思うのが親心ですが、少子化が進む日本では、資産を残さない(残す必要がない)という人が増えているのです。

2つ目の理由には、平均寿命が伸びたことで、老後の生活費が多く必要になってきたということが挙げられます。
昔に比べ、医療も発達し、長寿化が進んでいることから、平均寿命は大幅に伸びています。
その分、老後に必要な生活費も多くなっているのです。
老後の生活費が多く必要になることで、捻出に困る人も増え、結果的にリバースモーゲージといった新しい形の不動産担保ローンが注目を集めているのです。

今回のテーマは「【不動産担保ローン】リバースモーゲージとは?」についてでした。
今回ご紹介したように、現在日本では、不動産担保ローンの一種である、リバースモーゲージが注目を集めています。
自宅を所有しているが、老後の生活費に不安を抱えているという方は、ぜひ今回の記事を参考に、リバースモーゲージを検討されてみてはいかがでしょうか。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不動産担保ローンは、どのような場合に利用するの?

editor_tam

不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローンは、どのような場合に利用するの?」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産を担保に入れてお金を借りることができる「不動産担保ローン」ですが、どのような場合に利用することができるのでしょうか。
今回は、不動産担保ローンの利用に向いているケースについて、ご紹介したいと思います。

【不動産担保ローンは使途が自由】

基本的に、不動産担保ローンは使途が自由な場合が多いです。
つまり、不動産担保ローンを使って借りたお金は、自由に使うことができるということです。
そのため、様々なケースで資金が必要になった場合に、利用することができます。
カードローンやフリーローンなどの無担保ローンも、使途は自由であるケースが多いです。
ただし、カードローンやフリーローンなどの無担保ローンに比べ、不動産担保ローンは「金利が低い」「返済期間が長い」「融資限度額が高い」などのメリットがあります。
そのため、担保に入れられる不動産を所有している場合は、無担保ローンよりも不動産担保ローンの利用がオススメです。

【このような場合は不動産担保ローンの利用が向いている】

前述の通り、不動産担保ローンは、使途に制限が無いため、多くのケースで利用することができます。
ここでは、不動産担保ローンの活用ケースを3つ、ご紹介したいと思います。

■老後の生活資金

まず、1つ目は、老後の生活資金のために不動産担保ローンを利用するというケースです。
不動産担保ローンは、年金収入だけの方でも、資産となる不動産を持っていれば利用することができます。
最近は「リバースモーゲージ」という方法も選択することでき、老後の生活資金を調達するうえで、注目のローンとなっているのです。

■一時的に必要な資金

不動産売却時やリフォームなどの、一時的に必要な資金を調達するために、不動産担保ローンを利用するというケースもあります。
不動産担保ローンは金利が低くなりやすいといった特徴があるため、一時的な資金であれば、損失を少なく出来る可能性が高いのです。

■事業資金

事業資金調達のために、不動産担保ローンを利用するといったケースも多いです。
これから、事業を始めるというケースでも、条件によって不動産担保ローンを利用することができますよ。

今回のテーマは「不動産担保ローンは、どのような場合に利用するの?」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンは、基本的に使途の制限が無いため、様々なケースで利用することができます。
担保となる不動産を所有していて、まとまった資金が必要という場合には、不動産担保ローンを利用されてみてはいかがでしょうか。

不動産担保ローン審査の主なチェック項目とは

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローン審査の主なチェック項目とは」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産を担保に入れてお金を借りることができる不動産担保ローンを利用するには、審査が必要です。
申し込む金融機関やローン会社によって、細かい審査項目は異なりますが、必ず審査対象になる項目もあります。
そこで今回は、不動産担保ローン審査で基本となるチェック項目について、ご紹介したいと思います。

【チェックポイント1:担保に入れる不動産の価値】

まず、不動産担保ローンの審査で必ずチェックされる項目の1つに「担保に入れる不動産の価値」が挙げられます。
不動産担保ローンを利用する場合は、担保に入れる不動産が必要です。
これは、どのような不動産でも良いということではありません。
担保に入れる不動産にある程度の価値が無ければ、お金を借りることは難しいです。
貸主(金融機関やローン会社)は、借主が万が一、返済できなくなった場合、担保に入れている不動産を売却して、融資金を回収します。
その際、担保となる不動産に価値が無かったり、売れない不動産だったりすると、融資金を回収することができません。
そのため、価値の無い(低い)不動産では、不動産担保ローンが利用できないのです。
担保となる不動産に、どれぐらいの価値があるのかは、不動産担保ローン審査で、必ずチェックされる項目となります。

【チェックポイント2:他借入や滞納の有無】

不動産担保ローンの審査では、他に借入があるかどうか、ローンや税金の未納や滞納、返済遅延などの履歴があるかどうかもチェックポイントとなります。
もちろん、他の借入や滞納などが全く無いのが一番ですが、他に借入があったからと言って、不動産担保ローンが利用できないということではありません。
借入の状況によって、審査に通ることもありますし、通らない可能性もあります。
また、ローンや税金の未納や滞納なども、状況によっては、審査に通らない原因となりますので、注意が必要です。

【チェックポイント3:雇用形態や勤続年数】

借入を行なう人の、雇用形態や勤続年数なども審査の項目に含まれます。
ただし、正社員でなければ利用できないという訳ではありません。
安定した収入があると判断できれば、不動産担保ローンを利用できる可能性が高くなります。
そのため、定年退職して年金暮らしの場合でも利用できる不動産担保ローンもあるのです。
勤続年数は2年以上が目安ですが、これも絶対条件というわけではありませんので、まずは金融機関やローン会社に相談されることをオススメします。

今回のテーマは「不動産担保ローン審査の主なチェック項目とは」についてでした。
今回ご紹介した以外にも、返済負担率など、他のチェック項目もあります。
また、利用する金融機関やローン会社によっても、細かい審査項目は異なりますので、あくまでも参考と考えていただければと思います。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

不動産担保ローンを利用するなら知っておきたい【担保】と【抵当権】

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「不動産担保ローンを利用するなら知っておきたい【担保】と【抵当権】」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

不動産担保ローンを利用するのであれば、知っておきたい用語があります。
それは【担保】と【抵当権】です。
これらの言葉は、不動産担保ローンと大きく関係していますので、それぞれの意味について、知っておくといいでしょう。
そこで今回は、【担保】と【抵当権】について、ご紹介したいと思います。

【不動産担保ローンとは?住宅ローンとの違い】

不動産担保ローンは、その名の通り、不動産を担保にして借りることができるローンのことです。
住宅ローンも、不動産担保ローンの一種ですが、違いもあります。
大きな違いとしては、住宅ローンの使いみちは、マイホームの購入に限定されていますが、不動産担保ローンは基本的に使いみちに制限がありません。
そのため、不動産担保ローンで借りたお金は、事業資金や、教育費用など、様々な用途で使用することができるのです。
また、住宅ローンは、これから購入する家を担保に入れるのに対し、不動産担保ローンは、すでに所有している不動産を担保に入れるという違いもあります。

【担保とは?】

まずは「担保」について、ご紹介します。
担保とは、万が一借主が返済できなくなった際に、貸主が損害を補てんするための保証物のことです。
不動産担保ローンでは、不動産を担保として、お金を借ります。
つまり、借主が返済義務を怠った場合には、貸主(金融機関やローン会社)は担保に入れた不動産を売却して、融資額を回収するのです。
そのため、担保に入れる不動産の評価額に合わせて、融資可能額が決定します。

【抵当権とは?】

次に「抵当権」について、ご紹介します。
抵当権とは、万が一、借主が返済できなくなって、担保を売却することになった場合、優先的に代金を回収することができる権利のことです。
一つの不動産に対して、複数の抵当権が設定される場合もあります。
その場合、第一抵当権を設定している貸主が優先的に、融資額を回収することができます。
そのため、第一抵当権を設定することが条件の、金融機関もあるのです。
基本的に、住宅ローンは第一抵当権に設定されていますので、住宅ローンを組んでいる家を担保に、不動産担保ローンを新たに借りる場合には、第二抵当権となりますので、注意が必要です。

今回のテーマは「不動産担保ローンを利用するなら知っておきたい【担保】と【抵当権】」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンを利用するのであれば【担保】と【抵当権】という言葉については、知っておいた方がいいでしょう。
一度理解すれば、それほど難しいものではありませんので、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただきありがとうございました。

【資金調達にお悩みの方必見】不動産担保ローンについて詳しく解説します!

editor_tam
不動産担保ローン会社の口コミ比較おすすめランキングをお読みいただきありがとうございます。ブログ担当の河野です。
今回は「【資金調達にお悩みの方必見】不動産担保ローンについて詳しく解説します!」についてご紹介します。
最後までお読みいただければうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

事業資金や生活資金など、様々な場面でまとまったお金が必要になることがありますよね。
手持ちのお金では足りない時には、ローンを利用するという方法があります。
ローンと一言で言っても様々な種類があるのです。
今回は、ローンの中の1つ、不動産担保ローンについて、詳しく解説していきたいと思います。
資金調達でお悩みの方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

【不動産担保ローンとは?】

まず、初めに、不動産担保ローンとは、どういったものなのかについて、ご紹介します。
不動産担保ローンとは、所有している不動産を担保にして、お金を借りることです。
実は、住宅ローンも不動産担保ローンの一種なのです。
担保に入れる不動産は、個人が所有しているものでも、法人が所有しているものでも利用することができます。
さらに、あなたが不動産を所有していなくても配偶者や親などが不動産を所有している場合は、その不動産を担保に入れることもできるのです。
もちろん、所有者の許可は必要ですよ。

【不動産担保ローンの特徴】

不動産担保ローンの特徴には、下記のようなものが挙げられます。

・原則として、融資金の使いみちに制限がない(自由に使える)
・個人でも、法人でも利用することができる
・カードローンなどの無担保ローンに比べて、金利が低い
・担保に入れる不動産の価値によって借入可能額が決まる
・比較的、高額な借り入れができる
・長期の返済期間を設定できる

担保に入れる不動産の種類や、不動産担保ローンを申し込む金融機関やローン会社などによって、多少条件は異なりますが、一般的には、上記のような特徴があるのです。

今回のテーマは「【資金調達にお悩みの方必見】不動産担保ローンについて詳しく解説します!」についてでした。
今回ご紹介したように、不動産担保ローンは、不動産を所有していれば個人でも法人でも利用することができます。
さらに家族の所有している不動産を担保に入れることも可能ですし、金利が低いことや返済期間が長いことなどのメリットもあります。
不動産担保ローンをご検討中の方は、今回の記事を、是非参考にしてみてくださいね。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。